日本M&Aセンターホールディングス

M&A

日本M&Aセンターホールディングス

中小企業のための新しい株式市場 東証TOKYO PRO Market あなたの会社も上場できる

中小企業のための新しい株式市場 東証TOKYO PRO Market あなたの会社も上場できる
  • 日本M&Aセンター TOKYO PRO Market事業部/公認会計士 小田切弓子 著
  • 出版社:プレジデント社
  • 定価:1,650円(税込)
  • 発売日:2021年4月3日
  • ISBN:978-4-8334-5174-1

Amazonで買う

※上記をクリックすると、Amazonのウェブサイトにリンクします。

オーナーシップを維持したまま、上場のメリットを享受しよう―――

「上場に興味はない」「上場は考えていない」中堅・中小企業経営者であっても、会社を成長させることができ、しかもオーナーシップは維持したまま、思いどおりの経営が続けられる。そんな新しい上場のカタチがあるとしたら──?

それを可能にするユニークな株式市場が、東京証券取引所が運営する「TOKYO PRO Market(東京プロマーケット/TPM)」だ。マザーズやJASDAQに比べて上場しやすく、「必要のない資金調達はしなくていい」「外部株主は入れなくていい」のに、上場で得られる信用力やブランド力は変わらない。本書では、そんなTOKYO PRO Marketの魅力と、中堅・中小企業が自社の「成長戦略」を実現させるための具体的な上場の手法を、3社の事例、東証による解説とともに紹介。

中堅・中小のオーナー経営者にとって画期的な内容であるだけでなく、地方の企業にとっては、自社の「成長戦略」と「地方創生」を同時に実現するための一冊でもある。

【著者プロフィール】小田切 弓子(おだぎり ゆみこ)

山梨県甲府市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。公認会計士資格取得後、大手監査法人を経て、会計ファーム系のM&Aアドバイザリー会社に転籍。上場企業・未上場企業の監査や、大小さまざまなM&A案件に携わる。2015年12月、日本M&Aセンター入社。M&A仲介業務に従事した後、2019年7月の同社のJ-Adviser資格取得およびTOKYO PRO Market事業部の開設に参画。現在はTOKYO PRO Marketの認知度向上および活性化のためのセミナーや勉強会の企画運営も行っている。

日本M&Aセンター TOKYO PRO Market事業部

「企業の存続と発展に貢献する」を企業理念とする日本M&Aセンターが、2019年7月のJ-Adviser資格の取得にあわせ、立ち上げた部門。企業の成長と地方創生をテーマに、TOKYO PRO Marketを活用しての1社でも多くの中堅・中小企業の成長と、全国47都道府県から上場企業(スター企業)を輩出することをミッションに、東京証券取引所と連携しながらの上場支援サービスを提供している。

TOKYO PRO Market上場支援サービス

第1章 TOKYO PRO Marketとは

  • 東証に新しく生まれた株式市場
  • 中小企業にも上場のチャンスが生まれた
  • どうすればTPMに上場できるのか
  • 上場を支援する「J-Adviser制度」
  • 上場までのステップ
  • TPMに上場するためのコスト

第2章 なぜ上場をめざすのか

  • 上場が会社の成長を加速させる
  • 上場で得られる三つのメリット
  • マザーズにはないTPM独自のメリット
  • TPM上場に適している会社
  • TPM上場で事業承継の悩みを解消する
  • JASDAQ上場の足がかりに
  • 「スター企業」が地方を元気にする

第3章 <事例1> 北海道の企業として地元を活性化させたい

株式会社一寸房(建築設計業)

第4章 <事例2> 経営理念を追求しながら会社を成長させるために

株式会社エージェント(総合人材サービス業)

第5章 <事例3>TPMで急成長を果たし、2年後にマザーズ上場を達成

株式会社global bridge HOLDINGS(保育所・介護施設の運営、ICTシステムの開発)

第6章 東京証券取引所が描く「TPM」の未来像 インタビュー

東京証券取引所取締役専務執行役員 小沼泰之氏

Amazonで買う

※上記をクリックすると、Amazonのウェブサイトにリンクします。

関連出版物一覧に戻る

グループ概要