東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

一般社団法人 金融財政事情研究会 認定

M&Aシニアエキスパート 養成スクール・試験

認定試験
M&Aシニアエキスパート認定試験
認定講座
M&Aシニアエキスパート養成スクール

上級認定資格である「M&Aシニアエキスパート」資格の認定を受けるには、認定講座である「M&Aシニアエキスパート養成スクール」を修了し、「M&Aシニアエキスパート認定試験」に合格する必要があります。

既に約1,100名の方がM&Aシニアエキスパートとして、全国でご活躍されてます。

M&Aシニアエキスパート養成スクールと認定試験

M&Aの実務に関して、教育講座の運営で定評のある株式会社きんざいと、中小企業分野のM&Aで実績No.1の株式会社日本M&Aセンターが共同で、一般社団法人金融財政事情研究会認定の「M&Aシニアエキスパート養成スクール」を開講します。

一般社団法人金融財政事情研究会は、スクール修了者等を対象に「M&Aシニアエキスパート認定試験」を実施し、試験合格者は「一般社団法人金融財政事情研究会認定M&Aシニアエキスパート」として認証され、名刺等に記載できるようになります!

M&Aシニアエキスパート認定制度の流れ

※「M&Aシニアエキスパート認定試験」を受験するためには、「M&Aシニアエキスパート養成スクール」を修了する必要があります。

「M&Aシニアエキスパート養成スクール」の受講資格

M&Aシニアエキスパート養成スクールの受講資格は、下記のいずれかに該当する方です。

  • 事業承継・M&Aエキスパート認定者(試験合格者)
  • 弁護士・税理士・公認会計士・司法書士
  • 銀行・信用金庫・信用組合・証券会社・生命保険会社において法人営業経験が5年以上あり、現在も在籍中の方
  • 会計事務所で5年以上の実務経験があり、現在も在籍中の方
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士

M&Aシニアエキスパート養成スクールの特色

日本で唯一、事業承継を切り口にM&Aを学べる

累計3,000件以上のM&A支援実績を持つ日本M&Aセンターの成功事例をスクールの題材にふんだんに盛り込み、ナレッジからスキルへと展開する実践的な講義を行います。

M&Aシニアエキスパート養成スクール風景
一般論では終わらない、真の実践的エキスパート養成講座

また、成功事例のみならず失敗事例やトラブル未然防止対策など、書物からでは学ぶことのできない実践スキルを惜しみなく公開します。

M&Aの実務スキルはもちろん、経営戦略や経営課題といった経営の根幹に関わる戦略的な提案ができるようになり、将来の幹部候補となるような人材育成にも役立ちます。

日本で唯一、事業承継を切り口に、M&Aを体系的かつ実践的に学べることが最大の特色です。

M&Aシニアエキスパート養成スクール・認定試験

上期・下期の年間 約2回の開講が予定されています。

【M&Aシニアエキスパート養成スクール・試験 
開催日程】

  養成スクール日程 認定試験日程 申込受付期間 会場
第28回
(東京)

2017年
5月10日(水)
~12日(金)

2017年
5月13日(土)

2017年
3月上旬
受付開始予定

日本M&Aセンター東京本社
第29回
(大阪)

2017年
5月17(水)
~19日(金)

2017年
5月20日(土)

2017年
3月上旬
受付開始予定

日本M&Aセンター大阪支社

講義時間 10:00〜17:30
受講料

129,600円 ※(税込、レジュメ代含む)

※日本M&Aセンター業務提携金融機関、日本M&Aセンター理事会員、ファイナンシャル・プランニング技能士センター正会員の方には会員特別価格がございます。詳しくは事務局までお問合せください。

受講資格
  • 事業承継・M&Aエキスパート認定者(試験合格者)
  • 弁護士・税理士・公認会計士・司法書士
  • 銀行・信用金庫・信用組合・証券会社・生命保険会社において法人営業経験が5年以上あり、現在も在籍中の方
  • 会計事務所で5年以上の実務経験があり、現在も在籍中の方
  • 1級ファイナンシャル・プランニング技能士

※申込受付に際し、受講資格等確認のご連絡を差し上げることがございます

【定員・キャンセルについて】

各回50名。定員になり次第締め切ります。キャンセルの場合は、事前に必ずご連絡ください。受講日に欠席された場合でも受講料を全額お支払いいただくことになりますので、ご注意ください(第20回(WEBコース)の場合は、視聴開始後のキャンセルはできません)。

【カリキュラム】

1日目 M&A実務1
M&A総論
  • 情報開発からクロージングまでの全体のプロセス
  • M&A実務者としての心構え・姿勢
  • 初期相談時のヒアリングポイント、留意点
マネジメントインタビュー
(演習含む)
  • マネジメントインタビューの重要性と留意点
  • インタビューシートの作成実務
  • 顧客との信頼関係を深めるヒアリング方法の実践と留意点
案件化と概要書作成の
ポイント
  • 案件化の意義・重要性と企業概要書の役割
  • わかりやすく魅力的な企業概要書の作り方
  • インフォメーションパッケージを活用した企業概要書作成の実務
2日目 M&A実務2
マッチング
  • マッチング候補先の選定と提案方法
  • 買い手探索と買い手との交渉実務
ケーススタディ
  • M&A成功事例と失敗事例
  • 経営戦略とM&A、シナジーを見極めることの重要性
トラブル防止対策
  • 実務上起こりうるトラブルケースの紹介
  • トラブルを防ぐための注意点
M&Aと法務実務
  • 最終契約書作成、クロージング実務
  • 法務リスクの明確化
  • 調査範囲と方法、対応するときの留意点
3日目 M&A評価、会計・税務
企業評価概論
  • 企業評価手法の説明
  • 中小企業のM&Aに適した評価手法とは
企業評価演習
  • 時価純資産価格、DCF、EBITDA
  • 中小企業の評価で特に注意すべきポイント
M&A会計・税務、
組織再編手法・税制
  • M&Aの主な手法
  • 会社分割と事業譲渡の比較、株式譲渡の税務
  • 組織再編税制

※講義内容等は変更になる場合がございます。

【講師】

講師は日本M&Aセンター所属
常務取締役 大山敬義、執行役員 金融法人部長 鈴木安夫、執行役員 公認会計士 澤村八大、弁護士 横井 伸 等

【運営】

株式会社きんざい・株式会社日本M&Aセンター

【M&Aシニアエキスパート認定試験】

試験時間 10:00〜12:00 【120分】
受験料 10,800円(税込)
受験資格 M&Aシニアエキスパート養成スクール修了者(同スクール全3日間の出席・履修者)
出題形式 四答択一式・記述式等 計50題

お申し込み方法

第28回(東京)・第29回(大阪)の申込書は、平成29年3月上旬の公開を予定しております。

【申込方法】

  • 申込書をダウンロード・印刷し、所定の事項を記載のうえ、事務局宛にFAXにてお申し込みください。
  • 申込書到着後、請求書、受講証をお送りします。開催3日前までに届かない場合、または紛失した場合にはご連絡ください。受講証は当日ご持参ください。
  • 参加料は申込書到着後お送りする請求書に基づき振込期限内にお振り込みください。
  • 領収証がご入用の場合は、別途ご連絡ください。
  • 認定講座(養成スクール)と認定試験の請求を分けて請求書をご希望の場合は、申込書にその旨お書き添えください。
  • 試験結果ならびに認定証はお申込ご担当者宛に送付します。

【お願い】

  • キャンセルの場合は、事前に必ずご連絡ください。
  • 当日は筆記用具・電卓をご持参ください(試験においては筆記用具・電卓のみ持込可)。
  • 受講日に欠席された場合でも受講料を全額お支払い頂くことになりますので、ご注意ください。
  • 資料は当日会場でお渡しします。参加者以外の方にはお頒けいたしません。
  • カリキュラムの構成上、期間途中での受講者の交代は認められませんので、ご了承ください。
  • ICレコーダーなどの記録機器の持込みはご遠慮ください。
  • 駐車場の用意がありませんので、車でのご来場はご遠慮ください。

お問合せ先

M&Aシニアエキスパート養成スクール 事務局

株式会社きんざい 内  〒160-8520 東京都新宿区南元町19

TEL:03-3358-0057(月〜金曜日(祝祭日を除く)9:30〜17:30) FAX:03-3358-1771