M&Aニュース

住友商事(8053)、エアロセンスと資本業務提携

住友商事株式会社(8053)は、エアロセンス株式会社(東京都文京区)とドローンを活用した次世代建設分野への進出に向けて資本業務提携契約を締結した。

住友商事グループは、建機のレンタル事業および販売・サービス事業をグローバルに展開し、日本国内では太陽建機レンタルを通じて、建機レンタル事業を手掛け、建機業界における課題解決に取り組むことで、社会インフラ整備や経済の発展に貢献している。

エアロセンスは、ドローンおよびAI技術を取り入れた自動化システムの開発を手掛け、建設分野で活用が進んでいるドローン測量においては自律飛行ドローンによる計測からクラウドコンピューターによるデータ解析までのワンストップサービスを『AEROBO測量2.0』として提供。また、点検、輸送、空撮分野でのソリューション開発も手掛けている。

本提携により、住友商事(8053)は、エアロセンスのドローンおよびAI画像解析の技術力と住友商事の建設市場における営業力を活用し、非GPS環境下におけるドローン技術による建設現場の作業の自動化、および屋内点検作業の自動化を図るサービスのビジネスモデル構築を共同で手掛け、エアロセンスと建設業界の課題解決を目指す。また、ドローンハードウェアから自律制御・測位技術、クラウドデータ解析までまで一体となって開発することにより、真に使い易いソリューションの提供を図る。
さらに、現在急務となっているドローンなどのロボットを活用した省人化や生産性向上に寄与し、日本国内における建設現場は就業者の高齢化による人手不足の課題解決に貢献していくことを目指す。

総合・その他専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

住友商事に関連するM&Aニュース

住友商事、子会社を通じて航空機パートアウト事業を行う米Werner Aeroに出資

住友商事株式会社(8053)は、米州住友商事会社を通じて、WernerAero,LLC(アメリカ・ニュージャージー州)に出資した。住友商事は、金属、輸送機・建機、インフラ、メディア・デジタル、生活・不動産、資源・化学品などの事業を展開する総合商社。航空機リース事業を手掛けるSMBCAviationCapitalや、エンジンリース事業を手掛けるSMBCAeroEngineLeaseなどの航空関連事業

川崎ブレイブサンダース、住友商事と資本業務提携契約およびオフィシャルスポンサー契約を締結

株式会社DeNA川崎ブレイブサンダース(神奈川県川崎市、川崎ブレイブサンダース)は、住友商事株式会社(8053)と、住友商事グループとの協業による、観戦体験の向上、デジタル施策の加速などを目指し、資本業務提携契約およびオフィシャルスポンサー契約を締結した。出資比率や金額は非公表。本資本業務提携後の川崎ブレイブサンダースの筆頭株主は変わらず株式会社ディー・エヌ・エーであり、経営体制やチーム体制の変更

AI inside、aiforce solutionsの全株式取得、完全子会社化へ

AIinside株式会社(4488)は、株式会社aiforcesolutions(東京都千代田区)の全株式を取得し子会社化すること、および吸収合併することを決定した。取得価額は、約1,665百万円。AIinsideを存続会社とする吸収合併方式。aiforcesolutionsは解散する。本件において、株式および新株予約権その他金銭などの割当は行わない。AIinsideは、「DXSuite」や「Le

住友商事(8053)、AI導入促進に向けてAIデータ解析サービス開発・販売のaiforce社と資本業務提携

住友商事(8053)と株式会社aiforcesolutions(東京都千代田区、aiforce社)は、多様な事業領域へのAI導入促進を目的として資本業務提携を実施した。aiforce社は、データサイエンティスト業務の代替が可能なAIデータ解析サービス「AMATERASRAY」の開発・販売を販売を手掛けている。本提携により、住友商事およびaiforce社は、住友商事グループの製造、流通、小売、サービ

この記事に関連するタグ

「資本業務提携」に関連するコラム

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年2月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード