M&Aニュース

住友化学、子会社の農業用ポリオレフィンフィルム事業をタキロンシーアイグループへ承継

更新日:

住友化学株式会社(4005)は完全子会社であるサンテーラ株式会社(東京都中央区)の農業用ポリオレフィンフィルム事業を、会社分割(吸収分割)により、タキロンシーアイ株式会社(4215)が今後新設する子会社(タキロンシーアイサプライ株式会社」)に承継させることとし、3社間で基本契約を締結した。会社分割の実施時期は2024年3月1日を予定。

分割会社であるサンテーラは、農業用ポリオレフィンフィルム、その他の農業用資材の製造および販売を行う。

承継会社であるタキロンシーアイサプライは、2023年12月設立予定。農業用資材の製造および販売を行う。

サンテーラが長年培ってきた農業用ポリオレフィンフィルム事業については、成熟化した国内市場動向や昨今の原料価格高騰など厳しい事業環境を踏まえ、国内外に強固な農業資材サプライチェーンを持つタキロンシーアイグループをベストオーナーとして経営効率化を進め、競争力を維持・強化させていくことが最善であると考え、本事業の再編を決定した。

その他の製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

タキロンシーアイに関連するM&Aニュース

タキロンシーアイ、子会社のタキロンシーアイプラスとミヨシを合併

タキロンシーアイ株式会社(4215)は、2024年4月1日付で、連結子会社であるタキロンシーアイプラス株式会社(東京都港区)を存続会社とし、同じく連結子会社である株式会社ミヨシ(広島県広島市)を消滅会社とする吸収合併を実施することを発表した。タキロンシーアイプラスは、建築資材・管工機材の卸売りを行う。ミヨシは、防煙垂れ壁の製造・販売・施工を行う。【本合併の背景および目的】タキロンシーアイは2023

タキロンシーアイ、インドネシアの連結子会社を譲渡へ

タキロンシーアイ株式会社(4215)は、連結子会社であるPT.TakironIndonesia(インドネシアパスルアン、以下PTTI社)について、保有する全株式をPT.CAKRABHAKTIPARAPUTRA(インドネシアスラバヤ、以下CBPP社)に譲渡することとした。タキロンシーアイは、合成樹脂加工総合メーカー。建築資材・農業資材・土木資材・産業資材・包装用資材など様々な分野に事業を展開している

タキロンシーアイ、防煙垂れ壁の製造を行うミヨシを完全子会社化

タキロンシーアイ株式会社(4215)は、株式会社ミヨシ(広島県広島市)の全発行済株式を取得し、完全子会社した。タキロンシーアイは、合成樹脂加工総合メーカー。建築資材・農業資材・土木資材・産業資材・包装用資材など様々な分野に事業を展開している。ミヨシは、防煙垂れ壁の製造および販売(設計・施工)を行っている。タキロンシーアイは、既存事業としてグラスファイバー複合樹脂シート製の防煙垂れ壁製品を展開してい

タキロンシーアイ、樹脂コンパウンド材料等の開発・販売等を行うマーベリックパートナーズの株式取得、子会社化

タキロンシーアイ株式会社(4215)は、マーベリックパートナーズ株式会社(東京都中央区)の発行済株式を取得し、子会社化した。取得割合は、60%となる。タキロンシーアイは、建築資材事業、環境資材事業、高機能材事業、機能フィルム事業と4つの事業領域を柱として事業を展開している。マーベリックパートナーズは、樹脂コンパウンド材料の開発および販売、環境配慮型樹脂コンパウンドの開発を行っている。本件M&Aによ

タキロンシーアイ(4215)、天昇電気工業(6776)の株式をシャープ(6753)から買付へ

タキロンシーアイ(4215)は、天昇電気工業(6776)の株式を、同社の株主であるシャープ(6753)から買付けを行うことを決定した。買付数量は500,000株、発行済株式総数に対する割合は2.94%。本買付けは、金融商品取引法第167条第1項および同法施行令第31条に規定する公開買付けに準ずる行為として政令で定める買集め行為に該当する。タキロンシーアイは、本買付けに先立って天昇電気工業による自己

この記事に関連するタグ

「吸収分割・事業譲渡・会社分割」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

M&A全般
分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

企業の規模に関わらず、専門性の強化、迅速な事業展開などを目的に分社化が行われています。本記事では、分社化の概要、メリットやデメリットについて整理し、実際に分社化する際のポイント等について詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら分社化とは?分社化とは、複数の事業を持つ企業

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

事業譲渡とは?メリットや注意点、税金について公認会計士が解説

M&A全般
事業譲渡とは?メリットや注意点、税金について公認会計士が解説

事業の未来を築くため、経営者にとって重要な選択肢の一つとして挙げられるのが事業譲渡です。本記事ではどのような場合に事業譲渡がふさわしいのか、株式譲渡など他のスキームとの違いやメリット、手続きの流れや事例など、網羅的に解説しています。日本M&Aセンターでは、事業譲渡をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこち

「吸収分割・事業譲渡・会社分割」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年12月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード