M&Aニュース

伊藤忠商事、英国フィンテック企業のBumper International Limitedへ出資

伊藤忠商事株式会社(8001、東京都港区)は、英国およびアイルランドにおいて自動車の修理やサービス等の費用の後払いサービスを提供するフィンテック企業であるBumper International Limited(イギリス、Bumper社)へ出資した。

伊藤忠商は、大手総合商社。
海外のリテール金融領域においては、英国に加え、香港、中国内地、タイ、インドネシア、フィリピンにて事業を展開。
イギリスでは伊藤忠欧州会社を介して中古車オートローン事業を展開するFirst Response Finance Limited (FRF社)を子会社として有している。

Bumper社は、後払いサービスのリーティングカンパニー。
自動車の修理やサービスに対して無金利のデジタル決済プラットフォームを提供している。
独自のAI技術を活用して分割払いの金融ソリューションを提供している。

欧州のアフターせーるす市場の今後の成長や、後払いサービスの需要が高まっていることを踏まえ、海外リテール金融事業の拡大をより一層推進していく狙い。

総合・その他専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

伊藤忠商事に関連するM&Aニュース

伊藤忠商事の米関連会社Pacific Woodtech Corporation、住宅用構造材製造事業を取得へ

伊藤忠商事株式会社(8001)は、関連会社であるPacificWoodtechCorporation(アメリカ・ワシントン州、PWT)を通じて、建材メーカーであるLouisianaPacific(アメリカ・国テネシー州、LP)より、住宅用構造材製造事業を取得することを決定した。PWTは、LPが保有する米国カリフォルニア州およびノースカロライナ州所在の2工場、並びにカナダブリティッシュコロンビア州所

ロコンド、伊藤忠と「Reebok」商品取り扱いに関するライセンス契約締結と合弁会社設立へ

株式会社ロコンド(3558)は、伊藤忠商事株式会社(8001、伊藤忠)との間で、「Reebok(リーボック)」ブランド商品取り扱いに関する合弁会社を設立することを前提とした、ライセンス契約を締結した。【合弁会社の概要】・株式保有比率ロコンド66%、伊藤忠34%で設立予定。・現Reebok日本事業を運営しているアディダスジャパン社からReebok国内事業を継承する予定。ロコンドは、靴とファッションの

伊藤忠商事、「アンダーアーマー」代理店のドームの株式取得

伊藤忠商事株式会社(8001)は、⽶国⼤⼿スポーツ⽤品ブランド「アンダーアーマー」の⽇本総代理店である株式会社ドーム(東京都江東区)の発⾏済み株式の過半数を取得する。今後は、既存株主であるUnderArmour,Inc.(⽶国・メリーランド州)と伊藤忠商事の2社でドームの経営を⾏う。伊藤忠商事は、大手総合商社。繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸

伊藤忠商事、独Wingcopter社と資本業務提携

伊藤忠商事株式会社(8001)は、ITOCHUEuropePLC(イギリス)を通じて、ドローンの開発・製造企業であるWingcopterGmbH(ドイツ、Wingcopter社)へ出資し、資本業務提携ならびに販売代理店契約を締結した。伊藤忠商事は、大手総合商社。繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業

伊藤忠商事、東南アジアで価格比較サイトを運営するiPrice社と資本業務提携

伊藤忠商事株式会社(8001)は、東南アジアで価格比較サイト「iPrice」を運営するスタートアップ、iPriceGroupSdn.Bhd.(マレーシアクアラルンプール、iPrice社)と資本業務提携した。伊藤忠商事は、大手総合商社。繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A」に関連するコラム

巨大な日本人マーケットを持つタイ

海外M&A
巨大な日本人マーケットを持つタイ

今回のブログでは、巨大な日本人マーケットを持つタイの現状についてご紹介したいと思います。※本記事は2022年5月に執筆されました。日本人に会わない日はないASEANには多くの日本人が住まれており、活動範囲も限られていることが多く、日本人界隈は比較的狭くあります。友達の友達は知り合いということもよくあります。特にバンコクで暮らしていると、日本人に会わない日は、家から一歩も外出しなかった日くらいになる

何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

海外M&A
何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!3月中旬以降、ベトナム政府はWithコロナ政策に切り替え、国境が正常化するとともに、ホーチミン市内で外国人を見かける機会も増えてきたベトナムです。雨期前のホーチミンは少々暑いですが、日本で重度の花粉症で苦しんできた私にとってはこの時期は天国です。※本記事は2022年4月に執筆されました。何故、二重帳簿がベトナムに存在するのか?いきなり超ヘビー級のトピックで

インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

海外M&A
インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

こんにちは、ジャカルタの安丸です。インドネシアでは一か月間のラマダン(断食)が間もなく終了し、レバラン(断食明けの祝日)がまもなく開始となります。今年は政府の意向もあり、有給休暇取得奨励と合わせ、何と10連休となる見込みです。ジャカルタからはコロナ禍に移動を自粛されていた多数の方が、今年こそはとご家族の待つ故郷へ帰省される光景が見られます。4月初旬よりコロナ禍以前のように、ビザなし渡航が解禁され、

マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

広報室だより
マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

日本M&Aセンターでは、クロスボーダーM&Aの支援強化に向けて、ASEAN地域に拠点を設けています。今回は、マレーシア現地法人NihonM&ACenterMalaysiaSdn.Bhd.で&Aコンサルタントとして活躍するDaphnieOngさんに、入社の経緯や今後の目標をインタビューしました!プロフィールダフィニーオンさん(写真中央)2020年2月入社。M&Aコンサルタントとして日本とマレーシアの

クロスボーダーM&Aを実行できる会社とそうでない会社

海外M&A
クロスボーダーM&Aを実行できる会社とそうでない会社

私は日本M&Aセンター海外事業部のIn-Out推進課に所属しており、主な業務は日本国内の譲受企業に対してASEAN地域の譲渡案件のご提案、アドバイザリー業務を主に行っています。日々多くの日本企業オーナーや、役員、経営企画部、国際部などクロスボーダーM&Aに係る方々と接する中で感じたことを今回はご紹介したいと思います。※本記事は2022年3月に執筆されました。クロスボーダーM&Aが実行できる会社とは

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード