東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

M&Aの手順2-1 企業概要書(ノンネーム)の作成(譲渡企業)

譲渡企業と買い手候補企業のM&A手順2-1:企業概要書(ノンネーム)の作成 [図を拡大する]
M&Aの手順2-1 企業概要書(詳細)の作成(譲渡企業)

譲渡企業を特定されないようにしながら、買い手候補企業にM&Aの関心の有無を幅広く確認するために「ノンネーム」という資料を利用します。

ノンネームとは

ノンネーム資料イメージ

ノンネームは譲渡対象となる会社・事業を特定できないように匿名ベースで、その概要を簡単に要約したものです。

  • 業種
  • 企業規模
  • 収益状況
  • 譲渡理由
  • 特徴

などのポイントを絞って記載します。

ノンネームの役割

ノンネームは買い手候補企業への初期提案で利用されます。

買い手候補企業も、提案された企業に関心が持てるかどうかが納得できなければ、わざわざ「秘密保持契約」を締結することは煩雑です。このため、譲渡企業が特定できないような形で買い手候補企業にM&Aの提案をし、自社にとってM&Aの対象になりそうな企業だと納得してもらった上で、秘密保持契約の締結につなげます。

ノンネームの注意点

ノンネームでは特徴を詳しく書けば譲渡企業が特定される"情報漏洩リスク"が高まり、一方そのリスクを恐れるあまりぼかし過ぎれば、買い手候補企業の関心の有無が適切にはかれないことになり、バランスが大切になってきます。

日本M&Aセンターでは秘密保持に最大限注意を払うとともに、そのバランスにも留意しております。