M&Aニュース

U-NEXT(9418)とUSEN(4842)、再統合へ

U-NEXT(9418)の連結子会社である株式会社U-NEXT SPC1(東京都渋谷区)は、USEN(4842)の普通株式を金融商品取引法に基づく公開買付け(TOB)により取得することを決定した。

機械器具小売業界のM&A

U-NEXTは、USENとの経営統合に向けた基本合意締結を決定している。

買付価格は1株461円。買付予定数は134,616,160株(所有割合65.33%)で、買付予定数の下限は71,465,300株(所有割合34.68%)、上限は設けていない。応募株券等の数の合計が買付予定数の下限に満たない場合には、応募株券等の全部の買付け等を行わない。

USEN株式は、本公開買付けの結果次第では上場廃止となる可能性がある。USEN取締役会は、本公開買付けに対し、賛同の意見を表明するとともに、株主に対する本公開買付けへの応募の推奨を決定した。

なお、U-NEXT及びU-NEXT SPCは、USENが所有する自己株式及び不応募株式を除く全てのUSEN株式を取得し、同株式を非公開化したうえで、U-NEXTとUSENとの経営統合を実施する一環として、本件TOBを実施する。

そのためU-NEXTは、本TOBにおいてUSEN株式の全て(自己株式および不応募対象株式を除く)を取得できなかった場合には、スクイーズアウト手続きを行う。

その後、U-NEXTとUSENは、子会社管理業務等を除くすべての事業を吸収分割によりそれぞれが新設する法人に承継する。U-NEXTはU-NEXT SPC1とUSENを吸収合併し、U-NEXTは持株会社となる。

U-NEXTは、映画やドラマ等のコンテンツ配信を中心としたコンテンツプラットフォーム事業(CP事業)及びインターネット接続サービスを中心としたコミュニケーションネットワーク事業(CN事業)を営んでいる。平成22年12月に会社分割によりUSENから独立した。U-NEXT SPC1は本件のために設立されたSPC(特別目的会社)。

USENグループは、音楽配信事業、業務用システム事業、ICT事業、集客支援事業等を展開している。

本件により、U-NEXT及びUSENは、MBOを行い持株会社体制に移行することで、事業管理体制の効率化やコスト削減を図る。また、U-NEXTの持つ個人顧客販売網と映像・通信サービスとUSENの持つ法人販売網と音楽配信サービスを融合することで、新規サービスの創出による企業価値の向上を目指す。

●今後のスケジュール
届出当初の買付け等の期間 平成29年2月14日から平成29年3月28日まで
本公開買付けに係る決済開始日  平成29年4月4日
本経営統合に係る最終契約締結日 平成29年6月中旬
本経営統合に係る効力発生日 平成29年12月1日

この記事に関連するタグ

「TOB・合併・吸収分割」に関連するM&Aニュース

ソフトバンク、コンテンツ配信サービスのアニメ放題をU-NEXTに会社分割により承継へ

ソフトバンク株式会社(9434)は、アニメ専門コンテンツ配信サービスであるアニメ放題を株式会社U-NEXT(9418)に、会社分割により承継させることに関する吸収分割契約書の締結を決定した。本件は、ソフトバンクを吸収分割会社とし、U-NEXTを吸収分割承継会社とする吸収分割で行う。U-NEXTは、ソフトバンクに対し、250万円を交付する。ソフトバンクは、移動通信サービスの提供、携帯端末の販売、固定

U-NEXT(9418)、電気通信業のアルテリア・ネットワークスの事業を譲受け

株式会社U-NEXT(9418)は、アルテリア・ネットワークス株式会社(東京都港区)が運営する集合住宅向け固定ブロードバンド回線事業の一部について、譲り受けることを決定した。譲受価額は3,000百万円。U-NEXTは、自社ブランドの固定ブロードバンド回線サービス「U-NEXT光」の提供を行っている。アルテリア・ネットワークスは、電気通信事業、データ通信サービス事業を展開している。U-NEXTは、本

USEN(4842)、キャンシステムと資本業務提携

株式会社USEN(4842)は、キャンシステム株式会社(東京都杉並区)と資本業務提携を行うことを決定した。USENは、第三者割当増資を引受けることにより、所有割合10.0%となる。USENとキャンシステムは、ともに音楽放送事業を事業の主軸として全国において事業の展開をしてきた。両社は、長年培ってきたそれぞれのノウハウ、資源等の持ち寄りにより、業務店向けの新たなサービスの創造、提供を推し進め、近年の

「TOB・合併・吸収分割」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

M&A全般
合併と買収の違いとは?合併のメリット・デメリット、手続きについて解説!

本記事では、企業の合併に関する基本事項を整理し、メリットやデメリット、合併のための必要な手続きなどについてご紹介します。合併とは合併とは、複数の会社が法的に1つの会社になることです。合併はM&Aの手法の一つです。実務的には完全子会社化した後、一定の時間をおいてから合併が行われるケースが多く見られます。合併と買収の違いは?買収とは、他企業を支配する目的で株式などを取得し、議決権の過半数以上を買い取る

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

M&A全般
上場企業オーナー経営者の主要株式の売却について

上場企業オーナー経営者の企業承継のためには、非上場企業とは異なる金融商品取引法(以下、「金商法」という)に基づき、株式公開買付け(TOB)によることが殆ど不可欠である。発行済み株式の3分の1超の株式の売買を伴うケースでは、オーナー経営者が予め特定の買受人(以下、「承継予定者」という)と相対で株式を売却する場合でも、TOBによることが金商法上必要になる。そこで、検討すべき実務上のポイントを、以下に説

<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

M&A全般
<FUTURE特別対談>調剤薬局業界(患者/病院/薬局/地域)の将来を考えた末、 戦略的な経営統合を決断した両経営トップ

現在、在宅の推進や点数誘導をはじめ、調剤薬局を取り巻く環境が大きく変わりつつある。本対談では、メディカルシステムネットワーク(以下「メディシス社」という)とトータル・メディカルサービス(以下「トータルメディ社」という)の先のM&Aについて、田尻稲雄社長と大野繁樹社長の両当事者に、実情と経緯、そしてM&Aの有効性について語ってもらった。(インタビュー:日本M&Aセンター企業戦略部西川大介)新事業展開

調剤薬局業界におけるM&A事例

M&A全般
調剤薬局業界におけるM&A事例

メディカルシステムネットワークとトータル・メディカルサービス両社の概要とM&Aの背景株式会社メディカルシステムネットワーク(以下、「メディシス社」という)は、札幌を本社とする調剤薬局事業を中核とする企業である。1999年創業と比較的若い企業であるが、282店舗を有する業界の準大手で東証一部に上場している。拠点である北海道では109店舗を有し圧倒的なドミナントエリアを形成しているとともに、関東や関西

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2017年2月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728

月別M&Aニュース

注目ニュースワード