M&Aニュース

空運・海運・港湾物流業界のM&Aニュース一覧

Methanexと商船三井、Methanex100%出資子会社WFSの株式取得による両社間の戦略的パートナーシップ構築に向けた基本合意書締結

MethanexCorporation(カナダ、Methanex)と株式会社商船三井(9104)は、Methanex100%出資子会社WaterfrontShipping(カナダ、WFS)の株式取得による両社間の戦略的パートナーシップ構築に向けた基本合意書を締結した。商船三井が1億4,500万米ドルでWFSの発行済み株式の40%を取得する。商船三井は、鉄鋼原料、石炭、木材チップなどを運ぶ各種専用船

リンコーコーポレーション、完全子会社のホテル大佐渡を佐渡でホテル事業を展開する企業に譲渡へ

株式会社リンコーコーポレーション(9355)は、リンコーコーポレーションの完全子会社である株式会社ホテル大佐渡(新潟県佐渡市)の発行済全株式をサンフロンティア不動産株式会社(新潟県佐渡市)の子会社サンフロンティア佐渡株式会社(新潟県佐渡市)およびサンフロンティアホテルマネジメント株式会社(東京都千代田区)の2社に譲渡する旨の株式譲渡契約を締結することを決定した。リンコーコーポレーションは、港湾運送

川崎汽船、連結子会社をアメリカのインフラ投資ファンドに譲渡

川崎汽船株式会社(9107)の連結子会社であるINTERNATIONALTRANSPORTATIONSERVICE,INC.(アメリカ・カリフォルニア州、ITS社)の保有株式全てを、関係当局の承認を前提として、MacquarieInfrastructureandRealAssets(アメリカ・NY、MIRA)が運営するインフラ投資ファンドに譲渡することを決定した。川崎汽船は、コンテナ船、ドライバル

壱番屋、AGPより完全閉鎖型植物工場野菜の生産販売事業を譲受へ

株式会社壱番屋(7630)は、株式会社エージーピー(9377、AGP)から、工場野菜生産・販売事業を譲受することを決定した。壱番屋は、カレー専門店「カレーハウスCoCo壱番屋」の店舗運営およびフランチャイズ展開、その他の飲食事業などを行っている。AGPは、動力事業、整備・施設事業、セキュリティ事業、フードシステム事業、工場野菜生産販売事業、ビジネスジェット支援事業を行っている。今回、完全閉鎖型植物

栗林商船、函館-青森間のフェリー事業を行う北日本海運の全株式取得へ

栗林商船株式会社(9171)は、北日本海運株式会社(北海道函館市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、2,000百万円。栗林商船は、北海道、仙台、東京および清水、名古屋、大阪に内航大型RORO船を運航する内航定期船事業、顧客ニーズに応え小型船を日本全国に運航する内航不定期船事業を主業としている。また、内航大型RORO船が寄港する各拠点にはグループの港湾荷役会社ならびに協力会社

日本通運株式会社(9062)、米国の倉庫・流通加工、国内輸送事業を展開するMD Logistics, Inc.およびMD Express, Inc.の株式取得,子会社化

日本通運株式会社(9062)は、子会社である米国日本通運株式会社(米国ニューヨーク州)を通じて、MDLogistics,Inc.およびMDExpress,Inc.(米国インディアナ州、併せてMD社)の全ての出資持分を取得し、子会社化することを決定した。日本通運は、自動車輸送、鉄道利用輸送、海上輸送、船舶利用輸送、利用航空輸送、倉庫、旅行、通関、重量品・プラントの輸送・建設、特殊輸送、情報処理・解析

パスコ(9232)、計測事業を行っている連結子会社Aerodata International Surveys BVの全株式を譲渡

株式会社パスコ(9232)は、連結子会社であるAerodataInternationalSurveysBV(ベルギー・アントウェルペン、Aerodata)の全株式を譲渡することを決定した。譲渡先は、非公開。パスコは、航空機のほか、人工衛星、ドローン、専用車両、船舶などに搭載する各種センサー技術による多角的なリモートセンシング技術の利活用領域を拡大、社会の課題解決に資するサービス提供に注力し、利益体

JALUX(2729)、連結子会社であるタイの農産物加工輸出業Taniyama Siam Co., Ltd.の全株式を譲渡

株式会社JALUX(2729)は、連結子会社であるTaniyamaSiamCo.,Ltd.(タイ、バンコク)の同グループが保有する全株式を譲渡することを決定した。JALUXは、航空機部品や機材などの航空関連事業、保険、不動産などの顧客サービス事業、生鮮品や通信販売などの生活関連事業などを展開。空港売店「BLUESKY」の運営も行っている。TaniyamaSiamCo.,Ltd.は、JALUXグルー

日本空港ビルデング(9706)、三菱商事(8058)よりエージーピー(9377)の株式取得、持分法適用関連会社化

日本空港ビルデング(9706)は、エージーピー(9377)の主要株主である三菱商事(8058)から、同社が所有するエージーピーの株式の全てを取得することを決定し、三菱商事との間で株式譲渡契約を締結した。持株比率は26.81%となり、エージーピーは日本空港ビルデングの持分法適用関連会社となる。日本空港ビルデンググループは、羽田空港国内線旅客ターミナルビル等の建設、管理運営を行っている。物品販売業や飲

川崎汽船(9107)、ドイツの重量物船事業関連子会社KHL-Gの全株式を現地投資会社に譲渡

川崎汽船(9107)は、連結子会社である"K"LINEHEAVYLIFT(GERMANY)GmbH(ドイツ・ハンブルク、KHL-G)の全株式をFreiherrvonFeldeggVermögenswerteGmbH(ドイツ・ライプツィヒ、FFV)に譲渡することを決定した。KHL-Gは、重量物船事業の連結子会社であったSALHEAVYLIFTGmbH(SAL)の持株会社として設立された。2017年7

パスコ(9232)、航空機を主体とした撮影・計測事業を行う連結子会社Keystone Aerial Surveys,Inc.の全株式をデータ分析事業を展開しているGeomni,Inc.に譲渡

パスコ(9232)は、連結子会社であるKeystoneAerialSurveys,Inc.(米国ペンシルバニア州、Keystone)の全株式をGeomni,Inc.(米国ユタ州)に譲渡することを決定した。パスコは、航空機のほか、人工衛星、ドローン、専用車両、船舶などに搭載する各種センサー技術による多角的なリモートセンシング技術の利活用領域を拡大、社会の課題解決に資するサービス提供に注力し、利益体質

ANAホールディングス(9202)、フィリピン航空親会社と資本業務提携

ANAホールディングス(9202)は、フィリピン航空の親会社であるPALホールディングスの発行済株式総数の9.5%を約105億円で取得することを決定した。ANAHDグループは、進行中の中期経営計画において、国際線を成長の柱として路線ネットワークを拡充している。フィリピン航空とは、2014年からコードシェアの実施やマイレージの提携、空港業務の相互受委託など様々な連携を図ってきた。本提携により、ANA

JALUX(2729)、フレンチレストラン運営子会社のティエリー・マルクス・ジャパンの保有全株式譲渡

JALUX(2729)は、連結子会社である株式会社ティエリー・マルクス・ジャパン(東京都港区)について、保有する全株式の譲渡契約を締結した。譲渡先は非公開。ティエリー・マルクス・ジャパンは、フレンチレストランの企画・運営を行っている。本件M&Aにより、JALUXは、ティエリー・マルクス・ジャパンのさらなる価値向上を図る。●今後のスケジュール株式譲渡完了日平成31年1月1日

商船三井(9104)100%子会社の商船三井キャリアサポート、人材派遣・紹介事業を会社分割によりパーソルテンプスタッフに承継

商船三井(9104)の100%出資子会社である商船三井キャリアサポート株式会社(東京都港区)は、人材派遣・紹介事業を会社分割によりパーソルホールディングス(2181)傘下のパーソルテンプスタッフ株式会社(東京都渋谷区)に承継することで合意した。商船三井キャリアサポートは、貿易・国際物流業界向けを主とする人材事業に積極的に取り組んできた。本件M&Aにより、商船三井キャリアサポートは、人材派遣・紹介事

日立物流(9086)とエーアイテイー(9381)、資本業務提携

日立物流(9086)は、エーアイテイー(9381)との間で資本業務提携契約を締結した。両社は、エーアイテイーを株式交換完全親会社、日立物流子会社である日新運輸を株式交換完全子会社とする株式交換を行うこととし、エーアイテイーと日新運輸との間で株式交換契約を締結した。日新運輸普通株式1株に対して、エーアイテイー普通株式1.20株が割当て交付される。本株式交換により日立物流は、エーアイテイーの発行済株式

日本通運(9062)、イタリアのファッションロジスティクス会社・Traconf社の全出資持分取得

日本通運(9062)は、子会社である欧州日本通運有限会社を通じて、TraconfS.r.l.(イタリア・ヴェローナ、Traconf社)の全出資持分を取得することについて、Traconfの出資者らと合意し、持分譲渡契約を締結した。取得価額は約190億円。日本通運は、2013年に、イタリア・フィレンツェを拠点に高級ファッションブランドを中心とするアパレル関連のフォワーディング事業を展開するFranco

商船三井(9104)、オランダの船員配乗会社Azalea社を100%出資子会社化

商船三井(9104)は、AzaleaMaritimeB.V.(オランダ、Azalea社)を100%出資子会社とした。これに伴いAzalea社は、社名を「MOLMaritime(Europe)B.V.」に変更した。Azalea社は、オランダの船員配乗会社。欧州地域において欧州人船員の確保、育成の経験とノウハウを長年にわたり培ってきた。本件M&Aにより、商船三井は、商船三井運航のLNG船、タンカーへ質

上組(9364)、メルセデス・ベンツ日本の新車整備関連事業会社を子会社化

上組(9364)は、メルセデス・ベンツ日本株式会社が新設したエムビー・サービス日本株式会社(茨城県日立市)の株式の66.6%を譲り受け、子会社化した。エムビー・サービス日本は、メルセデス・ベンツ日本が「日立新車整備センター」で行っているメルセデス・ベンツ及びスマート車の新車整備及び関連事業を承継した。上組は、2014年より、メルセデス・ベンツ日本の「豊橋新車整備センター」にて同事業を受託していた。

郵船ロジスティクス(9370)、ルーマニアの物流企業Tibbett社を買収

郵船ロジスティクス(9370)は、SCTibbettLogisticsSRL(Tibbett社)を買収する契約を締結した。Tibbett社は、ルーマニア国内における物流会社で売上第8位の規模を持つ。コントラクトロジスティクス事業、欧州域内トラック及び鉄道輸送、鉄道コンテナターミナル運営などを様々な事業を行っている。本件M&Aにより、郵船ロジスティクスは、ルーマニアに本格的に進出し、東欧・黒海エリア

大東港運(9367)、シンガポールの物流会社・Ever Glory Logistics Pte. Ltd.社を海外関連子会社化

大東港運(9367)は、シンガポールのEverGloryLogisticsPte.Ltd.社の発行済株式の譲渡による取得並びに第三者割当増資を通じて202,688株(持分67.56%)取得し、海外関連子会社化した。EverGloryLogisticsPte.Ltd.社は、シンガポール及びミャンマーを拠点に、運送、倉庫及びフレイトフォワーディング事業を展開している。本件M&Aにより、大東港運は、Ev

川崎汽船(9107)、ドイツの重量物貨物輸送子会社SAL Heavy Liftを譲渡

川崎汽船(9107)は、連結子会社であるSALHeavyLiftGmbH(SAL社、ドイツ・ハンブルク)の全出資持分をSALTOHoldingGmbH&Co.KG(ドイツ・ブレーメン)に譲渡することを決定した。SAL社は、重量物貨物輸送を手掛けている。川崎汽船は、2007年にSAL社の出資持分の50%を取得し重量物船事業に参入。2011年には残る50%の出資持分を取得し、完全子会社化したが、業績低

商船三井(9104)マレーシア物流業界のリーディングカンパニーPKTの株式取得

商船三井(9104)は、PKTLogisticsGroupSdn.Bhd.(マレーシアセランゴール州、PKT)への資本参画を決定し、PKT株式の20.9%を取得した。PKTは、フォワーディング、通関、倉庫、陸送、流通加工及び在庫・配送管理を含む総合物流サービスを提供するマレーシア物流業界のリーディングカンパニー。本件により、商船三井グループは、マレーシア国内物流ネットワークの充実はもちろん、傘下の

宇徳(9358)、ジャパンエキスプレスの物流事業譲受けへの交渉開始

宇徳(9358)と株式会社ジャパンエキスプレス(横浜市、JEX)は、JEXの海外引越事業を除く物流事業を宇徳が譲り受ける交渉を開始した。宇徳はJEXの株式を12.95%所有している。宇徳は港湾事業、プラント及び物流事業を核に事業を営んでいる。JEXは、海外引越事業の他、倉庫保管、通関、国際輸送等の物流事業を展開している。宇徳は、厳しくなる物流環境に対応するためにJEXより一部事業を譲り受け、物流事

山九(9065)、株式交換により山九重機工を完全子会社化

山九株式会社(9065)と山九重機工株式会社(神奈川県川崎市)は、山九を株式交換完全親会社とし、山九重機工を株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、両社間で株式交換契約を締結した。山九重機工の普通株式1株に対して、山九の普通株式23.98株を割り当て交付する。山九の持株比率は33.00%から100%となる。山九は物流事業、機工事業、建築・土木工事等を手掛けている。山九重機工は、建設業、

日本通運(9062)、名鉄運輸(9077)と資本業務提携

日本通運株式会社(9062)は、名鉄運輸株式会社(9077)との間で資本業務提携を行い名鉄運輸株式を取得することを決定し、資本業務提携契約及び株式譲渡契約を締結した。所有割合は20.0%となる。尚、本件は名鉄運輸と信州名鉄運輸株式会社(長野県松本市)との株式交換の効力発生を前提としている。日本通運は、国内外における自動車・鉄道・航空機・船舶を利用した総合的な物流企業としてグローバルな展開を行ってい

JALUX(2729)、雑貨輸入販売のグレンフィールド及びグレンチェックの株式を取得

株式会社JALUX(2729)は、グレンフィールド株式会社及びグレンチェック株式会社(ともに東京都大田区)の株式を取得する株式譲渡契約を締結した。グレンフィールド及びグレンチェックは、雑貨・ファッション分野において英国をはじめとする海外からの仕入力と優れた商品企画開発力を有する。JALUXは、この強みをオリジナル商品開発等に活用するなど、通信販売事業を中心としたリテール事業において相応のシナジー効

トレーディア(9365)、出資会社の出資持分を譲渡

トレーディア株式会社(9365)は、出資会社である上海外紅伊勢達国際物流有限公司の出資持分すべて(10.0%)を中国外運華東有限公司(上海市)に譲渡することを決定した。譲渡価格は約1億円程度。トレーディアは、上海外紅伊勢達国際物流有限公司を中国における物流の拠点としていたが、今後の政策、市場を鑑み本件譲渡を行う。●今後のスケジュール持分譲渡契約締結日6月中旬譲渡効力発生日6月下旬

NSユナイテッド海運(9110)、NSユナイテッド内航海運(9180)を株式交換により完全子会社化

NSユナイテッド海運株式会社(9110)及びNSユナイテッド内航海運株式会社(9180)は、NSユナイテッド海運がNSユナイテッド内航海運を完全子会社化するための株式交換を行うことを決定した。NSユナイテッド内航海運の普通株式1株に対して、NSユナイテッド海運の普通株式2.15株を割当て交付する。本株式交換の効力発生日に先立ち、NSユナイテッド内航海運の普通株式は、株式会社東京証券取引所JASDA

第一中央汽船(9132)、事業の一部を商船三井(9104)に譲渡

第一中央汽船株式会社は、東京電力株式会社(9501)向け石炭専用船輸送事業及び、100%子会社であるパナマ法人TDCSHIPPINGS.A.(TDC)の発行する全株式を株式会社商船三井(9104)に対して譲渡することを決定した。譲渡価額は300万円。第一中央汽船は、TDCが所有する石炭専用船3隻をそれぞれTDCから定期傭船し、東京電力との間で石炭の輸送契約を締結しており、本件により流動性資金を確保

ANAホールディングス(9202)、インテグラルと共同でスカイマークの第三者割当増資を引受けへ

ANAホールディングス株式会社(9202)は、民事再生手続下にあるスカイマーク株式会社に対して、インテグラル株式会社(東京都千代田区)と共同して支援を行うことについて基本合意書を締結した。スカイマークは、本再生計画案において、100%減資を実施する旨の規定を定める。本再生計画案の認可決定が確定後、スカイマークは第三者割当増資を行い、インテグラル及びANAHD等がこれを引き受けて出資し、新たな株主と

空運・海運・港湾物流業界を含む物流・運輸・倉庫業界のM&A売却・事業承継案件一覧

空運・海運・港湾物流業界M&A動向

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード