M&Aニュース

成長戦略セミナー

西本Wismettac HD(9260)、水産品代替商材開発の米国ベンチャー企業・OHFと資本・業務提携

更新日:

西本Wismettacホールディングス(9260)は、米国のOcean Hugger Foods, Inc.(実質本社ニューヨーク州、OHF)との間で資本・業務提携を実施した。

OHFは、水産品代替のPlant Based Foodsの開発・販売を行っている。具体的には、マグロ代替品のベジタリアン向け商材を「Ahimi」ブランドとして販売し、ベジタリアン向けの寿司を提案したことから、各種メディアで注目されている。新製品の開発・販売も予定されている。

本提携により、西本Wismettac HDは、北米、欧州、アジアなど世界各地の拠点網を活用することで、OHFのベジタリアン向け寿司商材の販売を行い、欧米を中心としてグローバルに市場が拡がっているベジタリアン向け食品のニーズへの対応を図る。

西本Wismettacホールディングスに関連するM&Aニュース

西本Wismettacホールディングス、英国傘下を通じ、アジア食卸及びその物流を担う伊2社を子会社化へ

西本Wismettacホールディングス株式会社(9260)は、連結子会社であるWismettacHarroFoodsLimited(イングランドチェシントン、以下HarroFoods)を通じて、UniontradeS.p.A.(イタリア、以下UT社)およびUniLogisticS.r.l.(イタリア、以下UL社)の株式を各々100%取得し、子会社化(孫会社化)することを決定した。また、UT社を中心

西本WismettacHD、シンガポールで青果卸事業を展開するBan Choon Marketing Pte. Ltd.の全株式取得、孫会社化へ

西本Wismettacホールディングス株式会社(9260)は、連結子会社であるNTCWISMETTACSINGAPOREPTE.LTD.(シンガポール、シンガポール法人)が、BanChoonMarketingPte.Ltd.(シンガポール、BCM)の全株式を取得し、子会社化(孫会社化)することを決定した。取得価額は、約24,850千シンガポールドル。西本WismettacHDおよびグループは、日本

西本WismettacHDは、英国の連結子会社を通じ、冷凍水産品の輸入販売事業を展開するInterlock社の全株式取得、子会社化

西本Wismettacホールディングス株式会社(9260)は、連結子会社であるWismettacHarroFoodsLimited(イギリス・チェシントン、HarroFoods)が、InterlockInvestmentsLimited(イギリス・スコットランド、Interlock)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。西本WismettacHDは、アジア食品の開発および海外販売(アジア食

西本Wismettacホールディングス(9260)、連結子会社であるNTC Wismettac Europe B.V.、Wismettac・HDの持分法適用関連会社であるCOMPTOIRS DES 3 CAPS SASを子会社化

西本Wismettacホールディングス株式会社(9260、Wismettac・HD)は、連結子会社であるNTCWismettacEuropeB.V.(オランダ・アムステルフェーン、Wismettac・HDオランダ法人)が、Wismettac・HDの持分法適用関連会社であるCOMPTOIRSDES3CAPSSAS(フランス・ティエ、C3C)を子会社化することを決定した。なお、Wismettac・HD

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・資本業務提携」に関連するコラム

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

海外M&A
インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

本記事では、クロスボーダーM&Aで最も重要であるPMIについて、インドネシアの場合を用いてお話しします。(本記事は、2022年に公開した記事を再構成しています)M&Aのゴールは“成約”ではありません。投資側の日本企業と投資を受ける海外の現地企業両社が、思い描く成長を共に実現できた時がM&Aのゴールです。特にインドネシア企業とのM&Aは、他のASEAN諸国と比較しても難易度は高く、成約に至ってもそれ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2018年3月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード