IRニュース

2021/06/15

「FTSE4Good Index Series」及び「FTSE Blossom Japan Index」構成銘柄への新規採用のお知らせ

株式会社日本M&Aセンター(以下、当社、本社:東京都千代田区)/ 代表:三宅 卓 / URL:https://www.nihon-ma.co.jp/)は、ESG (環境・社会・ガバナンス)投資の世界の代表的な指数である「FTSE4Good Index Series」及び、日本企業を対象にしたESG総合型株価指数「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に初選定されましたのでお知らせいたします。

「FTSE4Good Index Series」及び「FTSE Blossom Japan Index」は、ロンドン証券取引所グループの一部門であるFTSE Russell社が提供するESG 投資指数で、ESGに関するさまざまな評価基準を満たした企業銘柄で構成されています。企業の社会的責任や持続可能性を重視する投資家の投資先選択の基準となっており、「FTSE Blossom Japan Index」は世界最大規模の公的年金積立金を管理・運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株式運用を行う際のESG指数にも選定されています。毎年6月と12月に構成銘柄の定期レビューが行われており、今回当社が新規採用されました。

当社は、1991年4月の設立以来30年に亘り、中堅・中小企業のM&A支援業務に特化し、顧客・提携先、そして株主の皆様のご支援を得て、他社の追随を許さない業界No.1企業としての地位を築いてまいりました。今後も多くの皆さまのご期待に沿うべく、企業価値の向上に努めてまいります。

なお、当社は既に「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」に選定されており、今回の選定によりGPIFが国内株式運用で採用している4つのESG指数のうち2つに選定されたことになります。

(参考)日本M&Aセンターのサステナビリティの取り組み

本件に関するお問合せ 日本M&AセンターIR室

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。