お知らせ・コラム

お知らせ・コラム一覧に戻る

M&Aコンサルタントの目 感動の調印式は、M&A成功へのスタートライン

2017/03/30

【調印式は結婚式】

日本M&Aセンターでは株式譲渡契約を締結する「調印式」を、極めて重要視しています。M&Aを人間の恋愛に例えるのであれば、調印式は結婚式と同じですから、当然ですね。
本日3/30は今年度最後の大安吉日、社内が非常におめでたい雰囲気に包まれています。

日本M&Aセンターは、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌に拠点がありますが、すべての拠点で調印式にふさわしい部屋をご用意しています。調印式の準備や当日の運営は、ホテルクラーク出身の専任担当者(社員)を中心にセレモニーのフルサポートを行います。

調印式サポートは専任者がいます

【調印式にはサプライズも】

調印式の流れです。具体的には、下記の通りです。

  • 株式譲渡契約書の最終確認と捺印
  • 譲渡企業のご挨拶
  • 譲受け企業のご挨拶
  • シャンパンによる乾杯
  • 写真撮影

場合によってはサプライズを用意します。奥様からの手紙や、お子様からの手紙には社長様がこれまでで一番感動していただきました。創業から一緒に苦楽を共にしてきた奥様の言葉は、実に深く、温かみがあり、社長によっては涙を流したり、涙を流すまいとずっと右上を見てこらえていたりと、一緒にいる我々も、涙なくしてはその場にいられない状況がよくあります。またこのほか、社長が創業されてから今日に至るまでのムービーを制作し、放映することもあります。

【人を動かす、調印式ムービー】

当社では、当事者様のご希望により調印式の様子を撮影し10分位の映像にまとめてプレゼントしています。人の結婚式では、必ずムービーや写真などを記念に撮りますが、それと同じです。しかしM&Aの世界では、このムービーは後で懐かしむためだけに撮影している訳ではありません。これは後のディスクロージャーの時にも活用してもらっています。特に譲受け企業の社員に見てもらい、今回のM&Aについて、理解し、少しでも早くシナジーが創出できるようにという目的です。

なぜなら、M&Aは極めて限られた関係者で進めることが通常です。買い手も、社長と意思決定にかかわる取締役のみしか知りませんので、買い手の一般社員からすれば、M&Aは知らない間に会社が意思決定したことと、どこか他人事に映るでしょう。そういう社員が、このムービーを見たらどうでしょうか?

  • 売り手社長がどのような想いでその会社を創業し、育て、譲る決断をしたのか?
  • 買い手社長がどのような戦略、シナジーを想定して、その会社を譲り受ける決断をしたのか?

これらのことが、映像なので直接、見ている人の感情に訴えかけます。セレモニーの厳かな雰囲気と、人生で大きな決断をした経営者たちの涙は、人の心を動かします。これが「調印式ムービー」の威力です。これを見ることで、買い手社員の当該M&Aに対する理解が一気に深まり、その後の「PMI」へとつながっていくのです。

よい調印式はよいPMIへとつながる

【最後に】

当然ですが、中小企業のM&Aは成約することがゴールではありません。成約し、その後シナジーが創出され、Win-Winの関係が作られ、「成功する」ことがゴールです。その成功が一日でも早く訪れるようなM&Aにするため、このような門出を祝うサービスにも注力しています。

プロフィール

日本M&Aセンター ダイレクトマーケティング部
部長 森山 隆一(もりやま・りゅういち)

採用サイト 社員インタビュー M&Aコンサルタント 森山 隆一