M&Aニュース

事業承継セミナー

ナック、子会社のアップセールに酒類の通信販売事業を承継へ

更新日:

株式会社ナック(9788)は、会社分割により事業の一部を連結子会社である株式会社アップセール(東京都新宿区)に継承させることを決定した。

ナックを分割会社とし、アップセールを承継会社とする吸収分割方式。分割する事業は、酒類の通信販売。

ナックは、ダスキン事業を中核とするレンタル事業に加え、宅配水事業を展開するクリクラ事業や、建築コンサルティング、住宅、美容・健康事業など幅広く展開している。2016年4月より酒類の通信販売事業を行っており、2021年9月1日に通信販売事業を主業とするアップセールを設立した。

アップセールは、通信販売業、ECモールを中心に化粧品・健康食品の販売を行っている。

本会社分割によりナックは、アップセールにて自社ECサイトの構築を行うにあたり、酒類通信販売事業をアップセールに継承し、オペレーションの効率化を図るとともに、グループ全体の通信販売事業、特にEC事業の成長を図る。

・今後の予定
効力発生日 2023年11月1日

ナックに関連するM&Aニュース

ナック、注文住宅建築の秀和住研を子会社化

株式会社ナック(9788)は、2024年5月24日、株式会社秀和住研(青森県八戸市)の全株式を取得し、子会社化した。なお、本件株式取得に際し、秀和住研の完全子会社である株式会社秀和(青森県八戸市)はナックの孫会社となる。ナックは、クリクラ事業(宅配水「クリクラ」、浄水型ウォーターサーバー「feelfree(フィールフリー)」、次亜塩素酸水溶液「ZiACO(ジアコ)」の製造・販売)、レンタル事業(ダ

ナック、Secualと資本提携を実施

株式会社ナック(9788)は、株式会社Secual(東京都渋谷区)と10月30日に資本提携を実施した。ナックは、ダスキン事業を中核とするレンタル事業に加え、宅配水事業を展開するクリクラ事業や、建築コンサルティング、住宅、美容・健康事業など幅広く展開している。Secualは、個人向けの簡易型ホームセキュリティサービス「SecualHome」や、タウンセキュリティを目的に防犯・防災・見守り機能を搭載し

ナック、キャンズを子会社化

株式会社ナック(9788)は、株式会社キャンズ(神奈川県横浜市)の全株式を取得し、子会社化した。ナックは、ダスキン事業を中核とするレンタル事業に加え、宅配水事業を展開するクリクラ事業や、建築コンサルティング、住宅、美容・健康事業など幅広く展開している。キャンズは、神奈川県内にて不動産会社・不動産管理会社と提携し、賃貸物件等の原状回復工事・空室清掃等を行っている。本件M&Aによりナックは、ハウスクリ

ナック、連結子会社間で吸収合併へ

株式会社ナック(9788)は、連結子会社であるエースホーム株式会社(東京都新宿区)と、同じく連結子会社であるナックスマートエネルギー株式会社(東京都新宿区)の間で吸収合併を行うことを決定した。エースホームを存続会社、ナックスマートエネルギーを消滅会社とする吸収合併方式。吸収合併の効力発生日と同日付で、存続会社であるエースホームを、ナックハウスパートナー株式会社に社名変更する。ナックは、ダスキン事業

ナック(9788)、ヤマダホームズより建設工事事業を展開するエースホームの株式取得、子会社化

株式会社ナック(9788)は、株式会社ヤマダホームズ(群馬県高崎市)よりエースホーム株式会社(東京都新宿区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。所有割合は、86%となる。ナックは、工務店が担う地域経済への役割に着目して建築コンサルティング事業を展開し、コスト削減や受注促進をはじめとする経営支援を行っている。現在では、中小建設業・工務店向けに優良住宅の建築ノウハウ、経営コンサルティングなどの

この記事に関連するタグ

「会社分割・吸収分割・事業承継・子会社・連結」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

会社相続のポイントとは?相続の流れ、注意点をわかりやすく解説

事業承継
会社相続のポイントとは?相続の流れ、注意点をわかりやすく解説

既存の会社を後継者が継ぐ方法として事業承継、相続が挙げられます。いずれも「会社を継ぐ」という点では同じですが、その手続きやメリット・デメリットなどが異なります。本記事では、会社の相続に焦点を当て、事業承継で会社を継ぐ場合とはどのような点で違うのかを整理したうえで、相続する際の流れや注意すべき点などについて解説します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援していま

会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却で知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

「しずおか経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第四弾

事業承継
「しずおか経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第四弾

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援してまいりました。国内7ヶ所(東京・大阪・名古屋・福岡・広島・北海道・沖縄)に営業拠点を構えるほか、2023年から「地方創生プロジェクト」として新潟、宮城、茨城において、より多くの経営者様の課題解決に向けご支援を行っています。地方創生プロジェクトの第四弾となる「しずおか経営相談窓口」について、担当コンサルタントに話を聞きまし

従業員の高齢化はどんなリスクがある?対策を解説

事業承継
従業員の高齢化はどんなリスクがある?対策を解説

少子高齢化は市場経済だけでなく、企業に勤務する従業員にも大きな影響を与えています。若年層の人材の確保が進まず、すでに建築業などでは従業員の高齢化が急速に進んでいます。少子化社会は今後も長期にわたり続くことが見込まれていることから、さらに多くの業界に同様の現象が波及していくことが予想されます。本記事では、従業員の高齢化が進んだ場合、企業にどのような影響が生じるのか、対策や解決策としてのM&Aについて

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、外部への承継があります。それぞれの事業承継のポイントについて

「会社分割・吸収分割・事業承継・子会社・連結」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年7月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード