日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

買い手候補企業がノンネームによる提案を受けて対象の譲渡案件に興味をお持ちになった場合、社名を含めた具体的な情報が記載された情報に基づく検討に入って頂きます。その際に締結して頂くのが秘密保持契約です。

秘密保持契約の締結の必要性

「M&A」は「秘密保持」に始まって「秘密保持」に終わる
「M&A」は「秘密保持」に始まって「秘密保持」に終わる

譲渡企業にとって会社名を明かすということは非常に重要なプロセスであり、他の第三者に知られては存続に関わる問題となりえますので、秘密保持の徹底を必須事項とさせて頂いております。

日本M&Aセンターのポイント

  • 日本M&AセンターではM&Aのプロセスにおいて秘密保持を第一に考えております。「M&Aは秘密保持に始まり、秘密保持に終わる」と考えております。買い手候補企業とは単に秘密保持契約を締結するにとどまらず、買い手候補企業には必要最小限のメンバーに限定してもらう努力もしております。

サービスの流れをもっと詳しく知りたい方は、無料相談へお越しください。

サービス

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。