アルファクス・フード・システム(3814)、ユニティマーケティングソリューションより外食産業・流通業向けCRM事業を譲受け

アルファクス・フード・システム(3814)は、株式会社ユニティマーケティングソリューション(千葉県銚子市、ユニティ社)のCRM事業を譲受けることを決定し、同事業におけるユーザー及びサービスを承継することに合意した。
本取引は無償で行われる。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A

アルファクス・フード・システムは、外食業界に特化した基幹業務システムのASPによる提供から、パッケージ型の総合基幹業務システムの販売、飲食店店舗にて利用するPC-POSシステム、オーダーエントリーシステムの自社企画のシステム機器の開発・販売及び周辺サービスの提供を一貫して手掛けている。

ユニティ社は、外食産業・流通業向けのCRM事業において、顧客の決済・購買データの分析分野において業界をリードしてきた。

本件M&Aにより、アルファクス・フード・システムは、決済データから一気通貫したより詳細な顧客管理分析サービスを実現することで、サービス領域の拡大を図るとともに、ユニティ社のノウハウと顧客基盤を獲得することで、更なる企業価値の向上を目指す。

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。