東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

ご挨拶

日本M&Aセンターは、全国の有力な公認会計士・税理士の賛同を得て1991年4月に設立されました。

設立以来25年間、私共は以下の事項をミッションとしてまいりました。

  1. 戦後の日本経済を支えてきた中堅・中小企業の経営者の「後継者問題」を解決し、企業を「存続」させる為の友好的M&Aを推進する。
  2. 上場企業・上場予備軍を含む中堅企業に対し、成長戦略を実現させるための新規事業の推進等、より大きな「発展」を目指す経営戦略の立案・実施を支援する。

当社はこのミッションを実現するために、業界最大の200名超のM&A専門コンサルタントを擁するとともに、全国660の地域M&Aセンター、全国約300の地域金融機関(地方銀行の9割、信用金庫の7割)と提携して日本最大級のM&Aネットワークを構築し、年間約300件の成約支援を行っております。

また、商工会議所への登録M&Aアドバイザーとして、あるいは政府の中小企業施策検討に関する委員としてなど、中堅・中小企業のM&A支援のリーディングカンパニーとして公的機関への協力にも努めております。

M&Aは中小企業の資本政策・経営戦略を実行・実現する上での強力な武器です。当社はM&A支援を通じて『中小企業の存続と発展』および『中堅企業・上場企業の更なる発展』を通じて地域経済、ひいては日本経済の活性化に貢献していく所存です。

写真:分林保弘

株式会社日本M&Aセンター 代表取締役会長 分林保弘

分林保弘プロフィール

写真:三宅卓

株式会社日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅卓

三宅卓プロフィール