日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

2018/04/25 お知らせ

『M&Aエキスパート』有資格者2万名突破

日本M&Aセンターと一般社団法人金融財政事情研究会がともに運営する「M&Aエキスパート認定制度」において、2018年3月に有資格者が2万名を突破しました。

M&Aシニアエキスパート養成スクールの様子

M&Aエキスパート資格保有者が2万名突破

M&Aエキスパート認定制度は、2012年にスタートし、2018年3月末の試験合格者数は20,180名となりました。
実践的かつ信頼性の高い資格制度としてメガバンク・地方銀行・信用金庫の職員の方に100名単位で受験いただくケースも多く、制度開始6年間で合格者数が2万名を突破しました。
3分の2以上の中小企業が後継者不在と言われ、日本経済において中小企業の事業承継対策が重要な課題と位置づけられている中、本制度を今後もより実践的なものとして発展させてまいります。

M&Aエキスパート認定制度とは?

「M&Aエキスパート認定制度」は、一般社団法人金融財政事情研究会と日本M&Aセンターが運営する、事業承継・M&Aの専門家を養成する、M&A総合支援資格制度です。
中小・零細企業の適切・円滑な事業承継・ビジネスマッチングを支援する人材、とりわけ事業承継対策の重要な選択肢の一つであるM&A(合併・買収)に精通した人材の養成を通じて、中小・零細企業の経営の安定・持続的成長、経営者・従業員の生活基盤の安定、ひいては日本経済の持続的発展・成長に資することを目的としています。
「M&Aエキスパート」は、基本的な知識を身につけることが出来る「事業承継・M&Aエキスパート」と、上級認定資格である「事業承継シニアエキスパート」「M&Aシニアエキスパート」から構成されます。オーナー経営者様から事業承継の相談を受ける可能性の高い金融機関や会計事務所などの担当者にとって、非常に役立つ資格です。

<資格別取得者20,180名の内訳>

  • M&Aシニアエキスパート 2,063名
  • 事業承継シニアエキスパート 40名
  • 事業承継・M&Aエキスパート 18,077名

次回の試験予定やお申し込みは下記をご参照ください。

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。