M&Aニュース

食品製造業界のM&Aニュース一覧

昆虫食輸入販売等を行うTAKEO、ニチレイと資本提携締結

TAKEO株式会社(東京都台東区)は、株式会社ニチレイ(2871)と資本提携を行った。TAKEOは、昆虫食品の輸入、昆虫飲料「タガメサイダー」などの自社商品の開発・製造・販売、食用昆虫の養殖、昆虫食ファンが集う昆虫食の駅「TAKE-NOKO」の運営を行っている。ニチレイは、加工食品事業、水産事業、畜産事業、低温物流事業、不動産事業、バイオサイエンス事業を行っている。本件により、TAKEOは、ニチレ

森永乳業、育児用調製粉乳事業を行うパキスタンNutriCo Morinagaの株式取得、子会社化へ

森永乳業株式会社(2264)は、関連会社であるNutriCoMorinaga(Private)Limited(パキスタン)の株式を追加取得し、連結子会社化することを決定した。議決権所有割合は、17.73%から51.00%となる。取得価額は、アドバイザリー費用等も含め約57,003,000USD(7,695,405千円)。森永乳業は、牛乳、乳製品、アイスクリーム、飲料その他の食品等の製造・販売を行っ

パン・パシフィック・インターナショナルHD、カネ美食品の株式を公開買付により取得へ

株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(7532、PPIH)は、カネ美食品株式会社(2669)の普通株式を公開買付け(TOB)により取得することを決定した。PPIHは、カネ美食品の株式27.02%を所有する筆頭株主。本件は、第2位株主である株式会社ファミリーマートが所有する全ての株式(11.83%)の取得が目的。買付代金は、3,261,877,882円。(買付予定数の上限1

キリンHD、Myanmar Breweryの全株式譲渡、ミャンマー事業から撤退へ

キリンホールディングス株式会社(2503)は、キリンHDの子会社であるKirinHoldingsSingaporePte.Ltd.(シンガポール、KHSPL)が保有するMyanmarBreweryLimited(ミャンマー・ヤンゴン、MBL)の全株式を、MBLに譲渡すること(MBLによる自己株式取得)を決定した。譲渡価額は、約224億円(3,240億MMK)を予定している。キリンHDは、酒類・飲料

サッポロHDの子会社Sapporo U.S.A.、Stone Brewingの株式取得、子会社化へ

サッポロホールディングス株式会社(2501)は、連結子会社であるSapporoU.S.A.,Inc.(アメリカ・ニューヨーク州)が、StoneBrewingHoldings,LLC(アメリカ・カリフォルニア州、StoneHD)の保有するStoneBrewingCo..,LLC(アメリカ・カリフォルニア州、Stone)の持分売買契約を締結し、子会社化することを決定した。Stoneの酒類卸事業がSto

日清製粉、熊本製粉の株式取得、子会社化へ

日清製粉グループ本社(2002)傘下の日清製粉株式会社(東京都千代田区)は、熊本製粉株式会社(熊本県熊本市)の発行済株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は、85.0%となる。これに伴い、熊本製粉並びにその子会社は日清製粉グループ本社の連結子会社となる。日清製粉は、業務用の小麦粉、ふすま、その他の加工品および関連商材の製造・販売を行っている。熊本製粉は、製粉業、加工食品業、倉庫業

日新製糖、伊藤忠製糖と経営統合へ

日新製糖株式会社(2117)は、伊藤忠製糖株式会社(愛知県碧南市)と経営統合することを決定した。日新製糖を株式交換完全親会社とし、伊藤忠製糖を株式交換完全子会社とする株式交換を行う。同時に、日新製糖は、会社分割により事業を承継会社に承継させる。本経営統合に伴い、事業承継会社は、商号を「日新製糖株式会社」に変更する。グループ経営管理および資産管理事業を行う持株会社は商号を変更する予定。日新製糖は、砂

キリンHD、甘味タンパク質の開発を行うJoywell Foodに出資

キリンホールディングス株式会社(2503)は、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「KIRINHEALTHINNOVATIONFUND」を通じて、JoywellFood,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州)に出資した。キリンHDは、酒類・飲料事業をグループの基盤事業として、食領域・ヘルスサイエンス領域・医領域に事業を展開している。JoywellFoodは、甘味タンパク質の開発と砂糖不使用食品

ユーグレナ、株式交換により広告代理店事業を行うはこを子会社化へ

株式会社ユーグレナ(2931)は、株式会社はこ(東京都中央区)を簡易株式交換により、完全子会社化することを決定した。ユーグレナを株式交換完全親会社とし、はこを株式交換完全子会社とする株式交換。変動性株式交換比率方式を採用し、はこの普通株式1株につき対価として交付されるユーグレナの普通株式の割当株数を、効力発生日の直前の一定期間におけるユーグレナの株式の平均株価を基に決定する。ユーグレナは、微細藻類

ハウス食品グループ、子会社間で国内業務用食品事業を統合

ハウス食品グループ本社株式会社(2810)は、子会社であるハウス食品株式会社(東京都千代田区)の業務用食品事業を、同じく小会社の株式会社ギャバン(東京都中央区)に承継させることを決定した。分割会社はハウス食品、承継会社はギャバンとなる簡易吸収分割の方式。ギャバンの商号は「ハウスギャバン株式会社」に変更される。ハウス食品グループ本社は、グループ戦略立案、事業会社(国内・海外)への経営サポートならびに

エバラ食品工業の子会社エバラビジネス・マネジメント、ヤマキンの株式取得、子会社化へ

エバラ食品工業株式会社(2819)の子会社である株式会社エバラビジネス・マネジメント(神奈川県横浜市)は、ヤマキン株式会社(静岡県焼津市)の株式を取得し、子会社化することを決定した。エバラ食品工業は、調味料食品の製造販売を展開している。エバラビジネス・マネジメントは、グループ会社の経営管理及びそれに付帯する業務を行っている。ヤマキンは、液体調味料等の製造販売を行っている。本件M&Aによりエバラ食品

ピックルスコーポレーション、持株会社設立

株式会社ピックルスコーポレーション(2925)は、単独株式移転の方法により「株式会社ピックルスホールディングス」(持株会社)を設立することを決定した。ピックルスコーポレーションを株式移転完全子会社、持株会社を株式移転設立完全親会社とする単独株式移転。ピックルスコーポレーションは、浅漬・惣菜等の製造、販売および漬物等の販売などを行っている。ピックルスホールディングスは、グループ会社等の経営管理および

サントリー食品インターナショナル、ナイジェリア連結子会社の株式譲渡

サントリー食品インターナショナル株式会社(2587)の子会社のSuntoryBeverage&FoodAsiaPte.Ltd.(シンガポール、SBFA)は、AfricaFMCGDistributionLtd.(モーリシャス、AFDL社)との間で、ナイジェリアにおいて清涼飲料の製造・販売事業を展開しているSuntoryBeverage&FoodNigeriaLimited(ナイジェリア、SBFN)の

PLIMES、明治HDと資本業務提携実施

PLIMES株式会社(茨城県つくば市)は、明治ホールディングス株式会社(2269)を引受先とする第三者割当増資により資金調達を実施した。本件に伴い、資本業務提携も実施。PLIMESは、AIによる嚥下(飲み込み)の計測と分析によって誤嚥防止をサポートするウェアラブルデバイス「GOKURI」の開発、提供を行っている。明治HDは、食品メーカーの明治、製薬会社のMeijiSeikaファルマを傘下に持つ持株

J-オイルミルズ、持分法適用関連会社である辻製油の保有全株式を譲渡へ

株式会社J-オイルミルズ(2613)は、持分法適用関連会社である辻製油株式会社(三重県松阪市)の保有全株式を辻製油に譲渡することを決定した。辻製油は、持分法適用関連会社から除外される。本譲渡によって得た対価は、成長戦略を実現するための投資に充当する。J-オイルミルズは、油脂事業、スペシャリティフード事業を展開している。辻製油は、コーン油、なたね油、脱脂コーン胚芽、なたね油粕、ハイプロテイン吸着飼料

ニップン、オーケー食品工業を完全子会社化へ

株式会社ニップン(2001)は、オーケー食品工業株式会社(2905)と株式交換を行い、小会社化することを決定した。ニップンを株式交換完全親会社とし、オーケー食品工業を株式交換完全子会社とする株式交換の方式で行われる。ニップンおよびグループは、食品素材事業、加工食品事業、冷凍食品事業、中食事業など食品事業を幅広く展開している。オーケー食品工業は、油あげおよびあげ加工品の製造販売を主業に、惣菜類、和菓

ニッポンハム、グループ内の3社を合併・経営統合へ

ニッポンハムグループは、日本ハム北海道ファクトリー株式会社(北海道旭川市)、株式会社函館カール・レイモン(北海道函館市)、株式会社ジャバス(茨城県筑西市)の3社合併により経営統合を行うことを決定した。存続会社は日本ハム北海道ファクトリー株式会社(社名変更なし)。本件により、以下項目の実現を図る。(1)3社が持つ技術や知見を結集し、より魅力的な商品開発・供給につなげる。(2)北海道北広島市で建設が進

デリカフーズHD、青果日和研究所の全株式取得、連結子会社化へ

デリカフーズホールディングス株式会社(3392)は、株式会社青果日和研究所(東京都足立区)の全株式を取得し、連結子会社化することを決定した。また青果日和研究所が実施する第三者割当増資をデリカフーズHDが引き受ける。増資金額は、80,000,000円。デリカフーズHDは、農産物における研究・コンサル事業、物流事業、販売事業と事業を展開している。青果日和研究所は、デリカフーズHDと株式会社フードサプラ

ILLUMINATEがユーグレナグループに参画

株式会社ユーグレナ(2931)は、フェムテック事業を展開する株式会社ILLUMINATE(東京都渋谷区、ILLUMINATE社)が、ユーグレナ・グループに参画することを発表した。ユーグレナは、ミドリムシを中心とした微細藻類に関する研究開発、生産管理・品質管理、関連商品の製造・販売などを行っている。ダイバーシティ&インクルージョン推進の観点から、性別年代を問わず顧客が持つ多様なニーズや悩みに寄り添っ

サントリー、オセアニアにてコーヒー事業を展開する子会社をUCCに譲渡

サントリー食品インターナショナル株式会社(2587、サントリー)は、ユーシーシーホールディングス株式会社(兵庫県神戸市)の子会社であるUCCANZMANAGEMENTPTYLTD(オーストラリア・クイーンズランド州、UCC社)との間で、オセアニアを中心にフレッシュコーヒー事業を展開しているSuntoryCoffeeAustraliaLimited(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州)の全株式

シャトレーゼ、昭和産業の完全子会社菜花堂の全株式取得、子会社化へ

株式会社シャトレーゼ(山梨県甲府市)は、昭和産業株式会社(2004)の完全子会社である株式会社菜花堂(岩手県一関市)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。シャトレーゼは、洋菓子、和菓子、アイスクリーム、パン、飲料の製造・販売事業、および国内640店舗、海外9ヶ国・地域120店舗、FC店展開をしている。菜花堂は、冷凍の和菓子、洋菓子、パンなどの米粉や小麦粉の加工食品の製造販売を行っている

プリマハム、食肉事業を展開するTMGの発行済全株式取得、子会社化

プリマハム株式会社(2281)は、ティーエムジー株式会社(愛知県名古屋市、TMG)の発行済全株式を、KojimachiOpportunitiesFund,LPおよびHanzomonOpportunitiesFund,LPより取得し、子会社化することを決定した。プリマハムは、ハム・ソーセージ、食肉および加工食品の製造販売事業を展開している。TMGは、持株会社。完全子会社であるティーエムジーインターナ

アサヒグループHD、連結子会社に会社分割により事業承継へ

アサヒグループホールディングス株式会社(2502)は、機能の一部である国内事業の事業管理等に関する事業を完全子会社であるアサヒグループジャパン株式会社(東京都墨田区)に会社分割により承継させることを決定し、アサヒグループジャパン社との間で吸収分割契約を締結した。本件は、アサヒグループHDを分割会社、アサヒグループジャパン社を承継会社とする吸収分割。分割する部門の事業内容は、国内事業の事業管理等に関

ユーグレナ、有機肥料事業を行う大協肥糧と株式交換契約締結へ

株式会社ユーグレナ(2931)は、大協肥糧株式会社(大阪府藤井寺市)と簡易株式交換を実施することを決定し、株式交換契約を締結した。本件は、ユーグレナを株式交換完全親会社とし、大協肥糧を株式交換完全子会社とする株式交換となる。ユーグレナは、ユーグレナなどの微細藻類の研究開発・生産、食品および化粧品の製造・販売、バイオ燃料技術開発、環境関連技術開発、バイオテクノロジー関連ビジネスの事業開発、投資等の事

三井物産、冷凍洋菓子製造事業の五洋食品産業の株式、公開買付け(TOB)により取得

三井物産株式会社(8031)は、五洋食品産業株式会社(2230)の普通株式を金融商品取引法に基づく公開買付けにより取得することを決定した。普通株式1株につき、879円。買付予定数の上限については設定せず、応募株券等の総数が買付予定数の下限(970,300株)以上の場合は、応募株券などの全部の買付けなどを行う。三井物産は、金属資源、エネルギー、プロジェクト、モビリティ、化学品、鉄鋼製品、食料、流通事

わらべや日洋HD、新潟工場の閉鎖および事業譲渡へ

わらべや日洋ホールディングス株式会社(2918)は、連結子会社わらべや日洋食品株式会社(東京都新宿区)の新潟工場の閉鎖および事業譲渡を決定した。わらべや日洋HDは、グループ全体の経営管理などを行っている。連結子会社わらべや日洋食品は、調理済食品の製造および販売を行っている。わらべや日洋HDは、セブン-イレブン向け食品製造事業を営む譲渡先である株式会社デイリーはやしや(長野県松本市)に、当該工場の生

エバラ食品工業、合併会社(持分適用関連会社)株式譲渡に伴い韓国CJ CheilJedang Corporationと合弁契約解消へ

エバラ食品工業株式会社(2819)は、CJCheilJedangCorporation(大韓民国)との共同出資で設立した株式会社エバラCJフレッシュフーズ(東京都港区)について、保有する全株式をCJCheilJedangCorporationの子会社であるCJFOODSJAPAN株式会社(東京都港区)に譲渡し、CJCheilJedangCorporationとの合弁契約を解消することを決定した。エ

AFC-HD アムスライフサイエンス、健康食品OEMメーカーのなすびと株式取得・交換、完全子会社化へ

株式会社AFC-HDアムスライフサイエンス(2927、AFC-HD)は、株式会社なすび(静岡県静岡市)の発行済み株式の一部を取得することで子会社化し、その後AFC-HDを株式交換完全親会社とし、なすびを株式交換完全子会社とする簡易株式交換を実施することに向けて基本合意した。AFC-HDは、なすびの発行済株式30,000株のうち、普通株式24,063株を購入することで子会社化し、残り5,937株を本

メディアドゥ、RIZAPグループの連結子会社 日本文芸社の全株式取得、子会社化へ

株式会社メディアドゥ(3678)は、RIZAPグループ株式会社(2928)の連結子会社である株式会社日本文芸社(東京都江東区)の発行済全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、1,515百万円。メディアドゥは、デジタルコンテンツ流通・配信、システム開発・提供、メディアコンサルティング、出版者支援サービス、および各種研究開発を行っている。RIZAPグループは、グループの中長期経営戦略の

北の達人コーポレーション、オリジナルヘアアイロン「SALONMOON」を展開するASHIGARUの全株式取得、子会社化へ

株式会社北の達人コーポレーション(2930、北の達人)は、株式会社ASHIGARU(大阪府大阪市)の発行済全株式を取得し、子会社化するための株式譲渡契約を締結した。北の達人は、健康食品、化粧品、雑貨の企画・開発・製造販売・インターネット通信販売事業を展開している。ASHIGARUは、家庭用電化製品、衣料品、洋品雑貨の製造および販売などを行っている。オリジナルヘアアイロン「SALONMOON」をEC

食品製造・食品卸業界のM&A売却・事業承継案件一覧

食品製造業界M&A動向

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード