M&Aニュース

富士通株式会社(6702)、連結子会社3社を吸収合併契約締結

富士通株式会社(6702)は、連結子会社である富士通関西中部ネットテック株式会社(大阪府大阪市、KCN)、富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社(福岡県福岡市、QNET)および株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ(神奈川県川崎市、FCT)を吸収合併することを決定し、合併契約をKCN、QNETおよびFCTとの間でそれぞれ締結した。
本件各合併は、富士通を存続会社とする吸収合併方式で、本件各対象会社はそれぞれ解散する。

富士通は、ソフトウェア・情報処理分野・通信分野の製品の開発・製造・販売ならびにサービスの提供を行っている。

KCNは、ネットワークシステム・コンピュータシステムに関する機器ならびソフトウェアの開発・設計およびシステム構築業務を行っている。

QNETは、ネットワークシステムならびに関連するコンピュータシステムのソフトウェア・ファームウェア・ハードウェアの開発設計およびシステム構築業務を行っている。

FCTは、組込みOS・ソフトウェア・ファームウェア・ハードウェアならびに検証・診断・開発環境ツールなど組込みシステム全般にわたる開発およびサービスの提供を行っている。

本件により、富士通は、各対象会社に分散する先端技術開発力を統合することで開発機能の集約による新たな体制を構築し、さらなる生産性の向上を図るとともに多様な市場ニーズへの対応力を高め、最先端技術を維持・獲得し、提供価値向上と競争力強化を目指す。

・今後のスケジュール
各合併の効力発生日 2021年10月1日

この記事に関連するタグ

「グループ内再編・吸収合併」に関連するコラム

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

M&A全般
合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

本記事では、企業の合併に関する基本事項を整理し、メリットやデメリット、合併のための必要な手続きなどについてご紹介します。合併とは合併とは、複数の会社が法的に1つの会社になることです。合併はM&Aの手法の一つです。実務的には完全子会社化した後、一定の時間をおいてから合併が行われるケースが多く見られます。合併と買収の違いは?買収とは、他企業を支配する目的で株式などを取得し、議決権の過半数以上を買い取る

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年7月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード