M&Aニュース

フィードフォースグループ、連結子会社間にて会社分割

フィードフォースグループ株式会社(7068)は、会社分割(吸収分割)により連結子会社である株式会社フィードフォース(東京都文京区)のFeedmatic(フィードマティック)事業およびFeedmatic事業に関連するデータフィード事業を、連結子会社であるアナグラム株式会社(東京都渋谷区)へ承継させることを決定した。
フィードフォースを分割会社、アナグラムを承継会社とする吸収分割。

フィードフォースグループは、事業子会社の経営管理、それに付随する助言・指導・業務を行っている。

フィードフォースは、データフィード関連事業、デジタル広告関連事業、ソーシャルメディアマーケティング関連事業を行っている。

アナグラムは、コンサルティング事業、広告運用代理事業、マーケティング支援事業を行っている。

Feedmaticは、データフィード領域において豊富な実績と専門知識をもつフィードフォースが提供する広告代理事業。

本件により、フィードフォースグループは、相互のノウハウを共有し、プロフェッショナルサービス事業のさらなる事業力の強化およびグループの業容拡大を図る。

・今後のスケジュール
本吸収分割効力発生日 2022年6月1日

フィードフォースグループに関連するM&Aニュース

フィードフォースグループ、フラクタの株式取得、連結子会社化へ

フィードフォースグループ株式会社(7068)は、株式会社フラクタ(東京都渋谷区)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。取得価額は、約619百万円。議決権所有割合は、51.25%となる。フィードフォースグループは、データフィード関連事業、デジタル広告関連事業、ソーシャルメディアマーケティング関連事業を展開している。SaaS事業に加え、EC事業者を対象としてShopifyの活用を中心とした企

フィードフォース、Shopifyアプリ開発・提供等を行うハックルベリーと資本提携契約締結へ

株式会社フィードフォース(7068)は、株式会社ハックルベリー(東京都渋谷区)との間で資本提携契約を締結することを決定した。取得価額は、約105百万円。議決権所有割合は、8.80%となる。フィードフォースは、データフィード関連事業、デジタル広告関連事業、ソーシャルメディアマーケティング関連事業などを展開している。ハックルベリーは、Shopifyアプリの開発・提供、ECサイト構築支援、EC/SaaS

フィードフォース(7068)、インターネット広告運用代行事業のアナグラムの株式を取得、連結子会社化へ

株式会社フィードフォース(7068)は、アナグラム株式会社(東京都渋谷区)の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。アナグラムの普通株式購入代価は、1,252百万円。議決権所有割合は、50.10%となる。フィードフォースは、企業のデジタルマーケティング支援をビジネスの主軸に、顧客属性に応じたサービスの提供方法により、プロフェッショナルサービス事業とSaaS事業の2つの事業セグメントで構成し事

フィードフォース(7068)、広告プラットフォーム運用代理事業のUnknownの株式取得、資本業務提携

フィードフォース(7068)は、株式会社Unknown(東京都港区)の株式を取得し、同社を関連会社化すること及び同社との資本業務提携を行うことについて決定した。フィードフォースは、プロフェッショナルサービス事業とSaaS事業の2つの事業セグメントを構成している。プロフェッショナルサービス事業では、主としてエンタープライズを中心とした顧客に対して、個々のニーズに応じたデータフィードの構築やプラットフ

この記事に関連するタグ

「事業承継・吸収分割・会社分割」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

地域との繋がりによる魅力発信と事業創出 みやぎプロモーション室

広報室だより
地域との繋がりによる魅力発信と事業創出 みやぎプロモーション室

宮城県仙台市のテレビ局「東日本放送(khb5)」は6月28日(火)、「宮城県内の経営者のための経営の打ち手カンファレンス」を主催します。カンファレンスは東日本大震災からの復興や新型コロナウイルス対策に向き合う宮城県内の企業経営者に向けた「M&A」や「DX推進」、「生産性向上」など次世代の経営に求められる新たなソリューションを提供する目的で企画されました。宮城県内のテレビ局と各分野で経営支援を担うリ

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

国境の島 長崎県対馬におけるコロナ禍の課題と事業承継問題

広報室だより
国境の島 長崎県対馬におけるコロナ禍の課題と事業承継問題

九州と朝鮮半島の間に浮かぶ島、長崎県の対馬市。江戸時代の鎖国中には対馬藩として朝鮮半島との貿易特権を江戸幕府から付与されており、国内有数の繁栄地でにぎわいました。しかしながら、近年では、島民の人口減少や高齢化の進行とともに過疎化が進み、対馬の企業や事業者の後継者不在による事業承継問題が深刻化しています。対馬市議会議員の脇本啓喜氏は対馬の事業承継問題に危機感を抱き、2022年3月の定例市議会で島の事

地域メディアの力で「魅力の宝庫」長崎県を地方創生 長崎文化放送

広報室だより
地域メディアの力で「魅力の宝庫」長崎県を地方創生 長崎文化放送

長崎県のテレビ局である長崎文化放送は6月16日(木)に開催される「長崎県内の経営者のための経営の打ち手カンファレンス」を主催します。このカンファレンスは、長崎県地域の中小企業経営者に向けて、「M&A」「DX推進」「生産性向上」などの新たなソリューションの情報を提供することで、地域経済を支える地元企業の成長を促進し、地方創生の促進を目指すものです。コロナ禍や円安、物価高騰など、地方の中堅・中小企業の

事業承継と事業継承の違いとは?正しい意味や使い分けを解説

事業承継
事業承継と事業継承の違いとは?正しい意味や使い分けを解説

事業承継と事業継承は、受け継ぐ「もの」は異なりますが、どちらも「~を受け継ぐ」という意味で使われる言葉です。どちらが正しい表現か悩ましく感じる方も多いでしょう。本記事では「承継」「継承」の意味の違いや使い分けについて見ていきます。「承継」と「継承」の違い「承継(しょうけい)」と「継承(けいしょう)」は似て非なる言葉です。前者は先代から「地位や精神、身分、仕事、事業を受け継ぐ」という意味があり、後者

「事業承継・吸収分割・会社分割」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード