東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

M&Aの手順2-5 企業概要書(詳細)の検討(買い手候補企業)

譲渡企業と買い手候補企業のM&A手順2-5:企業概要書(詳細)の検討(買い手候補企業) [図を拡大する]
M&Aの手順2-5 企業概要書(詳細)の検討(買い手候補企業)

買い手候補企業が案件検討のために秘密保持契約を締結していただいたら、日本M&Aセンターから『企業概要書』を提供し、詳細な検討をして頂きます。

企業概要書(詳細)とは

譲渡企業に関する詳細データと、買い手候補企業と提携した場合のメリットがまとめられています。

企業概要書記載の具体的内容は、例えば以下の様なものです。

企業概要書イメージ
  • 会社名
  • 会社沿革
  • 事業内容(商品・サービス)
  • 強み・弱み/機会・脅威
  • 組織・組織のキーパーソン
  • 事業のフロー
  • 得意先・仕入先
  • 財務状況
  • 所有資産に関する補足

この企業概要書の情報に基づき買い手候補企業は、今後のさらなる検討を進めるかどうかの判断をします。

日本M&Aセンターの提案する案件の特徴と企業概要書

日本M&Aセンターが提案するM&A案件は、以下の一連の「案件化」というステップを経た譲渡企業の案件情報です。

  • 提携仲介契約の締結
  • 着手金のお支払い
  • インタビューシートの完成
  • 企業評価の実施
  • 企業評価書の完成

このようなプロセスを経ていますので譲渡意思も明確で、かつ検討材料が揃ったものです。

ですから買い手候補企業にとって、M&Aの検討を行うに際して必要な資料が充足しています。 従って、「実は売る気がなかった」「相手に売る気はあっても実態が見えないのでM&Aを本格的に検討できない」ということが日本M&Aセンターの提案案件にはありません。