東証一部上場 証券コード 2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

会社を買うことをご検討の方へ

会社譲受け(買収)は成長戦略に有効です。

会社譲受け(買収)のメリット

会社譲受けの考え方のポイントは、「時間をリスク少なく買える」ことです。

会社の譲受けは「必要な顧客、販売拠点、人材、ノウハウなどを一括して取得できる」手段です。この方法は収益がすぐに見込め、ゼロから事業を立ち上げる場合と比較して、時間とリスクがはるかに少なくてすみます。

図 : 会社譲受け(買収)のメリット

また、既存事業と買収事業のシナジー(相乗)効果によって、収益機会の増加やコストカットを通じた成長が実現可能となります。閉塞感の打破にM&Aは有効です。

会社譲受け(買収)を行う目的

M&Aは企業の成長戦略達成のための有効的手段であり、以下の例のような目的で活用されています。

案件事例

日本M&Aセンターがご紹介する案件の特徴

日本M&Aセンターでは、「案件」は「単なる情報」とは峻別すべきものと考えております。
当社でご紹介するのは以下の確認が取れている譲渡希望企業です。

  • オーナー社長の譲渡意思
  • 決算書、確定申告書などに基づく財務内容
  • 会社の業務内容、顧客基盤等

この様な、譲渡意思や企業評価実施後の譲渡希望企業を「案件」としてご紹介させて頂いております。

譲渡案件の特徴

事前のヒアリング

譲受けをご希望される方には、以下の点を確認させて頂いたうえで譲渡希望案件をご紹介させて頂きます。(適宜必要なタイミングで秘密保持契約締結などの手続も取らせて頂きます。)

  • 会社事業内容
  • 代表取締役のプロフィール
  • M&Aの目的ともいうべき経営戦略、経営方針
  • 過去のM&A経験
  • M&A実行にあたってのご希望
    (希望業種・分野、地域、予算、M&Aの対象とする会社の規模、M&Aの方法)

ご注意して頂きたいこと

譲渡希望案件のご紹介にあたり、譲受けをご希望される方には以下の点を特に注意して頂いております。

  • 秘密保持(最も重要です)
  • 相手の心情(今までの経営に対する敬意)
  • 企業は生き物であるということに対する理解(企業を取巻く環境は日々変化しています)