日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

食品業界向け コロナ後に成長する企業とそうでない企業とは

食品業界向け コロナ後に成長する企業とそうでない企業と

対談企画!食品業界の譲渡オーナーをゲストに迎え、実際のM&A戦略について解説します。

開催情報 オンラインセミナー(7/27)


アフターコロナを切り抜ける~大再編時代のM&A戦略を一挙公開

譲渡オーナー:株式会社トップアンドフレーバー 顧問 山内 勝彦 様

譲渡オーナー:株式会社トップアンドフレーバー 顧問 山内 勝彦 様

1957年2月東京都生まれ。早稲田実業高校卒業後、株式会社リコーに入社。雅叙園産業にて取締役統括部長を経た後、35歳のとき横浜家系ラーメンに出会い、東京に出店すれば「必ず売れる」と確信するも、会社に提出した企画書が却下される。
自らラーメン店を起業することを決意し、当時の地位と収入を捨て、雅叙園を辞職。横浜家系ラーメンの元祖「吉村屋」に飛び込み、5年間の修業を積む。40歳、晴れて独立し経堂に1号店を出店。店名は誠心誠意の「誠」、勢い・威勢の「勢」、成功の「成」という3つの理念を込め、「せい家」という名を冠した。

モデレーター:日本M&Aセンター 食品業界支援室 室長 江藤 恭輔

モデレーター:日本M&Aセンター 食品業界支援室 室長 江藤 恭輔

宮崎県生まれ。青山学院大学法学部卒。大手金融機関で約10年間、法人営業に従事した後、2015年日本M&Aセンターに入社。2016年に食品業界専門チームを立ち上げる。

日程

ライブ配信

7月27日(月) 18:00〜19:00

オンラインセミナー参加のためのURLは、事前にメールでご連絡いたします

参加費

参加無料

競合他社様のご参加はお断りする場合がございますので予めご了承ください。

セミナー

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。