大手の時代は終わった!!お客様を飽きさせないための飲食店M&A活用法

  • M&A(譲渡・譲受)の戦略的活用により、「人材」、「新たなブランド」と「安定した経営基盤」を相互で獲得
  • M&Aにより、「自社の更なる発展」を実現し、「後継者問題」を解決
  • 実際に株式を譲渡したオーナーの体験談を交えながら、M&Aを疑似体験!

2017年2月14日 開催 大手の時代は終わった!!お客様を飽きさせないための飲食店M&A活用法

【セミナー内容】

講演1M&Aにより、伝統の味と従業員の雇用を守り、円滑な事業承継も実現!

株式会社ショージアンドケー 前社長 小林 昌司 様

講師:株式会社ショージアンドケー 前社長 小林 昌司 様

概要:ショージアンドケー様は、浅草で30年以上、鰻屋を経営している会社です。経営は好調でしたが、自分だけで経営していくことに限界を感じ、従業員に味の承継をしつつ、経営の承継先を検討されました。
当社がマッチングした大手外食企業様は、様々な専門飲食店を経営しており、ショージアンドケー様(鰻屋)と一緒になることで新たな専門業態への事業拡大をすることができ、両社ともに発展できるM&Aとなりました。

講演2飲食業界におけるM&A戦略~飲食店経営「成功のカギ」~

「後継者問題」、「先行き不安」をM&Aで解決した事例を紹介するほか、M&Aを活用した成長戦略を公開します。

日本M&Aセンター 常務取締役 大山 敬義

講師:日本M&Aセンター 常務取締役 大山 敬義

1991年日本M&Aセンターの設立に参画。同社初のM&Aコンサルタントとなる。以来25年にわたり100件以上のM&A案件の成約実績をもつ。実家が営んでいた会社が廃業した経験から、熱意をもって企業のM&A・再生に取り組む。

【日程および会場】

会場 開催日 会場
東京 2月14日(火)
終了しました

日本M&Aセンター 東京本社 24階「セミナールーム」
千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビルディング24階(JR東京駅八重洲北口 徒歩2分)

時間 13:30〜15:45(受付13:00〜)

【参加費】

参加無料

【パンフレット】

大手の時代は終わった!!お客様を飽きさせないための飲食店M&A活用法 パンフレット