日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

楽天(4755)、野村HD(8604)子会社の朝日火災海上保険をTOBにより完全子会社化へ

楽天(4755)は、野村ホールディングス(8604)の連結子会社である朝日火災海上保険株式会社(東京都千代田区、朝日火災)の普通株式及び甲種優先株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。
朝日火災取締役会は本件TOBに賛同の意見を表明している。親会社である野村HDは、所有する朝日火災株式の全てを本TOBに応募すること等について、楽天と公開買付応募契約を締結している。

買付価格は普通株式1株2,664円、甲種優先株式1株10,656円。楽天は、買付予定数の下限を12,705,100株(本TOBに応募された 甲種優先株式 は普通株式4株とみなす)としており、上限は設けていない。応募株券等の数の合計が買付予定数の下限に満たない場合には、応募株券等の全部の買付け等を行わない。
なお楽天は、本TOBにおいて朝日火災株式の全てを取得できなかった場合には、完全子会社化するための各手続を行う。

楽天は、既存事業を通じて提供する様々なサービス・商品において、附随するリスクの引き受けを行い、より安心で快適なサービス・商品提供を行いたいとして、損害保険業への参入を検討していた。

朝日火災は、国内において損害保険事業を行っている。来店型や訪問販売型の比較推奨代理店に経営資源を集中させている中、国内シェアの一層の拡大のために、IT技術の活用や社名の認知度向上を課題としていた。

本件により、楽天は、確固たる顧客基盤の構築や販売チャネルの拡充、相互のノウハウや人材を生かした新商品の共同開発を行う等のシナジーを創出することで、相互の企業価値の一層の向上を目指す。

●今後のスケジュール
届出当初の買付け等の期間 平成30年1月30日から平成30年3月13日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。