東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

M&A成功事例インタビュー

~本業強化・成長拡大のためのM&A~

後継者問題を解決でき、社員も役員も活き活きと働いています

富岡調剤薬局&メディカルシステムネットワーク

2012年4月、当社がお手伝いしてM&Aを実行された2社、伊丹様(富岡調剤薬局)と田中様(メディカルシステムネットワーク)をお迎えし、M&Aを決意された理由や当時の心境などをお聞きしました。

写真:富岡調剤薬局&メディカルシステムネットワーク
株式会社富岡調剤薬局 代表取締役 伊丹孝様(右)、株式会社メディカルシステムネットワーク 常務取締役 田中義寛様(左) ※職称は当時のもの
譲渡企業

株式会社富岡調剤薬局

  • 群馬県富岡市
  • 調剤薬局
  • 売上高:約11億円
  • 従業員数:40名
譲受け企業

株式会社メディカルシステムネットワーク
(東証一部:4350)

  • 北海道札幌市
  • 調剤薬局・医薬品ネットワーク
  • 売上高:約500億円(連結)
  • 従業員数:約1200名(連結)

伊丹様、富岡調剤薬局のご紹介と、M&Aを検討した経緯をお教え下さい

伊丹 富岡調剤薬局は、群馬県の富岡市に5店舗、東京1店舗、沖縄1店舗の合計7店舗の調剤薬局を運営しています。大手調剤チェーンが参入しにくいといわれる群馬県で35年の業歴を誇り、県内でも存在感のある企業へと成長しました。

M&Aを実施した理由は、事業承継問題に直面したことと、調剤業界の将来的な業界環境を考えた結果でした。調剤薬局の経営は「間違いのない薬の調剤」と「労務管理」に尽きます。この2点を追求して、信頼を得ながら成長してきました。しかし私が60歳となり、積極経営を維持するためにも「そろそろ次の世代へ」、と考えるようになりました。会社を承継するにあたり、まず子供たちに相談しました。息子は歯科医師をしており、将来的にも調剤薬局経営をする気はないことを確認しました。娘もすでに嫁いでいます。

一方外部環境として、調剤薬局業界は今後厳しくなるだろうと予想していました。医療費圧縮で薬価差益も薄くなっていきます。そんな中、安定した業績を継続し、人材を確保していくことは地方の調剤薬局7店舗では難しいのでは、と思うようになりました。社員の雇用確保も含めて、今のうちに大手チェーンの傘下に入って経営を安定させる方が得策だという結論に至り、M&Aを決断しました。

田中様、メディカルシステムネットワークのご紹介と富岡調剤薬局様との提携に至った経緯をお教え下さい。

田中 当社は、「なの花薬局」を全国で254店舗(2012年7月2日現在)展開する国内第6位の調剤薬局チェーンです。地域住民の皆様に健康に関する多様なサービスを提供する「地域薬局」を目指しており、薬局サービスの品質向上を図ると共に、積極的な新規出店で薬局店舗網のドミナント化を推進しております。
創業の地である北海道では100店舗を超える薬局網を展開しておりますが、本州・四国・九州での薬局網の拡大と地域医療への貢献が現在の重要課題です。近年は、資本業務提携を通じて、地域調剤薬局の存続と発展に貢献しようという考えを持っています。

当社としても北関東、特に群馬県は新規参入が難しい保守的な地域として、どのような店舗戦略を取っていくか課題でした。そうした時期に、事業承継問題を抱えているという富岡調剤薬局様との提携のお話をいただき、ぜひとも検討したいということになりました。

伊丹様、メディカルシステムネットワーク様を選んだ理由を教えてください

写真:富岡調剤薬局&メディカルシステムネットワーク M&A調印式にて
株式会社サンメディック(メディカルシステムネットワークグループ)取締役 事業部長 薬剤師 錦戸裕幸様(左)富岡調剤薬局 新社長に就任

伊丹 選んだ理由としては、メディカルシステムネットワーク社の企業理念に共感できたからです。地域医療サービスを守るために多くの地方薬局と提携し、互いの経営基盤強化に取り組んでおられます。

提携といっても、地域で経営を続けていくために必要な体制は尊重していただけます。そうした理念の企業のもとへなら、今まで築いてきた薬局をお任せしてもいいと感じたからです。

現状はいかがですか?

伊丹 現在、役員も社員も活き活きと働いており、非常に安心しております。また人材確保の面でもかなり助かっています。瞬間的に薬剤師が足りない、といった場合でも、近隣県のグループ店からすぐに優秀な薬剤師の方々がヘルプに来てくれます。私自身は後々の心配がなくなり、引退するのに肩の荷が下りた思いです。

田中 今回の富岡調剤様とのM&Aは北関東拠点の増加への足がかりとなる第一歩でした。今後は、M&Aや新規出店戦略も交えて、積極的に店舗網を拡大していきたいと考えています。また、同じ理念をもって当社グループで一緒に地域医療を守っていただける地域の薬局オーナーの方々とは今後もさらに提携を進めていきたいと考えています。

こうしたグループ経営を通じて、地域調剤薬局の存続と発展に貢献していく所存です。

写真:富岡調剤薬局&メディカルシステムネットワーク 富岡調剤薬局様の社員向けディスクロージャーセレモニーにて
富岡調剤薬局様の社員向けディスクロージャーセレモニーにて

(担当者から)

日本M&Aセンターでは、M&Aの仲介に当たり譲渡企業担当者・譲受企業担当者・サポートする専門家(会計・法律・税務面)などで構成される3~5名のプロジェクト体制で、お客様のサポートを行っています。ご相談からお相手探し、スキーム構築、最終契約まで、すべての方のメリットをかんがみ、効果創出のための最大公約数を見つけ出す作業を行います。

業界再編/合従連衡の波を勝ち残るM&A

  • 企業戦略部 課長 西川 大介

    業界再編が起こる要因は様々です。今回のケースでは、その背景に医療費の抑制・薬事法の改正・消費税の増税・調剤チェーンの全国展開、オーナーの高齢化および後継者難・薬剤師の採用難等の環境圧力がありました。自社の経営環境と業界での再編・合従連衡の要因を認識し、M&A戦略など今後の取り組みを具体的に検討していくことが、業界で勝ち残るための第一歩となるでしょう。

広報誌「M&A」vol.30
M&A vol.29

このインタビューは日本M&Aセンター広報誌「M&A vol.29」に掲載されています。