M&Aニュース

九電グループ、DBJなどと共同で英国の大手廃棄物処理・発電事業会社Viridor Energyの一部持分を取得

更新日:

九電グループである株式会社キューデン・インターナショナル(福岡県福岡市、以下「KIC」)及び株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区、以下「DBJ」)は、英国のインフラファンドであるEquitixと共同で、KIC, DBJおよびEquitixとの共同持株会社を通じ、英国の大手廃棄物処理・発電事業会社であるViridor Energyの一部持分を取得した。

九電グループは、2005年から福岡市と共同で株式会社福岡クリーンエナジーを運営しており、廃棄物処理・発電事業の知見・経験を有する。これまで培った技術力や豊富な経験を活用し、海外における廃棄物処理・発電事業にも取り組み、「九電グループ カーボンニュートラルビジョン2050」に掲げる低炭素で持続可能な社会の実現に引き続き挑戦していく。

DBJは、第5次中期経営計画において、2050年の持続可能な社会の実現に貢献すべく「GRIT戦略1」を定めており、本件は同戦略に繋がるもの。GRIT戦略に資する投資を通じて、脱炭素社会の実現への貢献を果たす。

Viridor Energy が取り組む廃棄物処理・発電事業は、今後ますます増大する世界の廃棄物問題の解決に不可欠な社会インフラと位置づけられており、一般的に環境負荷の高い埋立処分に比べて温室効果ガスの排出を削減し、効率的なエネルギー回収が可能となることから、カーボンニュートラル・循環型社会の実現に資する事業である。

両社は、今回の持分取得により、海外の廃棄物処理・発電事業に参画し、地球環境への負荷軽減や持続可能な社会の実現に貢献していく。

電気・ガス・水道業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電気・ガス・水道業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電気・ガス・水道業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

九州電力に関連するM&Aニュース

九州電力、新たなグループ体制の検討を開始へ

九州電力株式会社(9508)は、九電グループが国内電気事業の更なる成長を追求しながら、成長事業のより一層の発展を促し、経営ビジョンの達成につなげていくため、成長事業の分社や単独株式移転による持株会社の設置なども選択肢の一つとして、新たなグループ体制について検討を開始することを発表した。九電グループは、国内電気事業、海外事業・その他エネルギーサービス事業、ICTサービス事業都市開発・まちづくり、イン

九電グループのキューデン・インターナショナル、米国の再生可能エネルギー事業へ出資

九州電力株式会社(9508)グループ(以下、九電グループ)である株式会社キューデン・インターナショナル(福岡県福岡市)は、エンフィニティ・グローバル社(米国、以下エンフィニティ社)との間で、同社がカリフォルニア州、アイダホ州、ノースカロライナ州にて運営する太陽光発電事業(28か所、合計40万kW)の40%(持分出力16万kW)の購入契約を締結した。購入契約は、今後米国内の所定の手続き(米国連邦エネ

九州電力、再生可能エネルギー発電事業を九電みらいエナジーに承継へ

九州電力株式会社(9508)は、再生可能エネルギー発電事業を、完全子会社である九電みらいエナジー株式会社(福岡県幅岡市)に承継する。九州電力を分割会社とし、九電みらいエナジーを承継会社とする吸収分割方式にて行われる予定。【分割する事業内容】・再生可能エネルギー発電事業(地熱発電事業、水力発電事業)九州電力は、発電、小売事業(電気・ガス販売)などを行っている。九電みらいエナジーは、再生可能エネルギー

九州電力のグループ会社キューデン・インターナショナル、PetroGreen Energy Corporationへ出資

九州電力株式会社(9508)のグループ会社である株式会社キューデン・インターナショナル(福岡県福岡市)は、PetroGreenEnergyCorporation(フィリピン、以下ペトログリーン社)へ出資した。キューデン・インターナショナルは、市場の成長性が高いアジアを中心に、IPP(独立系発電事業者)を軸とした海外エネルギー事業を展開している。ほかにも、九州電力から承継した海外コンサルティング事業

九州電力(9508)グループのキューデン・インターナショナルと西日本技術開発、地熱技術サービスを提供する米サーモケム社を買収

九州電力株式会社(9508)のグループ会社である株式会社キューデン・インターナショナルと西日本技術開発株式会社は、地熱技術サービスを提供するThermocem,Inc.(米国カリフォルニア、サーモケム社)の買収に係る株式購入契約を締結した。九電電力およびグループは、水力・火力・地熱・原子力発電のエネルギーサービス事業、持続可能なコミュニティの共創、経営基盤の強化に取り組んでいる。キューデン・インタ

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A」に関連するコラム

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

海外M&A
2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の杉木です。東南アジアを中心としたクロスボーダーM&Aをお手伝いさせていただいています。本コラムでは、物流・運送業界におけるクロスボーダーM&Aの2024年の展望について、ご紹介していきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支

シンガポール投資における2024年のキーワード

海外M&A
シンガポール投資における2024年のキーワード

日本M&Aセンター海外事業部にて東南アジアを中心に、クロスボーダー案件を担当している長谷川です。今年、20年ぶりの首相交代を控えるシンガポール。本コラムでは、2024年のシンガポール投資を考えるうえで注目したいキーワードについてお話ししていきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボー

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード