M&Aニュース

シャープ(6753)、東芝(6502)のパソコン事業子会社東芝クライアントソリューションを子会社化

シャープ(6753)は、東芝(6502)の100%子会社である東芝クライアントソリューション株式会社(東京都江東区)の株式80.1%を取得し、子会社化することを決定した。
取得価額は4,005百万円。

なお、東芝クライアントソリューションは本件株式譲渡日までに東芝子会社3社を子会社化するとともに、東芝クライアントソリューションが新たに設立する子会社が、東芝子会社である別の3社からパソコン関連事業を承継する。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A

東芝クライアントソリューションは、東芝グループにおいてパソコン事業、モバイルエッジコンピューティング事業、ドライブレコーダー事業を展開している。

本件M&Aにより、シャープは、東芝クライアントソリューションが有する最先端の商品・サービスに自社の先端技術・デバイスを融合するともに、自社のAIoTプラットフォームと連携することにより商品・サービスの付加価値を高め、グローバル市場で競争力のあるAIoTソリューションの提案力を一層強化する。

●今後のスケジュール
株式取得実行日 2018年10月1日

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。