東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

M&Aの手順2-2 企業概要書(ノンネーム)の検討(買い手候補企業)

譲渡企業と買い手候補企業のM&A手順2-2:企業概要書(ノンネーム)の検討(買い手候補企業) [図を拡大する]
M&Aの手順2-2 企業概要書(詳細)の検討(買い手候補企業)

日本M&Aセンターから買い手候補企業へのM&Aの提案は、各企業様へ譲渡企業を特定できない『ノンネーム資料』によって提案いたします。

ノンネームの検討

ノンネームのご提案イメージ

最初に具体的なM&A譲渡案件の情報を会社名を特定できない状態のノンネームにて提案し、買収の検討の意思を確認いたします。

社長様にご検討いただくことがベストですが、企業規模によっては経営企画担当、あるいはM&A担当部署でご検討いただくことになります。

日本M&Aセンターから、買い手候補企業としてM&A・企業提携のご提案のご連絡が入った際には、譲渡意思の確認がとれた具体的な案件に関しての提案ですので、ぜひ積極的にご対応ください。(このステップでは特に費用は発生しません。)

買収ニーズの日本M&Aセンターへの登録

あらかじめ当社にM&Aニーズをご登録いただくことにより、ご提案の機会が増えますので、積極的に「買収ニーズ」のご登録をご活用ください。

また、当社がノンネームにて提案した結果、自社のM&Aニーズに合致しないということで見送りする場合にも、M&Aニーズの内容をお知らせくださればその内容を当社でストックし、次回以降のご提案に役立てます。