コラム

「スクイーズアウト」に関連する記事一覧

株式併合とは?目的や注意点、手続きの流れなどをわかりやすく解説

M&A全般

株式併合は、複数の株を統合して発行済株式数を減らすというものです。本記事では、株式併合の仕組みや目的を整理したうえで、注意点、手続きの流れについて解説します。日本M&Aセンターでは様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&Aに関するご相談はこちらから株式併合とは?株式併合とは、複数の株を1株に統合して、発行済株式数を減らす手法です。

株式併合とは?目的や注意点、手続きの流れなどをわかりやすく解説

スクイーズアウトとは?M&Aにおける重要性や4つの手法、手続きの流れを解説

経営・ビジネス

企業を経営するにあたり、重要な決議事項については株主総会で株主の合意を得なければなりません。大抵の場合は出席株主の過半数もしくは三分の二以上の合意があれば重要な議題について決議できますが、場合によっては少数株主の反対意見が、企業の迅速な意思決定や企業経営そのものを阻害してしまうことがあります。本記事では、少数株主と意見が対立した場合に行われるスクイーズアウトについて解説していきます。日本M&Aセン

スクイーズアウトとは?M&Aにおける重要性や4つの手法、手続きの流れを解説

会社法改正によるM&A実務への影響

M&A法務

会社法改正とM&A周知のとおり、改正会社法は2014年6月20日に通常国会で成立しており、本稿作成時点においては、2015年5月1日より施行される見込みとなっている。今回の改正項目の中にはM&A実務に影響を与えるものもあり、特にスクイーズ・アウト(キャッシュ・アウト)に関しては、新たな制度の導入や既存の制度の見直しが多々なされているため、以下に概説する。なお、M&Aに関連する改正項目としては、他に

会社法改正によるM&A実務への影響

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

M&A全般

上場企業オーナー経営者の企業承継のためには、非上場企業とは異なる金融商品取引法(以下、「金商法」という)に基づき、株式公開買付け(TOB)によることが殆ど不可欠である。発行済み株式の3分の1超の株式の売買を伴うケースでは、オーナー経営者が予め特定の買受人(以下、「承継予定者」という)と相対で株式を売却する場合でも、TOBによることが金商法上必要になる。そこで、検討すべき実務上のポイントを、以下に説

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について