M&Aニュース

バイオ・医薬品製造業界のM&Aニュース一覧

島津製作所、日水製薬の株式を公開買付けにより取得へ

株式会社島津製作所(7701)は、日水製薬株式会社(4550)の普通株式を、公開買付け(TOB)により取得することを決定した。買付代金は17,633,724,556円(買付予定数10,288,054株に公開買付価格1,714円を乗じた金額)。買付け等後における株券等所有割合は45.94%となる。残りの54.06%については、日水製薬が親会社である日本水産より自社株公開買付けを行う予定。島津製作所は

エーザイ、連結子会社のサンプラネットを株式交換により完全子会社化へ

エーザイ株式会社(4523)は、連結子会社である株式会社サンプラネット(東京都文京区)を、簡易株式交換により完全子会社化することを決定した。エーザイを株式交換完全親会社とし、サンプラネットを株式交換完全子会社とする株式交換。サンプラネットの普通株式1株に対して、エーザイの普通株式52株を割当交付する。エーザイは、医薬品の研究開発・製造・販売および輸出入を行っている。サンプラネットは、エーザイに対す

ファーマフーズ、音響機器のオンキヨーを持分法適用関連会社化へ

株式会社ファーマフーズ(2929)は、オンキヨー株式会社(大阪府東大阪市)が実施する第三者割当増資を引受け、持分法適用関連会社化することを決定した。出資比率は、36.3%となる。ファーマフーズは、機能性食品素材の開発・販売、通信販売事業、バイオメディカル事業を行っている。オンキヨーは、音響機器のインターネット販売、電子機器・ソフトウェア等の研究、開発設計を行っている。本件により、ファーマフーズは、

エーザイ、ソフトウェア企画・開発会社Arteryexの株式取得、子会社化

エーザイ株式会社(4523)は、ソフトウェア企画・開発会社であるArteryex株式会社(東京都千代田区)について、株式買取ならびに第三者割当増資の引受けによって過半数の株式を取得し、子会社化した。エーザイは、医薬品の研究開発、製造、販売および輸出入を行っている。Arteryexは、医療、ヘルスケア領域におけるシステム・アプリケーションソフトウェアの企画・開発を行っている。エーザイは、Artery

武田薬品工業、英国Adaptate Biotherapeuticsを買収

武田薬品工業株式会社(4502、武田薬品)は、AdaptateBiotherapeutics(イギリス、Adaptate社)を買収するオプション権を行使した。本件に伴い、Adaptate社の新規の抗体ベースのガンマデルタ(γδ)T細胞エンゲージャープラットフォームが武田薬品の自然免疫に着目したがん免疫治療のポートフォリオに加わる。武田薬品は、グローバルな研究開発型のバイオ医薬品事業を展開している。

東和薬品、三生医薬の全株式取得、完全子会社化へ

東和薬品株式会社(4553)は、三生医薬株式会社(静岡県富士市)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。取得価額は、47,694百万円。東和薬品は、医療用医薬品の製造・販売事業を展開している。三生医薬は、健康食品・医薬品等の企画・開発・受託製造業を行っている。本件M&Aにより、東和薬品は、三生医薬が培ってきた高い技術力や広範な顧客基盤、健康食品関連のノウハウを活用できることから、健康関連

科研製薬、国内バイオベンチャー企業ARTham Therapeuticsを買収、連結子会社化

科研製薬株式会社(4521)は、国内バイオベンチャー企業ARThamTherapeutics株式会社(神奈川県横浜市、ARTham社)の買収が完了した。ARTham社は連結子会社となる。科研製薬は、総額5,500百万円の現金を対価としてARTham社の普通株式、A種種類株式若しくはB種種類株式またはARTham社の新株予約権の各53.3%(完全希薄化ベース)を取得。科研製薬は、医薬品、医療機器、農

サワイグループHD、オリックス及び小林化工と譲渡契約締結

サワイグループホールディングス株式会社(4887)は、オリックス株式会社(東京都港区)の子会社である小林化工株式会社(福井県あわら市)から、生産活動に係る資産および関連部門人員を譲り受けることで合意し、譲渡契約を締結した。サワイグループHDは、グループの経営管理および関連する業務を担う持株会社。オリックスは、多角的金融サービス業を行っている。小林化工は、医療用医薬品メーカー。本件により、サワイグル

ロート製薬、三洋化成工業とスキンケア・医療分野の事業拡大を目指し資本業務提携

ロート製薬株式会社(4527)は、三洋化成工業株式会社(4471)との間で資本業務提携を行うことについて合意した。ロート製薬は、医薬品・化粧品・機能性食品などの製造販売事業を展開している。三洋化成工業は、界面活性制御技術をコア技術とし、約3,000種類に及ぶ高機能なパフォーマンスケミカル製品を通じて、多様な分野の顧客の課題に応えるソリューションビジネスを展開している。本提携により、ロート製薬は、三

科研製薬、国内バイオベンチャー企業ARTham Therapeuticsを買収

科研製薬株式会社(4521)は、国内バイオベンチャー企業ARThamTherapeutics株式会社(神奈川県横浜市、ARTham社)のすべての株主および新株予約権者合計18名からARTham社の株式および新株予約権を取得することにより、ARThamを買収することを決定し、本売主およびARTham社との間で株式譲渡契約書等を締結した。クロージング日における取得価額は、現金5,500百万円。またアー

帝人グループ、大塚グループ子会社KiSCOを買収及び吸収分割により事業承継へ

帝人(3401)グループで人工関節などの埋め込み型医療機器事業を展開している帝人ナカシマメディカル株式会社(岡山県岡山市)は、大塚(4578)グループの大塚メディカルデバイス株式会社より、子会社であるKiSCO株式会社(兵庫県神戸市)の脊椎および外傷(骨折)事業を買収し、吸収分割により同事業を承継する契約を締結した。帝人ナカシマメディカルは、人工関節、骨接合材料、脊椎等の医療機器の開発、製造、販売

大日本住友製薬の米国連結子会社、100%子会社 SPE社の全株式をInflexion社に譲渡

大日本住友製薬株式会社(4506)の米国連結子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・インク(アメリカ、サノビオン社)は、サノビオン社の100%子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ・リミテッド(イギリス、SPE社)の全株式をInflexionPrivateEquityPartnersLLP(イギリス、Inflexion社)の特別買収目的会社に譲渡する契約を締結し、株

ロート製薬、カフェ・カンパニーと資本業務提携

ロート製薬株式会社(4527)とカフェ・カンパニー株式会社(東京都渋谷区)は、資本業務提携を行った。ロート製薬は、カフェ・カンパニー社の株式を取得し、主要な株主になり持分法適用会社となる。ロート製薬は、医薬品・化粧品・機能性食品などの製造販売を展開している。カフェ・カンパニーは、飲食店舗の企画運営事業、地域コミュニティ事業、海外店舗企画運営事業を行っている。本提携により、ロート製薬とカフェ・カンパ

ファーマフーズ、医薬品・医薬部外品の製造及び販売事業を行う明治薬品の株式取得、子会社化へ

株式会社ファーマフーズ(2929)は、明治薬品株式会社(東京都千代田区)の株式を取得し子会社化することを決定した。取得価額は、約2,300百万円。ファーマフーズは、機能性食品素材の開発・販売、通信販売事業、バイオメディカル事業を展開している。明治薬品は、医薬品、医薬部外品、健康食品などの製造及び販売を行っている。本件M&Aにより、ファーマフーズは、ファーマフーズの有する研究開発力、商品開発力、通信

ロート製薬、機能性食品素材の開発・販売等を行うファーマフーズと資本業務提携へ

ロート製薬株式会社(4527)は、株式会社ファーマフーズ(2929)との間で資本業務提携を行うことを決定した。ロート製薬は、ファーマフーズの普通株式200,000株を上限に市場買付の方法により取得する予定。なお、ロート製薬は2021年3月末現在、ファーマフーズの株式400,000株を保有している。また、ファーマフーズは、ロート製薬の普通株式200,000株を上限に市場買付の方法により取得する予定。

デンタス、オーラルケア製品の製造・販売を行うアイオニックの全株式取得、子会社化へ

株式会社デンタス(6174)は、株式会社シケン(徳島県小松島市)との共同出資による株式会社DSソリューション(東京都品川区)を通じて、アイオニック株式会社(千葉県流山市)の全株式を取得し子会社化することついて決定し、株式譲渡契約を締結した。デンタスは、歯科医療材料の研究開発・輸出入事業、歯科技工補修物材料の研究開発事業などを展開している。シケンは、技工物の製造・販売、歯科材料の販売、咀嚼機能材料の

ロート製薬、『ボラギノール®︎』等を創製発売する天藤製薬の株式譲渡契約締結へ

ロート製薬株式会社(4527)は、OTC領域(一般用医薬品)における事業拡大を目的として、天藤製薬株式会社(大阪府豊中市)の持分を取得することを決定し、株式譲渡契約を締結した。議決権所有割合は、67.19%となる。ロート製薬は、医薬品・化粧品・機能性食品等の製造販売事業等を展開している。天藤製薬は、医薬品の製造販売を行っている。『ボラギノール®︎』を創製発売している。本件M&Aにより、ロート製薬は

大日本住友製薬及び中国子会社 住友制葯(蘇州)、中国等においてSinovant が有する開発化合物の権利譲受け

大日本住友製薬株式会社(4506)および中国子会社である住友制葯(蘇州)有限公司(中国蘇州市、住友制葯(蘇州))は、RoivantSciencesLtd.(イギリス・ロンドン、Roivant)、その子会社であるRoivantChinaHoldingsLtd.(バミューダ)およびその子会社であるSinovantSciencesHKLimited(香港、SinovantHK)との間で、Sinovant

ジェネリックの東和薬品、ProtoKey®検査キットシリーズ開発のプロトセラの株式取得、子会社化へ

東和薬品株式会社(4553)は、株式会社プロトセラ(大阪府大阪市)の第三者割当増資引受により株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は、77.1%。東和薬品は、医療用医薬品の製造・販売を行っており、またジェネリック医薬品の専業メーカーである。プロトセラは、独自の創薬基盤技術であるBLOTCHIP®-MS法とMPL法による、診断用および治療用医薬品の研究開発・販売事業を展開。Prot

三洋化成工業、健康維持の総合サポートを行うファーマフーズと資本業務提携

三洋化成工業株式会社(4471)は、株式会社ファーマフーズ(2929)との間で資本業務提携を行うことを決定した。三洋化成工業は、自動車事業、住宅事業、化粧品・パーソナルケア事業、電気電子・半導体・工学部材事業、医療事業、生活事業の分野で事業を展開している。ファーマフーズは、機能性食品素材の開発・販売、通信販売事業、バイオメディカル事業を展開している。本提携により、三洋化成工業は、今般、両社が注力分

ジーエヌアイグループ、医療機器サプライヤーである米国BAB社の株式取得、完全子会社

株式会社ジーエヌアイグループ(2160、GNI)はBerkeleyAdvancedBiomaterialsLLC(アメリカ・カリフォルニア州、BAB)の株式を取得することを決定した。取得割合は、70%。また逆三角合併によりGNIの株式とBAB創設者が保有する残30%の株式を交換する事(株式交換)で、同社を完全子会社化とする。GNIは、およびグループは、アジアに患者の多い疾患を適応症とした複数の創薬

武田薬品工業、中国で販売しているノン・コアの医療用医薬品ポートフォリオを中国企業に譲渡へ

武田薬品工業株式会社(4502)は、中国で販売しているノン・コアの医療用医薬品ポートフォリオを、中国合肥市肥東県が出資し、RayCapitalManagementLimited1(RayCapital)が設立したHastenBiopharmaceuticCo.,Ltd.(中国、Hasten社)に譲渡する契約を締結した。譲渡価額は、3億2,200万米ドル。武田薬品工業は、医薬品等の研究開発・製造・販

サンバイオ、医薬営業支援サービスを展開するケアネットの株式を一部譲渡

サンバイオ株式会社(4592)は、保有する株式会社ケアネット(2150)の普通株式を、東京海上ホールディングス株式会社(8766、東京都千代田区)とケアネット両社間の資本業務提携に伴い、東京海上グループの東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)に、その全部又は一部を譲渡することを決定した。サンバイオは、再生細胞医薬品の開発・製造・販売を行っている。ケアネットは、製薬企業向けの医薬営業支援サー

アステラス製薬、アメリカの超小型医療機器「neural dust」を開発するスタートアップ企業を買収

アステラス製薬株式会社(4503)は、iotaBiosciences,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、iota社)との間で、アステラス製薬が米国子会社を通じてiota社を買収することに合意し、契約を締結した。取得価額は、約1億2,750万米ドル。アステラス製薬株式会社は、医薬品の製造・販売および輸出入を行っている。iota社は、バイオエレクトロニクス分野の未来を切り開く基盤の構築にフォーカス

小林製薬、アメリカで医薬品の製造及び販売を行うAlva社の全株式取得、子会社化へ

小林製薬株式会社(4967)は、Alva-AmcoPharmacalCompanies,Inc.(アメリカ・イリノイ州、Alva社)を、子会社化することについて合意し、契約を締結した。本件は、全株式取得によるものとし、取得価額は108百万米ドルとする。小林製薬は、医薬品、医薬部外品、芳香剤、衛生材料などの製造販売を行う製造販売事業を行っている。Alva社は、一般用医薬品の製造・販売を行っている。本

沢井製薬、医療機器製造業を展開するサスメドと資本業務提携

沢井製薬株式会社(4555)は、サスメド株式会社(東京都中央区)との資本業務提携に合意した。沢井製薬は、医薬品の製造販売および輸出入を行っている。サスメドは、医療機器製造業、医療関連事業における開発およびその協力、医療情報のサーチ・提供を行っている。本提携により、沢井製薬は、より多面的に人々の健康に寄与していくことから、さらにIT技術を活用したソリューションを提供していくことを目指す。

Takeda、欧州及びカナダで販売するノン・コア資産である一部の医療用医薬品をCheplapharm社に譲渡へ

武田薬品工業株式会社(4502、Takeda)は、主に欧州およびカナダにおいて販売するTakedaのノン・コア資産である一部の医療用医薬品について、Cheplapharm社(ドイツ)に譲渡する契約を締結した。Takedaは、医薬品等の研究開発・製造・販売・輸出入事業を展開している。Cheplapharm社は、ドイツに本社を置く医薬品企業、25年にわたり医療用医薬品を他社から導入し、自社の製品として

テラ、COVID-19治療用幹細胞製剤の製造販売業を行うメキシコ企業の株式取得、子会社化へ

テラ株式会社(2191)は、プロメテウス・バイオテック株式会社(メキシコ、プロメテウス社)の発行済株式を取得し、子会社化するための株式譲渡契約書を締結することを決定した。取得割合は、51%となる。テラは、医療機関に対する樹状細胞ワクチン療法等、細胞医療に関する技術・運用ノウハウの提供、樹状細胞ワクチン療法等、再生・細胞医療に関する研究開発を行っている。プロメテウス社は、COVID-19治療用幹細胞

武田薬品工業、「アリナミン」開発の連結子会社を米国投資会社ブラックストーングループへ株式譲渡

武田薬品工業(4502)の連結子会社である武田コンシューマーヘルスケア株式会社(東京都千代田区、TCHC社)の全株式を、TheBlackstoneGroupInc.とその関係会社(アメリカ、Blackstone)が運用するプライベート・エクイティ・ファンドが管理する買収目的会社OscarA-Co株式会社(東京都千代田区)に譲渡することを決定し、譲受会社との間で株式譲渡契約を締結した。本件に伴い、T

あすか製薬、ベトナム製薬企業の株式取得、持分法適用関連会社化

あすか製薬株式会社(4514)は、ベトナム製薬企業であるHaTayPharmaceuticalJointStockCompany(ベトナム国ハノイ市、Hataphar社)の株式取得交渉をし、株式譲渡契約を締結した。なお、本株式の取得後にHataphar社は、あすか製薬の持分法適用関連会社となる。取得割合は、24.9%。あすか製薬は、医薬品、動物用医薬品、医薬部外品、食品および医療機器等の製造・販売

バイオ・医薬品製造業界を含む医薬品・医療機器業界のM&A売却・事業承継案件一覧

バイオ・医薬品製造業界M&A動向

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード