2021年最新版 事業承継セミナー ~会社を引き継ぐ3つの方法~

2021年最新版 事業承継セミナー ~会社を引き継ぐ3つの方法~

日本M&Aセンター初のコンサルタントである大山敬義(バトンズ代表取締役)と、大分県最大の調剤薬局ながら事業承継の決断をした永冨茂様(永冨調剤薬局社長)を招いての特別講演

開催情報 オンラインセミナー(6/7)

受講受付終了


日本国内企業の後継者不在率は65%。
2025年までに70歳を超える中小企業経営者の約半数、実に127万人の後継者が決まっておらず、廃業の危機にあります。
経営や雇用を支えてきた多くの企業が、昨今の経済不況とは別の要因によって存続の危機に立たされているのです。
潜在的な後継者不在を抱えている企業の経営者様には、少しでも早くから事業承継について考える機会を持っていただきたいと思っています。

また、跡継ぎがいらっしゃって、世代交代を迎える企業であっても、単純に親から子へ経営を引き継ぐだけなら「飛躍的な成長」を生み出すことは難しい時代です。
親族が事業を継ぐときにも、更なる成長へとつながる打ち手として資本提携を行うケースが増えています。

今回のセミナーでは、第一部に日本M&Aセンター初のコンサルタントとして多くの事業承継をお手伝いしてきて、現在は、国内最大級の成約支援実績を持つ事業承継のプラットフォーム・マッチングサイトBatonz(バトンズ)の代表取締役兼CEOを務める大山敬義を講師に迎え、事業承継における重要なポイントを解説します。

第1部 日本M&Aセンターコンサルタント1号が語る事業承継の方法

講師:株式会社バトンズ 代表取締役社長兼CEO 大山 敬義

講師:株式会社バトンズ 代表取締役社長兼CEO 大山 敬義

日本M&Aセンターの設立に参画し、同社初のM&Aコンサルタントとして100件以上のM&A案件の成約実績がある。後継者難による中小企業のM&Aによる事業承継の仲介、コンサルティング及びグループ内外の企業再編手続きなどを手掛けた。長年の経験にもとづくM&Aに関する知見を活かし、近年では中小企業のハッピーなM&Aの実態を広く伝えるため、普及・著作活動に積極的で、金融機関や商工会議所、会計事務所などでの年間講演数は100回を超える。2018年4月、小規模ビジネス向け専用のM&Aサービスを提供する「アンドビズ株式会社」(現 株式会社バトンズ)を設立、代表取締役に就任。2019年6月、日本M&Aセンター常務取締役を退任し、バトンズの経営に専念。

第2部 年商38億、23店舗大分県最大の調剤薬局のM&A

講師:株式会社永冨調剤薬局 代表取締役社長 永冨 茂 様

講師:株式会社永冨調剤薬局 代表取締役社長 永冨 茂 様

福岡大学薬学部卒。製薬会社勤務を経て、大分赤十字病院に入職。1982年、薬剤師3名で株式会社永冨調剤薬局を設立し、代表取締役社長に就任(現任)。2018年9月期の業績は、売上高3,783百万円、営業利益172百万円、経常利益151百万円、最終利益109百万円、純資産2,736百万円と大分県最大の調剤薬局へと成長。2019年1月に株式会社メディカルシステムネットワークに株式譲渡。

講師:株式会社トータル・メディカルサービス 代表取締役専務 兼 株式会社永冨調剤薬局 専務取締役 永冨 将寛 様

講師:株式会社トータル・メディカルサービス 代表取締役専務 兼 株式会社永冨調剤薬局 専務取締役 永冨 将寛 様

2003年 株式会社永冨調剤薬局入社。 2016年常務取締役の後、2019年 専務取締役に就任(現任)。 2020年 株式会社メディカルシステムネットワーク 薬局事業本部 地域薬局事業部 副部長就任後、2021年4月1日よりトータルメディカルサービス代表取締役専務に就任。

日程および会場

ライブ配信

6月7日(月)15:00~17:00

オンラインセミナー参加のためのURLは、事前にメールでご連絡いたします

参加費

参加無料

競合他社様のご参加はお断りする場合がございますので予めご了承ください。

セミナー

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。