東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

M&A成功事例インタビュー

~後継者問題解決型M&A~

引退後は夫婦で毎月のように海外へ。「好きなことをしている今は心から幸せ」

青森県八戸市 松本伸一・靖子ご夫妻 (北日本計装制御株式会社 創業者)

北日本計装制御の創業者である松本伸一様と奥様の松本靖子様を訪問し、M&A後の現在の状況や当時の様子などをお聞きしました。

M&A成功事例:北日本計装制御
北日本計装制御 創業者 松本伸一様(左)と奥様の靖子様(右) 
譲渡企業

北日本計装株式会社
(M&A実行時 北日本計装制御株式会社)

  • 青森県八戸市
  • 計装エンジニアリング 他
  • 売上高:約9億円
  • 従業員数:30名 ※M&A実行当時
【M&A概要】

北日本計装制御は、工場やプラントで管理が必要とされる、温度・原材料の配合・製品の厚みなどを自動制御するためのプログラムや装置を、オーダーメイドで企画段階から設計・製作・設置・メンテナンスまで一貫して行う計装エンジニアリングサービスを展開。2010年3月に当社がお手伝いして東テク株式会社とのM&Aを実行されました。

妻と海外旅行に行っては、
撮影した写真をギャラリーに展示

M&Aを実行されてから約5年半が経ちましたが、現在の状況について教えてください。

伸一様 今は完全に経営から引退し、リタイア後の生活を夫婦で楽しんでいます。これまでに75回海外旅行にいきましたが、そのほとんどは引退後に夫婦で行きました。今年だけでオーストリア2回、イタリア2回、ナミビア、ニュージーランド、アラスカ、アメリカに行っているのですが、毎月旅行の予定があって、仕事をしているときよりも忙しいくらいですね(笑)。妻から薦められて60歳の頃に写真を始め、カメラをコレクションして旅行のたびに美しい自然風景を撮影しており、自分のギャラリーもつくって写真を展示しています。

M&A後は精神的にとても楽になりました。29歳で創業してからずっと経営者として走り続けてきて、もちろんそれはとても充実した日々でしたが、その日々を経て本当に好きなことをしている今は心から幸せだと感じています。

社員が全国で活躍する場をつくるため、M&Aを実行

経営者の時とは180°違った生活をされていますが、M&Aを決断する際に迷いはなかったのでしょうか。

伸一様 M&Aをすることに対して、迷いはありませんでした。娘2人は経営者のもとに嫁いだため後継者がおらず、年齢的なこと、自分の病気のこと、社員の将来のことを考えると、他に選択肢はありませんでした。もともとは55歳でリタイアしようと思っていたのですが、株の買い取りや連帯保証問題もあって社員には事業承継できないとわかりました。70歳が見えてきた頃メインバンクの青森銀行に相談して、青森銀行が提携する日本M&AセンターにM&Aのお相手探しを依頼することになりました。

成長志向の社員には、この八戸だけでなく日本全国で活躍する場をつくってあげたいと考えていました。そういう意味で、東テクさんは上場していて全国に拠点を持ち、当社のビジネスへの理解もある、これ以上ないお相手です。日本M&Aセンターから紹介された3社の買い手候補企業と面談をしたのですが、東テク創業者の草野会長にお会いしてみると気骨のある立派な経営者で、尊敬の念とともに、この人に会社を任せたいと感じました。

八戸市内の松本様の写真館にて
八戸市内の松本様の写真館にて、 お気に入りの一枚の前で。
奥様はM&Aに大賛成
「良いお相手に出会うのはタイミング」

奥様はM&Aをすることについて、どう思われていましたか?

靖子様 私は大賛成でした。M&Aはタイミングだと思います。良いお相手にめぐりあうのはいつでも可能というわけではありません。私自身、ずっと経理などを手伝ってきましたが、デジタル化についていけない部分も徐々に出てきて、引退を考えるようになっていました。ですから、日本M&Aセンターの森口さんに素晴らしい会社を見つけていただき、東テクさんに会社を大きくしてもらって、本当によかったと感じています。

M&Aをするとき、娘からは、「お母さんはこれまでずっと仕事を頑張ってきたのに、急に環境が変わって大丈夫?」と心配されましたが、夫と一緒に世界中を回り、さまざまな文化の人に出会い、美しい景色をみることができる今の暮らしは心から幸せです。旅行後はお土産を周囲の方々に配り、写真をお見せしたりするのですが、皆さん世界一周している気分になれると喜んでくださるので私もうれしいです。いまの私たちがあるのは周囲の人たちのおかげですから、今後も感謝の気持ちをお伝えしていきたいですね。

旅行にて、奥様とともに
インド タージマハルにて
経営のプレッシャーから解放され視野が広がった

M&Aを振り返って、どのように感じられますか。

伸一様 経営のプレッシャーから解放されたと同時に、勉強になることがたくさんあったということです。それまでは、ひたすら自分の会社の業績や人事など社内のことばかりを考えてきましたが、M&A後、外の世界に触れ世の中の経済の流れを理解し客観的に自分の会社を見たことで、価値観が変わりましたし、自分のこれまでの生き方に誇りを持つことができました。世界中を回ってはじめて、日本の良さを確信することができたのと同じです。長年会社を経営してきたこと、そして無事にM&Aを成功させ会社を存続させられたことは、社会や周囲の人への貢献につながったと誇りに思っています。

残る社員のために、潔く経営から手を引く勇気も必要

松本様のようにハッピーリタイアをするための、成功のポイントはどのような点だと思われますか。

伸一様 M&Aの目的をはっきりさせておくことで、迷いなく正しい決断をすることができます。スムーズな承継のため、良い業績をあげ会社の価値を高めておくことも大切だと思います。自分が育ててきた会社ですから名残惜しい気持ちもありますが、経営からすっと手を引く勇気も必要です。

東テクさんからは、「M&A後は会長になってください」と言っていただきましたが、私は「すぱっと縁を切って新体制で経営した方が良い」と伝えました。最終的には、他社から誤解を招かぬよう1年ほど「相談役」になることを引受けましたが、名刺を持っているとやはり会社のことが気になってしまうものです。あとに残る社員のためにも、どこで手を引くかというのは重要なことだと思います。

安心してバトンタッチできたからこそ、今、趣味に全力投球出来ています。良い相手を見つけ、最後まで丁寧にサポートしてくださった日本M&Aセンターの森口さん、三宅社長にはとても感謝しています。いまの私たちの幸せな生活があるのは、日本M&Aセンターのおかげだと、いつも妻と話しています。二人とも元気なうちに、まだまだ旅行に行く予定です。そのため、毎月届く旅行雑誌を見ながら、次にどこにいくか妻とふたりで話し合っています。

全国には承継に悩まれている経営者の方がまだまだいらっしゃると思いますが、みなさまがみなさまにとってベストな決断をしていただければと思います。

<日本M&Aセンター仲介担当者より>

日本M&Aセンターでは、M&Aの仲介に当たり譲渡企業担当者・譲受企業担当者・サポートする専門家(会計・法律・税務面)などで構成される3~5名のプロジェクト体制で、お客様のサポートを行っています。ご相談からお相手探し、スキーム構築、最終契約まで、すべての方のメリットをかんがみ、効果創出のための最大公約数を見つけ出す作業を行います。

  • 日本M&Aセンター 森口忠之

    情報開発部 課長 森口 忠之

    M&A成約式での松本様のご挨拶で、「青森の企業から全国区の企業に生まれ変わることができました」というお言葉に、経営者としての責任を果たされた思いが詰まっていました。引退後は体調も良くなられ、充実された生活を送っておられるとのことで、大変嬉しく思います。 私も、これからも後継者問題解決や事業存続に貢献していく所存です。

日本M&Aセンター広報誌「NEXT」Vol.2

松本ご夫妻のM&A成功インタビューは、日本M&Aセンター広報誌「NEXT vol.2」にも掲載されています。

広報誌「M&A」/「NEXT」

会社・社員・お客様 みんなを幸せにするM&A 書籍表紙

この事例は日本M&Aセンター社長三宅の著書『会社・社員・お客様 みんなを幸せにするM&A』に掲載されています。