IRニュース

2020/07/20

ブリッジコンサルティンググループ株式会社への出資に関するお知らせ

株式会社日本M&Aセンター(以下、当社、本社:東京都千代田区 / 代表取締役社長:三宅 卓 / URL:https://www.nihon-ma.co.jp/)は、ブリッジコンサルティンググループ株式会社(以下、「ブリッジ」という。本社:東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館5F / 代表取締役社長:宮崎 良一 / URL:https://bridge-group.co.jp/)に対し、出資を行いましたので、下記のとおりお知らせいたします。

本出資の目的

当グループは1991年の創業以来、会計事務所・金融機関・証券会社と連携しながら、事業承継及び企業成長のために、M&Aを通じて企業の存続と発展に貢献して参りました。また、「企業成長にコミットする」というビジョンのもと、近年ではM&A仲介事業の拡大だけでなく、企業成長を多面的に支援するために、メディア、PMIコンサルティング、投資ファンド領域にも新規事業展開しております。さらに、昨年7月には、東京証券取引所が運営するTOKYO PRO Marketの上場審査及び上場維持のための継続的な助言・指導を行う「J-Adviser資格」を取得し、あらゆる方面から企業成長を支援できる体制を整えております。これらの成長支援サービスのさらなる強化を目的として、この度、ブリッジへの出資を決定いたしました。

ブリッジは、国内トップクラスの経営管理支援のプラットフォーマーとして、現在、全国2,000名を超える公認会計士をネットワークしており、IPO支援や内部統制構築支援など、公認会計士による経営支援の領域に於いてトップレベルの品質と実績を誇っています。また、デジタルテクノロジーを駆使したビジネスモデルは、公認会計士業界の働き方改革、フリーランス化へのニーズをとらえたものであり、自らの夢の実現や更なる活躍の場を求める、将来性のある公認会計士の会員登録は日々増加しております。

ブリッジへの出資後は、新サービスの開発及び既存の提携先との連携を通して、成長を志す全ての企業がオーガニック(自助努力)及びレバレッジ(外部資源活用)による専門的支援を「高品質で・いつでも・どこでも」受けられるサービスを全国規模で展開します。

公認会計士による品質担保されたKPI支援や管理会計を駆使した経営管理サービスを通して、年間30,000件発生する廃業を減らすと同時に、企業成長による地方創生及び日本の経済発展に寄与いたします。

本件に関するお問合せ 日本M&Aセンター広報担当

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。