M&Aニュース

建築工事・ゼネコン業界のM&Aニュース一覧

戸田建設、シンガポール子会社を通じてニュージーランドのホテル事業会社を買収

戸田建設株式会社(1860)は、2023年12月27日開催の取締役会において、シンガポール共和国における子会社であるTodaAsiaPacificPte.Ltd.(シンガポール、以下「TAP社」。)がニュージーランドにおいてホテル事業を営むCoherentHotelLtd.(ニュージーランド、以下「Coherent社」)の第三者割当増資を引き受けることにより、子会社化(戸田建設の孫会社)することに

戸田建設、人材派遣業のグリーン・サポート・システムズを買収

戸田建設株式会社(1860)は、2023年12月26日付で、グリーン・サポート・システムズ株式会社(東京都中央区)の発行済み株式の全てを取得し完全子会社化した。戸田建設は、建築・土木、地域開発・都市開発事業、不動産事業、再生可能エネルギーなどによる発電事業を行う。グリーン・サポート・システムズは、人材派遣業、人材紹介業、請負事業を行う。戸田建設はグリーン・サポート・システムズの有する人材紹介業のノ

横河ブリッジホールディングス、子会社の横河ニューライフを吸収合併

株式会社横河ブリッジホールディングス(5911)は、2024年4月1日を効力発生日として、完全子会社である株式会社横河ニューライフ(東京都港区)を吸収合併することを決議した。横河ブリッジホールディングスを吸収合併存続会社とする吸収合併方式で、横河ニューライフは解散する。横河ブリッジホールディングスは、グループ全体の戦略策定ならびに経営管理および技術研究開発業務を行う。横河ニューライフは、グループの

大成建設、総合建設の佐藤秀を買収

大成建設株式会社(1801)は、2023年11月30日付けで株式会社佐藤秀(東京都新宿区)の全株式を取得し、完全子会社とした。大成建設は、国内外における建築・土木の設計・施工、環境、エンジニアリング、原子力、都市開発、不動産など幅広い分野で事業展開を行う。佐藤秀は、建築設計、施工の請負及び受託不動産の売買、賃貸、仲介、管理を行う。大成建設は、佐藤秀をグループに迎え高級住宅や伝統建築等の事業領域に共

戸田建設のブラジル孫会社、陸上風力発電事業の2社を買収

戸田建設株式会社(1860)は、ブラジル連邦共和国における孫会社TODAEnergia2Ltda.(RioGrandedoNorte州PedroAvelino市、以下TEB2社)が陸上風力発電事業を行う子会社2社(戸田建設の曾孫会社)を取得し、取得後に増資する(特定子会社化)ことについて決定した。取得する会社は、UsinaEolicaCasqueiraALtda.、UsinaEolicaCasqu

大成建設がピーエス三菱にTOB、子会社化へ

大成建設株式会社(1801)は、株式会社ピーエス三菱(1871)を連結子会社とすることを目的とした株式公開買付(TOB)の実施、および資本業務提携契約を締結することを発表した。買付価格は1,010円、買付総額は約240億円。大成建設は連結子会社45社、持分法適用会社62社を有する、大手総合建設企業。ピーエス三菱は、高速道路のリニューアルやPC・プレキャスト(PCa)コンクリート分野に強みを持つ。大

大末建設、神島組を子会社化へ

大末建設株式会社(1814)は、株式会社神島組(兵庫県西宮市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。大末建設は、マンション、オフィス、物流倉庫、工場、医療、冠婚葬祭等の建設を行う総合建設会社。神島組は、土木工事会社。環境に配慮した割岩※工法で、振動・騒音等の公害を抑えた技術を開発、独自かつ多彩な特許工法を強みとしている。大末建設は、神島組の子会社化により土木事業へ再進出するとともに、神島組

サイタホールディングス、持分法適用会社である朝倉生コンクリートの株式を追加取得へ

サイタホールディングス株式会社(1999)は、持分法適用会社である朝倉生コンクリート株式会社(福岡県朝倉市)の株式について、同社株式譲渡承認決議の後、取得を図ることを決定した。異動後の議決権所有割合は、48.8%となる予定。サイタホールディングスは、酒類、環境・警備・乳酸菌、砕石事業等を行うグループの持株会社。朝倉生コンクリートは、朝倉市を事業拠点とするセメント・セメント製品製造業を行う会社。サイ

清水建設、株式交換により第一設備工業を完全子会社化へ

清水建設株式会社(1803)は、連結子会社である第一設備工業株式会社(東京都港区)を完全子会社とする株式交換を行うことを決定した。清水建設を株式交換完全親会社、第一設備工業を株式交換完全子会社とする株式交換方式。第一設備工業の普通株式1株に対して、清水建設の普通株式0.9株を割当交付する。清水建設は、大手ゼネコン会社。建設・土木をはじめ、フロンティア・LCV・エンジニアリング等の事業を展開している

清水建設、丸彦渡辺建設を子会社化へ

清水建設株式会社(1803)は、丸彦渡辺建設株式会社(北海道札幌市)の株式を取得し、同社を子会社化することを決定した。2023年5月31日に清水建設が株式の50%超を取得し、丸彦渡辺建設は同日付で清水建設の連結子会社となる予定。清水建設は、大手ゼネコン会社。建設・土木をはじめ、フロンティア・LCV・エンジニアリング等の事業を展開している。丸彦渡辺建設は、1918(大正7)年に北海道で創業した総合建

戸田建設、ブラジルの特定子会社Construtora Toda do Brasil S.A.を譲渡へ

戸田建設株式会社(1860)は、ブラジルの特定子会社であるConstrutoraTodadoBrasilS.A.(ブラジルサンパウロ、以下TBC)の全株式(持分)を、VirgoFundodeInvestimentoemParticipacoesMultiestrategia(以下Virgo社)に譲渡することを決定した。戸田建設は、総合建設会社。建築・土木、地域開発・都市開発事業、不動産事業、再生可

ナカノフドー建設、トライネットホールディングスを子会社化

株式会社ナカノフドー建設(1827)は、株式会社トライネットホールディングス(長野県飯田市)の株式を取得し、子会社化した。ナカノフドー建設は、国内・海外建設事業、不動産事業を行うゼネコン会社。中期経営計画において、土木事業の拡大を重要施策の一つとして掲げている。トライネットホールディングスは、一般土木工事、建築工事、土地販売、リフォーム工事等を行うグループの持株会社。株式会社トライネット、株式会社

西松建設、有機廃棄物処理装置の開発・販売を行うミライエに出資

西松建設株式会社(1820)は、株式会社ミライエ(島根県松江市)に出資した。西松建設は、建設事業、開発事業、不動産事業を行っている。ミライエは、有機廃棄物処理装置の開発・販売、堆肥化施設等の設計業務、堆肥化技術の共同開発等を行っている。西松建設は今回の出資を通じて、ミライエとともにプラント型堆肥化施設による「食品廃棄物の再資源化事業」を開始する予定。また、ミライエとの共創を通じて、有機物系廃棄物を

矢作建設工業、北和建設を子会社化へ

矢作建設工業株式会社(1870)は、北和建設株式会社(京都府京都市)の全株式を取得し、子会社化する。矢作建設工業は、建設工事の企画・測量・設計・監理・施工・コンサルティングの請負を行っている。ほかにも、不動産事業や構築物の保守管理・耐震等の診断・評価、環境汚染物質の調査などを行っている。北和建設は、京都府の建設会社。マンション工事を中心に、ホテルや福祉施設等の建築工事を行っている。京都を中心とした

戸田建設、子会社2社を株式交換により完全子会社化へ

戸田建設株式会社(1860)は、連結子会社である戸田道路株式会社(東京都中央区)および戸田ビルパートナーズ株式会社(東京都江東区)と、株式交換契約を締結した。戸田建設を株式交換完全親会社とし、戸田道路および戸田ビルパートナーズを株式交換完全子会社とする株式交換。戸田建設は、総合建設会社。建築・土木、地域開発・都市開発事業、不動産事業、再生可能エネルギーなどによる発電事業を行っている。戸田道路は、道

東洋建設、完全子会社2社間で吸収合併へ

東洋建設株式会社(1890)は、完全子会社であるテクオス株式会社(東京都千代田区)および株式会社オリエント・エコロジー(東京都千代田区)の合併を決定した。テクオスを存続会社、オリエント・エコロジーを消滅会社とする吸収合併方式。東洋建設は、総合建設業(海上・陸上土木、建築)や、不動産事業等を行っている。テクオスは、建物管理および営繕工事事業、建築事業、不動産事業等を行っている。オリエント・エコロジー

佐田建設、連結子会社の前橋機材センターを吸収合併へ

佐田建設株式会社(1826)は、連結子会社である株式会社前橋機材センター(群馬県前橋市)の吸収合併を決定した。佐田建設を存続会社とする吸収合併方式で、前橋機材センターは解散する。佐田建設は、建設工事の受注・施工およびアスファルト合材の販売等を行っている。前橋機材センターは、建設用資機材機器・機械装置の賃貸および販売、仮設足場の施工等を行っている。佐田建設は本合併により、グループ会社の経営資源集約と

JR東日本、第一建設工業・鉄建建設・東鉄工業3社に対し、買集め行為に該当する株式の取得

東日本旅客鉄道株式会社(9020、以下JR東日本)は、第一建設工業株式会社(1799)、鉄建建設株式会社(1815)、東鉄工業株式会社(1835)の株式取得を決定した。本件は、金融商品取引法が規定する「買い集め行為」に該当する。JR東日本は、日本最大手の鉄道会社。首都圏から東日本までの鉄道事業を主軸としている。第一建設工業は、鉄道工事を基盤とした総合建設業を行う会社。東日本エリアで、線路の点検・整

メルディアDC、九州エリアで建設業を行う大祥建設の株式取得、子会社化へ

株式会社三栄建築設計(3228)の連結子会社である株式会社メルディアDC(1739)は、大祥建設株式会社(福岡県福岡市)の発行済の全株式を取得し、子会社とすることを決定した。メルディアDCは、総合建設会社。マンション・ホテル・商業施設などの施工を行う建設請負事業を主として、さまざまな不動産関連事業を展開している。大祥建設は、福岡市内を中心に主に九州エリアにおいてビル・住宅・マンション・店舗から公共

メルディアDC、建売分譲事業等を行う建都住宅販売の株式取得、子会社化へ

株式会社メルディアDC(1739)は、建都住宅販売株式会社(京都市上京区)の発行済全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。メルディアDCは、大阪に本社を持ち、建設工事の設計・施工・監理、マンションおよび戸建住宅の分譲、不動産の売買・賃貸・管理・仲介、商業施設の運営・管理を行っている。戸建分譲事業を成長ドライバーと位置づけている。建都住宅販売は、不動産仲介事業・建売分譲事業・注文住宅事業など

戸田建設、PT Tatamulia Nusantara Indahの株式を追加取得、子会社化へ

戸田建設株式会社(1860)は、持分法適用関連会社であるPTTatamuliaNusantaraIndah(インドネシア、TATA)の株式を既存株主から追加取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は、67.00%となる。なお、TATAの資本金が戸田建設の資本金の100分の10以上に相当するため、TATAは戸田建設の特定子会社に該当することになる。戸田建設は、建設業を行っている。建築・土木

モルゲンロット、鹿島建設と資本業務提携締結

モルゲンロット株式会社(東京都千代田区)は、鹿島建設株式会社(1812)と資本業務提携契約を締結した。モルゲンロットは、再生可能エネルギーを活用した分散型データセンター、クラウドレンダリングサービスの提供などを行っている。先端研究機関との協業による画像解析技術など、ビッグデータのGPU処理技術をもつ。鹿島建設は、総合建設会社。土木事業、建築事業、エンジニアリング事業、開発事業などを行っている。次世

鹿島建設の連結子会社、シンガポールにてオフィスビルの賃貸・管理業を行う企業を子会社化

鹿島建設株式会社(1812)の連結子会社であるカジマ・デベロップメント・PTE・リミテッド(シンガポール、カジマ)は、セントラル・キャヒタル・ホールディングス・PTE・リミテッド(シンガポール、セントラル)の全株式を取得した。本件に伴い、セントラルは鹿島建設の特定子会社となる。鹿島建設は、建設・建築事業のほか、多岐にわたり事業を展開している。連結子会社カジマは、アジアにおける開発事業の統括を行って

清水建設、日本道路の株式を公開買付けにより取得、連結子会社へ

清水建設株式会社(1803)は、日本道路株式会社(1884)の普通株式を公開買付けにより取得、連結子会社化した。清水建設は、総合建設企業。日本道路は、建築事業・土木事業を中核事業に、不動産開発事業、エンジニアリング事業など多岐にわたり事業を展開している。本件により、清水建設はおよびグループは、日本道路グループとさらなる成長・発展を目指す。協業関係構築を通じた施策およびシナジーにおいては以下。協働で

インフロニアHD、公開買付けにより東洋建設の株式取得へ(TOB)

インフロニア・ホールディングス株式会社(5076)は、東洋建設株式会社(1890)の普通株式を公開買付けにより取得することを決定した。インフロニアHDおよびグループは、前田建設工業、前田道路および前田製作所をはじめとする子会社62社および関連会社24社で構成。建築事業、土木事業、舗装事業、機械事業およびインフラ運営事業を主な事業とし、さらにリテール事業から不動産事業まで幅広く展開している。東洋建設

瀧上工業、東京フラッグの全株式取得、子会社化へ

瀧上工業株式会社(5918)は、東京フラッグ株式会社(東京都東江戸川区)の全株式を取得した。瀧上工業は、橋梁・鉄骨、その他鋼構造物の設計から製作・架設まで一貫した施工を行う専業メーカー。東京フラッグは、鋼構造物工事における現場溶接を行う専門会社。各種鋼構造物工事の現場溶接を手掛けている。本件M&Aにより、瀧上工業は、溶接に関する技術を深化させ、グループの主要事業である鋼構造物製造事業のさらなる強化

三井住友建設、機械土木事業を展開するAntara Koh Private Limitedの全株式取得へ

三井住友建設株式会社(1821)は、AntaraKohPrivateLimited(シンガポール、AKPL)の全株式を取得し子会社化することを決定、株式譲渡契約を締結した。取得価額は、約73億円。本件に伴い、AKPLの子会社AntaraKoh(Myanmar)LtdおよびAKMSdn.Bhdは、孫会社となる。三井住友建設は、建設事業および開発事業を展開している。AKPLは、土木工事、海上・水上杭工

伊藤忠商事、西松建設と資本業務提携契約締結

伊藤忠商事株式会社(8001)は、西松建設株式会社(1820)と資本業務提携契約を締結した。伊藤忠商事は、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資などを展開している。西松建設は、建設事業、開発事業、不動産事業など事業を展開している。両社は、共同での不動産開発事業や工事発注・資機材調達等を通じて協業

淺沼組、シンガポールのEvergreen Engineering&Construction Pte.Ltd.の全株式取得、子会社化へ

株式会社淺沼組(1852)は、EvergreenEngineering&ConstructionPte.Ltd.(シンガポール、EECP)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。淺沼組は、建設工事の企画・設計・監理・請負およびコンサルティング業務など事業を展開している。EECPは、増改築工事や設備工事、建物メンテナンス事業を展開している。本件M&Aにより、淺沼組は、ASEAN地域におけるリニ

建築工事・ゼネコン業界を含む建築・土木・工事業界のM&A売却・事業承継案件一覧

建築工事・ゼネコン業界M&A動向

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード