著者・監修者一覧

横井伸

横井よこい しん

日本M&Aセンター法務室/法務室長/弁護士

東京大学経済学部卒。旧防衛庁勤務を経て、2006年司法試験合格。2010年に日本M&Aセンターに入社。法務全体の統括責任者として、中堅中小企業のM&Aに関する契約審査、リスク管理、株式譲渡・事業譲渡・会社分割・株式交換などのスキーム構築など、多数の案件に関与している。著書に「事業承継を成功に導く中小企業M&A」(きんざい、2013年、共著)、「買い手の視点からみた中小企業M&AマニュアルQ&A」(中央経済社、2019年、編著)などがある。

関連記事

法務のプロフェッショナルたちが、中小企業M&Aに関する全ナレッジを結集!

コラム
法務のプロフェッショナルたちが、中小企業M&Aに関する全ナレッジを結集!

「株券を紛失してしまった」「実は未払い残業代がある」…会社の規模の大小にかかわらず、M&Aには複雑な手続きが必要です。M&Aの過程では中小企業ならではのトラブルも起きるので、知識がないととまどってしまいます。年間約700件のM&A成約を支援する日本M&Aセンターでは、弁護士・司法書士といった法務のプロフェッショナルたちが7名在籍し、当社所属のコンサルタントに対してきめ細かくスピーディーなサポートを

未払賃金の時効の「援用」とは?

コラム
未払賃金の時効の「援用」とは?

以前のコラムでは、未払賃金を請求する場合、時効期間が労働基準法第115条に定められた2年間を超えた後も認められる場合も考えられるという、時効期間の問題について取り上げました。一方で、時効期間が経過しても債務の履行を拒めない場合があります。今回は、会社側が時効を主張する場合の問題について書こうと思います。Timeismoneyというけれど・・・時効の利益を得るには「援用」が必要一般的に、時効期間が経

中堅・中小企業のM&A法務は株の問題にはじまり株の問題に終わる

コラム
中堅・中小企業のM&A法務は株の問題にはじまり株の問題に終わる

株の問題というのは、まさに中堅・中小企業のM&A法務に特有の問題です。中堅・中小企業のM&A法務は“株の問題にはじまり株の問題に終わる”と言っても過言ではありません。株主の賛成可否が中堅・中小企業の未来を左右する?!株式の分散、反対株主・・・上場企業のM&Aとなると、株そのものについては証券会社などで厳格に管理されていますし、上場審査も経ておりますので、中堅・中小企業に比べればそこまで深刻な問題は

デューデリジェンスとは?種類や行う流れ、注意点までくわしく解説

M&Aを学ぶ
デューデリジェンスとは?種類や行う流れ、注意点までくわしく解説

M&Aを進める中で行われるデューデリジェンスとは、どのような行為を指すのでしょうか。この記事ではデューデリジェンスの概要や種類、流れなどを解説します。そのほか注意する点にも触れており、デューデリジェンスに欠かせない情報が得られるでしょう。******************●M&A・事業承継の無料相談なら、成約実績No1.日本M&Aセンターまで●専門的な会計・税務のご相談なら、税理士法人MAabl