日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

セレス(3696)、仮想通貨関連ソフトウェア開発のベンチャー企業・フレセッツと資本提携

セレス(3696)は、フレセッツ株式会社(東京都文京区)との資本提携を行うことを決定した。
セレスは、フレセッツが第三者割当増資により発行する新株式の一部を引き受ける。

インターネット関連サービス業界のM&A

セレスは、スマートフォン端末をメインデバイスとするインターネットメディア「モッピー」や「ボバトク」、「お財布.com」の企画・開発・運営を主な事業としている。現金や電子マネー等に交換可能なポイントをインセンティブに、利用者の様々なアクションを促し収益を得ている。

フレセッツは、企業向けウォレット管理システムを始めとする仮想通貨関連のソフトウェア開発及びコンサルティング事業を行うベンチャー企業。

本提携により、セレスは、既存のポイントサービスとの高い親和性が見込まれる仮想通貨・ブロックチェーン関連事業について、展開を積極的に推進するとともに、仮想通貨・ブロックチェーン技術におけるビジネスシナジーの可能性の追求を行う。

●今後のスケジュール
株式取得日 平成30年3月1日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。