M&Aニュース

ゴム・プラスチック製品製造業界のM&Aニュース一覧

エフピコ(7947)、積水ヒノマルからプラスチック製食品容器の製造・販売を行う成形品事業譲受へ

株式会社エフピコ(7947)は、積水ヒノマル株式会社(熊本県熊本市)から、プラスチック製食品容器の製造・販売を行う成形品事業を譲受することを決定した。エフピコは、ポリスチレンペーパーおよびその他の合成樹脂製簡易食品容器の製造・販売並びに関連包装資材等の販売を行っている。積水ヒノマルは、アグリ事業(肥料・植薬等の販売、ビニールハウスなどを中心とした園芸・産業資材販売や設置事業)、社会インフラ事業(管

朝日印刷(3951)、マレーシアで医薬品市場に強みを持つ印刷会社2社の株式取得、子会社化

朝日印刷(3951)は、Harleigh(Malaysia)Sdn.Bhd.(マレーシア、HL社)およびShin-NipponIndustriesSdn.Bhd.(マレーシア、SN社)の各々の株式65.0%を取得し、子会社化する旨の株式譲渡契約を締結した。株式所有割合はそれぞれに対して65.0%となる。朝日印刷は、医薬品・化粧品包材の製造・販売を行う印刷包材事業及び包装システム販売事業を主な事業と

大石産業(3943)、埼玉の製袋会社・柳沢製袋の株式取得、子会社化

大石産業(3943)は、柳沢製袋株式会社(埼玉県熊谷市)の株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は55.0%となる。大石産業は、産業用包装資材の総合メーカー。柳沢製袋は、関東地区を基盤とする製袋会社。本件M&Aにより、大石産業は、関東地区でのサプライチェーンの拡充を図るとともに、グループシナジーを創出することで、紙袋事業の拡大を図る。●今後のスケジュール株式譲渡実行日2019年5

積水化成品工業(4228)、欧州の独立系自動車部材供給メーカー・Proseatグループの株式75%取得

積水化成品工業(4228)は、子会社のSekisuiPlasticsEuropeGmbH(ドイツ・ミュンヘン)がProseatGmbH&Co.KG(ドイツ・ヘッセン州)をはじめとした8社(以下、Proseatグループ)の発行済株式等をRecticelNV/SA等(ベルギー・ブリュッセル、Recticel)から取得し、実質的にProseatグループの75%を保有することを取締役会で決定し、株式売買契

豊田合成(7282)と日本化薬(4272)、エアバッグ事業などでの協力関係強化のために資本業務提携へ

豊田合成(7282)と日本化薬(4272)は、エアバッグ事業などにおける協力関係の強化に向けて資本提携することに合意した。両社は、10億円を目安に互いの普通株式を保有する。日本化薬は、エアバッグの主要部品であるインフレータやハイブリッド式インフレータ用ガス発生部品、機能性樹脂材料の製造・販売に強みを持つ。豊田合成は、エアバッグや樹脂、ゴム製品の製造・販売に強みを持つ。両社は、従来からインフレーター

ザ・パック(3950)、医薬品パッケージ専門メーカーのカンナル印刷を子会社化

ザ・パック(3950)は、カンナル印刷株式会社(大阪市)の株式の過半数を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は89.6%となる。ザ・パックグループは、総合パッケージメーカーとして紙袋・紙器・化成品・段ボールを主力とする包装関連製品の生産・販売等を展開している。カンナル印刷は、医薬品パッケージの生産・販売を専門に扱う創業70年の企業。本件M&Aにより、ザ・パックは、カンナル印刷が医療関

中央化学(7895)、北京の合成樹脂製食品容器製造・販売子会社を譲渡

三菱商事(8058)傘下の中央化学(7895)は、連結子会社の北京雁栖中央化学有限公司(中国北京市、北京中央化学有限公司)の全出資持分を北京長城偉業投資開発総公司(中国北京市)に譲渡することを決定した。中央化学は、北京中央化学有限公司において、合成樹脂製食品容器及びその関連資材の製造・販売を行ってきた。雁栖経済開発区が推進する地域一帯の再開発に伴い、北京中央化学有限公司の立ち退きを要請されたことを

大石産業(3943)、中国のパルプモウルド包装材製造・販売子会社を譲渡

大石産業(3943)は、連結子会社である大連大石包装有限公司(中国遼寧省)の出資全持分を三葉電機(香港)有限公司(香港)へ譲渡することを決定した。譲渡価額は約133百万円。大連大石包装有限公司は、パルプモウルド包装材の製造・販売を行なっている。本件M&Aにより、大石産業は、海外分野における事業の選択と集中を図る。●今後のスケジュール譲渡実行日平成29年9月中

ダイセル(4202)と豊田合成(7282)、資本業務提携で関係強化

ダイセル(4202)と豊田合成(7282)は、資本提携を行うことで合意した。ダイセルと豊田合成の両社は、同等金額の普通株式を持ち合う予定。取得価格の総額は各々約10億円を目安に取得する。本件M&Aにより、ダイセル及び豊田合成は、安全性に関わる分野と合成樹脂材料における新素材の分野を中心に協力関係の強化を図り、製品力の向上を目指す。具体的にはエアバッグやフューエルキャップ、フューエルチューブ等の開発

ニチアス(5393)、自動車部品製造の日本ラインツを子会社化

ニチアス(5393)は、日本ラインツ株式会社(神奈川県大和市)の自己株式を除く全発行済株式を、三菱マテリアル(5711)100%子会社の三菱電線工業(東京都千代田区)およびReinzDichtungsGmbH(ドイツ)より取得することを決定し、株式譲渡契約を締結した。取得価額は約25億円。日本ラインツは、エンジンまわりのシール材や防熱・遮熱部品、排気系部品などの自動車部品の開発・製造・販売を行って

ポバール興業(4247)、大阪の接着・樹脂加工品メーカー日新製作所の全株式取得

ポバール興業(4247)は、株式会社日新製作所(大阪市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。また、本件と併せて、日新製作所に対して不動産賃貸を行っている株式会社kisも子会社化する。ポバール興業グループは、工業用ベルト、研磨部材などの接着・樹脂加工品のメーカー。日新製作所は、ポンプ・試験機、食品用機械、鍛造用機械など、幅広い用途の産業用機械の設計・製造およびメンテナンスを手掛けている。本

積水化成品工業(4228)、成形加工技術に強みをもつヤマキュウを連結子会社化

積水化成品工業(4228)は、株式会社ヤマキュウ(東京都立川市)の株式を譲受け、連結子会社化した。出資比率は85.5%。積水化成品工業は、発泡プラスチックス素材・商品の販売を行っており、高機能なプラスチック素材・商品の拡販と他素材との複合商品化による事業拡大に取り組んでいる。ヤマキュウは、自動車部品等の製造販売を行っており、高度な成形加工技術と設備を有する。本件により、積水化成品工業は、新たな戦略

昭和HD(5103)グループ、スリランカのマイクロファイナンス事業運営会社の株式取得へ

昭和HD(5103)の子会社であるGroupLeaseHoldingsPTE.LTD.(GLH社)は、スリランカのCommercialCreditandFinancePlc(CCF)の発行済株式29.99%を取得する売買契約を締結し、持分法適用関連会社化する。取得価額は7,314百万円。GLH社は、昭和HD子会社のウェッジホールディングス(2388)子会社であるGroupLeasePCL.(GL)

昭和HD(5103)グループ、ミャンマーのマイクロファイナンス事業運営会社の株式取得へ

昭和ホールディングス(5103)の子会社であるGroupLeaseHoldingsPTE.LTD.(GLH社)は、ミャンマーのBGMICROFINANCEMYANMARCO.,LTD(BGMICROFINANCEMYANMAR)の発行済株式71.9%の取得・子会社化に向けてデューデリジェンスを進める覚書を締結した。GLH社は、昭和HD子会社のウェッジホールディングス(2388)子会社であるGrou

大成ラミック(4994)、東洋製罐グループHD(5901)マレーシア子会社の株式を取得

大成ラミック(4994)は、東洋製罐グループHD(5901)の連結子会社である東洋製罐株式会社が保有するMalaysiaPackagingIndustryBerhad(マレーシアクアラルプール、MPIB)の株式54.95%を取得し子会社化することを決定した。取得価額は約98百万円。東洋製罐グループは、平成18年3月にMPIBを子会社化し、同社をASEAN地域におけるフィルム事業の拠点と位置付け、グ

タイセイ(3359)、福岡の荒物雑貨卸のヒラカワを子会社化

タイセイ(3359)は、株式会社ヒラカワ(福岡市)の全株式を新たに取得し、連結子会社化することを決定した。タイセイグループは、インターネット通販サイト「Cotta(コッタ)」による製菓・製パン用食材および包装資材などの卸売事業を主軸とする。最近では食器・台所用品などの生活雑貨関連の商品群の企画・販売にも注力している。ヒラカワは、60年にわたり家庭用雑貨品・食品の企画・卸売・小売を手掛けてきた。本件

エフピコ(7947)、上田包装企業を連結子会社化

エフピコ(7947)は、株式会社上田包装企業(鳥取県米子市)の全株式を新たに取得し、同社を連結子会社化することを決定した。上田包装企業は、社名を「エフピコ上田株式会社」に変更する予定。上田包装企業は、山陰地方のスーパーや食品加工会社を対象に食品用包装資材の販売を行う地元老舗企業。エフピコは、自社の持つ物流、販売ネットワークを活用するして上田包装企業の事業を展開していくことにより、さらに高付加価値な

三井物産(8031)グループと藤森工業(7917)、インドネシアの医薬品包装材料製造・販売会社PT チャンピオン・インドネシア社を共同で買収

三井物産株式会社(8031)と藤森工業株式会社(7917)は、インドネシア証券取引所上場企業であるPT.ChampionPacificIndonesiaTbk(PTチャンピオン・インドネシア社)を共同で買収することを決定し、株式譲渡契約を締結した。本件にあたり両社は、PTチャンピオン・インドネシア社株式の79.42%を保有するPTKingsfordHoldings(インドネシア)の全株式をCham

ゴム・プラスチック製品製造業界を含む機械・金属・電子部品業界のM&A売却・事業承継案件一覧

ゴム・プラスチック製品製造業界M&A動向

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード