2020/11/30 お知らせ

【日本初】全国対象のサーチファンド形式の投資をスタート 合弁会社 サーチファンド・ジャパン、1号ファンド設立のお知らせ -サーチャー(経営者候補)の募集・選考も本格化-

株式会社日本M&Aセンター(以下、当社、本社:東京都千代田区 / 代表取締役社長:三宅 卓 / URL:https://www.nihon-ma.co.jp/)、日本におけるサーチファンドの第一人者である伊藤公健氏、キャリアインキュベーション株式会社(東京都千代田区)、株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区)の合弁会社である株式会社サーチファンド・ジャパン(東京都千代田区 / 代表取締役:伊藤公健)は、2020年11月30日、サーチファンド形式(※)で企業投資を行う1号ファンド(以下、当1号ファンド)を設立しました。当1号ファンドは、全国を対象としたサーチファンド形式での企業投資ファンドとしては日本初となります。 (※サーチファンド形式とは、サーチャーと呼ばれる経営者候補が自ら投資先企業を発掘・選定し、事業承継型M&Aの実行と経営を主導する仕組み)

設立したファンドの概要

組合名 サーチファンド・ジャパン第1号投資事業有限責任組合
組合組成日 2020年11月30日
無限責任組合員(GP) 株式会社サーチファンド・ジャパン
有限責任組合員(LP) 株式会社サーチファンド・ジャパン株主(※設立当初)
ファンド総額 約10億円
運用期間 10年
投資対象 ・中小企業の事業承継型M&Aを目指す個人に対するサーチ活動資金
・中小企業への投資資金
・一定の歴史と実績のある業界で、事業基盤(製品、顧客、オペレーション、キャッシュフロー等)と強みがある企業
・経営の強化により企業価値の改善や成長が期待される企業

当1号ファンドは、日本では例の少ないサーチファンド形式での投資事業であることを鑑み、投資成果/リターンの追求と同時に、サーチファンド形式の投資プロセスを洗練させることを目的として運用される予定です。この目的を考慮し、当1号ファンドの設立当初の組合員は当社および当社株主に限定し、また比較的小規模でのファンドとして投資活動をスタートします。当1号ファンドからは、一件あたり数億円規模の企業投資を数件行う予定です。

サーチファンド・ジャパン第1号投資事業有限責任組合

足元の活動状況

当1号ファンドの設立に先立ち、当社の特徴であるサーチファンド形式での企業投資を主導するサーチャー候補の募集を開始しました。 サーチャー応募者は100名を超え、順次選考プロセスを進めています。また、現時点で選考を通過した数名のサーチャー候補とは活動開始に向けた研修等の準備も開始し、すでに具体的な投資候補企業の初期的検討まで進めている候補者も出てきています。 当1号ファンドで想定されている企業投資の数は限定されていますが、2号ファンド以降の活動も見据え、またサーチ活動に必要なリードタイムも考慮し、優秀で志のあるサーチャーの募集・選考は引き続き積極的に行っていきます。

株式会社サーチファンド・ジャパン概要

サーチファンド・ジャパンは、日本では初となる全国を対象としたサーチファンドの仕組みで事業承継型M&Aを行う投資会社です。個人が投資家の支援を得て中小企業の事業承継を主導する「サーチファンド」の産業化を推進し、日本におけるサーチファンドのエコシステムを育てることを目的として設立しました。 サーチファンドという新しいアントレプレナーシップのかたちを日本に定着させ、より多くの優秀な人材が中小企業を承継し急成長させることによって、中小企業の事業承継問題の解決や経営人材の育成を促進し、日本企業の競争力を強化することを目指します。

社名 株式会社サーチファンド・ジャパン(Search Fund Japan,Inc.)
事業内容 サーチファンド形式でのM&A投資ファンドの運営
本社 東京都千代田区丸の内一丁目8番2号 鉃鋼ビルディング 24階
設立 2020年10月
資本金 2,000万円(資本準備金含む)

【本件に関するお問合せ】
日本M&Aセンター広報担当 pr@nihon-ma.co.jp
株式会社サーチファンド・ジャパンinfo@searchfund.co.jp

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。