東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

M&A成功事例インタビュー

~後継者問題解決・成長戦略M&A~

新社長を迎えた新体制でさらなる成長を実現 相続税の高さもM&Aで解決

天竜精機株式会社

当社がお手伝いして、2014年にM&Aを実行された天竜精機株式会社の芦部喜一前社長に、M&Aを決意された経緯や心境、現在の様子などをお聞きしました。

M&A成功事例:天竜精機
2014年の株式譲渡契約調印式にて
(左から2番目)天竜精機株式会社 前社長 芦部喜一様
(一番右)新社長 小野賢一 様 
譲渡企業

天竜精機株式会社

  • 長野県駒ケ根市
  • 装置製造 他
  • 売上高:約20億円 ※M&A実行当時
譲受け企業

セレンディップ・コンサルティング株式会社

  • 愛知県名古屋市
  • 経営コンサルティング
  • 売上高:約50億円 ※M&A実行当時

天竜精機株式会社のご紹介と、ご自身の事業承継の経緯をお教えください。

芦部 天竜精機は、長野県駒ケ根市にある、コネクタの組立装置を中心とした産業用設備メーカーです。私の祖父が、1959年に大企業の下請け会社として創業しました。父は祖父から事業を引き継ぎ、機械メーカーとして会社を成長させました。父の背中を見て、会社経営の“厳しさ”を学びましたね。

私は天竜精機には入社せず、トヨタ自動車に入社しました。社会人になってはじめこそ「天竜精機はいつか誰かが継がなくてはいけない」と思っていたものの、トヨタでの仕事が面白くなるにつれ、事業承継については頭の隅に追いやるようになっていきました。

株式の承継―高額な相続税が降りかかった
自分自身への事業承継

芦部 そんな私が天竜精機の社長になったのは、父の死がきっかけです。亡くなった時、父は会長職についており、別の人間が社長をしていました。経営と所有の分離ができていたのですが、事業承継には会社の株式承継が必須ということで、当時の社長や番頭さんに「帰ってきて天竜精機を継いでほしい」と頼まれました。当時の社長はガッツがある方でしたが、さすがに株式の買い取りまでは至らなかったのです。そこで株式の相続税を計算したところ、高額で驚きました。

会社を潰すことはできない、そのためには誰かが株式を相続して社長にならなければならない―その葛藤が私を含む兄弟間でありましたが、結局私が天竜精機を継ぐことになりました。いざ社長になると、トヨタで学んだことを活かして改善できる点があり、組織を超えたチームワークができる空気作りに尽力しましたね。

次の世代への事業承継
―事業承継の主役は“承継する人”

自分から次の世代への事業承継については、どんな検討をされましたか?

芦部 社長として尽力した結果、株式の相続税評価額も上がっていきました。私には4人の娘がいますが、娘たちには私自身が経験したような“高額な相続税を支払い、個人保証を背負う事業承継”はできないと思いました。相続対策として持ち株会社を作ったりしたものの、本質的な解決にはなりませんでした。

今の時代、経営者は“経営能力・資金・意思”の3点が揃っていないとなることができません。優秀で将来を託せる能力のある社員がいたとしても、株式の取得までは至らないため、経営者になることはできません。

株式承継問題を解決するため、上場も検討しました。しかし今の段階で利益を求められる数字優先の経営をしていくことは、天竜精機の目指す姿ではないと思いました。

あらゆる可能性を検討した上で辿り着いたのが、M&Aです。M&Aの検討は日本M&Aセンターのセミナーへの参加がきっかけです。元々知り合いの社長さんがそのときのセミナーで体験談を語られており、M&Aへの親近感が湧きました。話の中で、M&A相手への条件についても触れられたのですが、「相乗効果が見込める」「独立性が維持できる」「雇用が守れる」等の条件に適う相手がいたことも驚きました。M&Aへのマイナスイメージが払拭されましたね。

経営者のためのM&Aセミナー講演の様子
芦部様には2015年10月開催「経営者のためのM&Aセミナー」にて体験談をお話いただきました
「売るのは任せてください」
自分では言えなかった、新社長の心強い言葉

M&Aによるお相手探しと、セレンディップ・コンサルティング株式会社様をお相手に選んだ理由をお聞かせ下さい。

芦部 M&Aの相手先を考えた時、当社はニッチなことをしている大きな会社のため普通の事業会社は買いづらいと思ったので、幅広い相手先提案を希望しました。そんな希望を受けて日本M&Aセンターさんが提案してくれたのが、経営コンサルティング業を営むセレンディップ・コンサルティングさんでした。

実際に面談すると、「日本の中小企業を守りたい」という熱い意気込みの経営者陣で親近感を持ちました。実際には2社の企業が株式取得意向を示してくれたのですが、セレンディップさんは“新社長をおくこと”を提示してくれました。自分には会社拡大への意欲が足りないと思っていたので、新社長をたてることが今後の天竜精機の成長につながると思い、セレンディップさんに決めました。

新社長となる小野さんとも、M&A前にお会いして、じっくり話し合いました。小野さんは日立出身の営業のプロで、私にない販売意欲と営業センスを持っていました。社員にも「良い機械を作ってください、その代わり売ることは自分に任せてください」という言葉を言ってくれます。これは、私には決して言えなかったことです。これまでモノづくり一筋できた社員が多く、営業は苦手分野でしたので、こんなに心強い言葉はないですね。会社がますます発展する未来を感じました。

天竜精機取材の様子
本M&Aは、テレビ東京『ガイアの夜明け』で放映されました。成約前の取材は異例ですが、芦部様の「事業承継の問題点を広く世に訴えたい」という思いから、交渉の場にカメラが入りました。
早い融合が会社の成長につながる

新体制になって1年、会社の現状はいかがですか?

芦部 社員はそれほど動揺もなく、新社長を歓迎するムードを作ってくれました。こちらとしても、居酒屋で語り合うようなオフサイトミーティングの場を設ける等、小野新社長がいち早く融和できるような取り組みを行い受け入れ体制を整えていきました。

明確な利益の数値目標を立て、M&A前とは異なるアプローチでさらなる会社の成長を目指しています。社員は小野新社長とも何でも語れる信頼関係を作っています。

芦部さんの近況はいかがですか?

芦部 新体制がうまく動いているので、会社に顔を出す必要がなくなった分、新たな場への取り組みをいろいろ考えているところです。自分の事業承継の体験を活かして、『事業承継について考える会』を地元の次期経営者たちと行っています。話し合いの場から自分の描く今後の経営に気付くことも多いので、こういった話し合いの場を広げていけたらなと思っています。

 

<日本M&Aセンター仲介担当者より>

日本M&Aセンターでは、M&Aの仲介に当たり譲渡企業担当者・譲受企業担当者・サポートする専門家(会計・法律・税務面)などで構成される3~5名のプロジェクト体制で、お客様のサポートを行っています。ご相談からお相手探し、スキーム構築、最終契約まで、すべての方のメリットをかんがみ、効果創出のための最大公約数を見つけ出す作業を行います。

  • 日本M&Aセンター 金子義典

    企業戦略部 副部長 金子 義典(天竜精機様 担当)

    天竜精機様は、高い技術力とユニークな組織運営を強みとする、地域を代表する企業のひとつです。会社を永続発展させるために、芦部様が早めのタイミングから事業承継の準備をされ、M&Aできうる環境づくりをされてきたことが、本件の成約と会社の成長につながりました。

    企業の文化や良い所を残しつつ、さらにステージアップさせる。そのために「プロ経営者」を招聘するという部分でも、本案件は特徴的でした。地域企業のM&Aにおける新しいカタチだったと思います。テレビ東京『ガイアの夜明け』でも取り上げられ、思い出深い案件となりました。M&Aをてこに、さらに飛躍されるであろうことを確信しています!

  • 日本M&Aセンター 土井太久磨

    事業法人部 土井 太久磨(セレンディップ・コンサルティング様 担当)

    セレンディップ・コンサルティング様は名古屋に本社を置くコンサルティングファームです。特に、「事業戦略策定」「社員教育」「やりがいの創出」「経理の見える化」等に強みを持ちます。

    今回、天竜精機様の特長である設計・製造のノウハウをより活かすために、全世界に販売ネットワークを持つ新社長を招聘し、販売力強化に成功しました。新体制で1年が経過していますが、インタビュー記事の通り、天竜精機様と新社長様が互いの強みを補完することで、会社はさらなる成長を遂げています。このようなマッチングを増やすべく、今後も邁進してまいります。

日本M&Aセンター広報誌「M&A」Vol.42

芦部様のM&A成功インタビューは、日本M&Aセンター広報誌「M&A vol.42」にも掲載されています。

広報誌「M&A」/「NEXT」