M&Aニュース

U-NEXT(9418)とUSEN(4842)、再統合へ

U-NEXT(9418)の連結子会社である株式会社U-NEXT SPC1(東京都渋谷区)は、USEN(4842)の普通株式を金融商品取引法に基づく公開買付け(TOB)により取得することを決定した。

機械器具小売業界のM&A

U-NEXTは、USENとの経営統合に向けた基本合意締結を決定している。

買付価格は1株461円。買付予定数は134,616,160株(所有割合65.33%)で、買付予定数の下限は71,465,300株(所有割合34.68%)、上限は設けていない。応募株券等の数の合計が買付予定数の下限に満たない場合には、応募株券等の全部の買付け等を行わない。

USEN株式は、本公開買付けの結果次第では上場廃止となる可能性がある。USEN取締役会は、本公開買付けに対し、賛同の意見を表明するとともに、株主に対する本公開買付けへの応募の推奨を決定した。

なお、U-NEXT及びU-NEXT SPCは、USENが所有する自己株式及び不応募株式を除く全てのUSEN株式を取得し、同株式を非公開化したうえで、U-NEXTとUSENとの経営統合を実施する一環として、本件TOBを実施する。

そのためU-NEXTは、本TOBにおいてUSEN株式の全て(自己株式および不応募対象株式を除く)を取得できなかった場合には、スクイーズアウト手続きを行う。

その後、U-NEXTとUSENは、子会社管理業務等を除くすべての事業を吸収分割によりそれぞれが新設する法人に承継する。U-NEXTはU-NEXT SPC1とUSENを吸収合併し、U-NEXTは持株会社となる。

U-NEXTは、映画やドラマ等のコンテンツ配信を中心としたコンテンツプラットフォーム事業(CP事業)及びインターネット接続サービスを中心としたコミュニケーションネットワーク事業(CN事業)を営んでいる。平成22年12月に会社分割によりUSENから独立した。U-NEXT SPC1は本件のために設立されたSPC(特別目的会社)。

USENグループは、音楽配信事業、業務用システム事業、ICT事業、集客支援事業等を展開している。

本件により、U-NEXT及びUSENは、MBOを行い持株会社体制に移行することで、事業管理体制の効率化やコスト削減を図る。また、U-NEXTの持つ個人顧客販売網と映像・通信サービスとUSENの持つ法人販売網と音楽配信サービスを融合することで、新規サービスの創出による企業価値の向上を目指す。

●今後のスケジュール
届出当初の買付け等の期間 平成29年2月14日から平成29年3月28日まで
本公開買付けに係る決済開始日  平成29年4月4日
本経営統合に係る最終契約締結日 平成29年6月中旬
本経営統合に係る効力発生日 平成29年12月1日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。