M&Aニュース

電気通信工事業界のM&Aニュース一覧

関電工、ケーブルテレビ用CAD、図面管理ソフト等の事業を行うネクストキャディックスの全株式取得、子会社化へ

株式会社関電工(1942)は、ネクストキャディックス株式会社(東京都港区)の全株式を取得し、子会社化することを決定し、ネクストキャディックスの親会社であるネクストウェア株式会社(4814)との間で株式譲渡契約を締結した。関電工は、電気工事、情報通信工事、空調工事、リニューアル工事等を展開している。ネクストウェアは、ケーブルテレビ事業向け自社製品の開発・販売および運用支援を行っている。子会社のネクス

九電工、不動産販売事業等を行うセントラル総合開発と資本業務提携契約締結、第三者割当増資を引き受けへ

株式会社九電工(1959)は、セントラル総合開発株式会社(3238)との間で資本業務提携契約を締結することおよびセントラル総合開発が実施する第三者割当増資を引き受けることを決定した。第三者割当増資の引受に伴い、セントラル総合開発は九電工の持分法適用関連会社となる予定。払込価額は、普通株式1株につき356円とし、総額688,717,600円となる。九電工は、配電事業、電気事業、空調管事業、情報通信事

きんでん、電気・情報通信関連工事事業を行うフジクラの子会社の全株式取得、子会社化へ

株式会社きんでん(1944)は、株式会社フジクラエンジニアリング(東京都江東区)の発行済全株式を取得し、子会社化することを目的に、フジクラエンジニアリングの発行済全株式を所有する親会社である株式会社フジクラ(5803)との間で株式譲渡契約を締結した。きんでんは、電気設備、情報通信設備、計装設備、空調・衛生設備、内装設備、土木設備等の事業を行っている。フジクラは、エネルギー、情報通信、エレクトロニク

四電工、栃木県で設備工事業を営む横山工業の株式取得、子会社化

株式会社四電工(1939)は、横山工業株式会社(栃木県宇都宮市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。四電工は、建築設備工事、電力供給設備工事、兼業事業を行っている。横山工業は、空調・管工事、機械器具設置工事の設計・施工を行っている。本件M&Aにより、四電工は、横山工業との資本提携により、東京本部との営業面・施工面での協力関係を構築し、首都圏近傍のエリアにおいて、総合設備企業としての収益基

東京エネシス、日立プラントコンストラクションの事業の一部を会社分割により承継へ

株式会社東京エネシス(1945)は、株式会社日立プラントコンストラクション(東京都豊島区、日立PC)の火力発電に関連する事業の一部を会社分割により承継する統合基本契約の締結を行うことを決定した。本件は、日立プラントコンストラクションを分割会社、東京エネシスを承継会社とする吸収分割で行う。東京エネシスは、日立プラントコンストラクションに対し、2,300百万円を交付する。東京エネシスは、エネルギーとシ

ユアテック、仙台市を中心に施工実績を有している空調企業の全株式取得へ

株式会社ユアテック(1934)は、空調企業株式会社(宮城県仙台市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。ユアテックは、1944年の創立以来「総合設備エンジニアリング企業」として、オフィスビルや工場、病院などの施設における電気設備、空調・給排水の新設とリニューアル工事、電力会社の送変電、配電設備の建設・保守、さらに情報通信ネットワーク関連の工事を手掛けている。空調企業は、冷暖房設備工事、空気

きんでん(1944)、ドバイの総合設備工事会社International Electro-Mechanical Services Co. の持分取得、子会社化

株式会社きんでん(1944)は、InternationalElectro-MechanicalServicesCo.(L.L.C.)(アラブ首長国連邦・ドバイ首長国、IEMS社)の出資持分の49%を取得し、子会社化することを決定した。きんでんは、エネルギー・環境・情報3つの分野で、電気設備、計装設備、情報通信設備、空調・衛生設備、内装設備、土木設備等の事業を展開している。IEMS社は、創業以来、5

中電工(1941)、熱絶縁工事業を展開する昭和コーポレーションをグループ化

株式会社中電工(1941)は、ホライズン1株式会社(東京都港区、H1社)の全株式を取得を通じ、H1社の子会社である株式会社昭和コーポレーション(東京都港区、SC社)を孫会社化することを決定した。中電工は、電気・空調・給排水設備をはじめ、情報通信・環境分野などさまざまな快適設備を提供する、総合設備エンジニアリング企業。SC社は、独立系企業として60年以上にわたり、建築設備、化学・薬品、公害対策、電力

四電工(1939)、高知の設備工事会社・関西設備の全株式取得、子会社化

四電工(1939)は、株式会社関西設備(高知市)の全株式を取得し、子会社化した。四電工は、中期経営指針に基づき100億円規模の成長投資枠を設定し、総合設備企業としての基盤強化を進めている。関西設備は、高知県内において空調設備工事、給排水・衛生設備工事等を手掛ける老舗企業。四電工完全子会社の株式会社高知クリエイトも同様の事業を営み、関西設備と施工協力などを行っていた。本件M&Aにより、四電工は、営業

省電舎ホールディングス(1711)、再生可能エネルギー事業を展開するエールの株式譲渡

省電舎ホールディングス(1711)は、保有する株式会社エール(東京都渋谷区、以下「エール」)の全株式を譲渡することを決定した。これに伴い、エール及びエールが発行済株式の51%を保有している株式会社エールケンフォー(東京都港区、以下「AK4」)は連結子会社から除外される。株式会社エールは、省エネルギーコンサルティング事業・資産管理及び運用並びにコンサルティングを行っている。株式会社エールケンフォーは

四電工(1939)、兵庫で空調・管工事事業展開の有元温調の全株式取得

四電工(1939)は、有元温調株式会社(兵庫県神戸市)の全株式を取得し、子会社化した。四電工は、中期経営計画の方針のもと、100億円規模の成長投資枠を設定し、総合設備企業としての基盤強化を図っている。関西圏では電気設備工事のみを行っている。有元温調は、ビル・病院・公共施設等の空調・管工事のほか、給排水工事、機械設備工事を、兵庫県を中心に展開している。本件M&Aにより、四電工は、有元温調の有する空調

中電工(1941)、DBJとの共同出資により、シンガポールのデータセンター工事会社RYB Engineering Pte. Ltd.を連結子会社化

中電工(1941)は、株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区、DBJ)との共同出資により、設立した特別目的会社CHUDENKOASIAPTE.LTD.(シンガポール)を通じて、RYBEngineeringPte.Ltd.(シンガポール、RYB社)の発行済株式70%を取得し、連結子会社化した。中電工は、2011年以降マレーシアに現地法人を設立し海外事業に取り組んでいる。RYB社は、シンガポールにお

山加電業(1789)、システック・エンジニアリングの保有全株式を佐藤建設工業に譲渡

山加電業(1789)は、持分法適用関連会社である株式会社システック・エンジニアリング(東京都新宿区)についての保有全株式(議決権所有割合32.5%)をシステック・エンジニアリングの主要株主である佐藤建設工業株式会社(東京都品川区)に譲渡することを決定した。山加電業は、平成17年まで東京電力(現東京電力パワーグリッド株式会社)と直接取引を行っていたが、システック・エンジニアリングに営業譲渡して以降は

省電舎(1711)、簡易株式交換により同業のエールおよびエールケンフォーを子会社化

省電舎(1711)は、省電舎を株式交換完全親会社、株式会社エール(東京都渋谷区)を株式交換完全子会社とする株式交換を実施することを決定し、株式交換契約を締結した。本株式交換により、エールとその子会社の株式会社エールケンフォー(東京都港区)は、省電舎の連結子会社となる。省電舎は本株式交換に際して、新たに普通株式359,900株を発行し、エール社株式1株に対して、省電舎普通株式590株を割当交付する。

電気通信工事業界を含む建築・土木・工事業界のM&A売却・事業承継案件一覧

電気通信工事業界M&A動向

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード