M&Aニュース

成長戦略セミナー

ジェイドグループ、子会社化予定のブランデリを吸収合併へ

更新日:

ジェイドグループ株式会社 (3558) は、2024年1月15日付の取締役会決議において、2023年12月20日付で公表した、2024年2月29日付で株式会社ニッセンより新設分割、同日付でジェイドグループが全株式を取得して子会社化を予定しているブランデリ株式会社(東京都渋谷区)に関し、吸収合併することを決議した。ジェイドグループを存続会社とする吸収合併方式で、ブランデリを解散する予定。

ジェイドグループは、小売業を行う。 ブランデリは、小売業を行う。

ジェイドグループは、2023年12月20日に3社の株式譲渡契約書締結について公表していたが、2024年2月29日に完全子会社化を予定しているブランデリについては、完全子会社化に向けた手続きを実施する中で、同社との業務シナジー効果を最大限に引き出すためにデータベースの統合等が必要であると判断し、その目的を達成するために同社を吸収合併することとした。

・今後の予定 吸収合併契約締結日  2024年2月29日 合併実行日      2024年5月1日

ファッション・生活用品小売業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ロコンドに関連するM&Aニュース

ジェイドグループ、ニッセンの新設分割会社など3社を買収

ジェイドグループ株式会社(3558)は、株式会社FASCINATE(以下「Fascinate」)、株式会社ニッセン(京都府京都市)から新設分割を予定しているブランデリ株式会社(以下「Brandeli」)、TCB株式会社(以下「TCBjeans」)の3社に関して、それぞれ株式譲渡契約書を締結した。ジェイドグループは、靴や衣料品の通販サイトLOCONDO.jpなどECモール事業を運営する。Brande

ロコンドの子会社RBKJ、アディダス ジャパンよりReebokブランドの日本国内事業の一部を譲受へ

株式会社ロコンド(3558)は、連結子会社であるRBKJ株式会社(東京都渋谷区)が、アディダスジャパン株式会社(東京都港区)から、Reebokブランドの日本国内事業の一部を譲り受けることを決定した。譲受価額は、1,138百万円を見込んでいる。譲受事業の内容は、Reebokブランドの日本国内事業の内、EC事業、店舗運営事業(9店舗)および靴卸事業。(アウトレット店舗運営事業、アパレル卸事業、ライセン

ロコンド、伊藤忠と「Reebok」商品取り扱いに関するライセンス契約締結と合弁会社設立へ

株式会社ロコンド(3558)は、伊藤忠商事株式会社(8001、伊藤忠)との間で、「Reebok(リーボック)」ブランド商品取り扱いに関する合弁会社を設立することを前提とした、ライセンス契約を締結した。【合弁会社の概要】・株式保有比率ロコンド66%、伊藤忠34%で設立予定。・現Reebok日本事業を運営しているアディダスジャパン社からReebok国内事業を継承する予定。ロコンドは、靴とファッションの

ロコンド、サッカー専門ECサイト「【SWS】スポーツウェブショッパーズ」を運営するフェアプレイの全株式取得、吸収合併へ

株式会社ロコンド(3558)は、株式会社フェアプレイ(東京都世田谷区、FP社)の全株式を取得することおよび、吸収合併することを決定し、株式譲渡契約および合併契約を締結した。本件は、ロコンドを存続会社とする吸収合併方式でフェアプレイは解散する。また、完全子会社の吸収合併のため、本合併による株式その他の金銭等の割り当てはない。ロコンドは、ECサービス(B2C)、ブランドプラットフォーム(B2B)、自社

ロコンド(3558)、ワールド(3612)が保有するFashionwalkerの全株式取得へ

株式会社ロコンド(3558)は、株式会社ワールド(3612)が保有する株式会社Fashionwalker(東京都港区、ファッションウォーカー)の全株式を取得することに関する基本合意書の締結を決定した。ロコンドは、靴とファッションの通販サイト、「LOCONDO.jp」を軸とする「EC事業」などを展開している。祖業であるECモール事業に関してのノウハウの蓄積も深いことが強みとしている。ワールドは、事業

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年1月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード