Nihon M&A Center Inc. 詳しくは
こちら

企業の存続と成長を志向するすべての企業経営者さま 新ステージアップ始動。 CORPORATE STAGE UP SERVICE

安定の維持から、成長の持続へ。
企業の在り方はいま、転換期を迎えています。

市場も、ニーズも、そして社会も世界も、刻一刻と
変化している時代の中で、企業もまた、
変革が求められています。
現状維持ではなく、成長とその持続を志向しなければ、
生き抜くことも困難となっているからです。
後継者に引き継ぐ場合も、パートナー企業と組んで
事業の発展を実現する場合も、優秀な人材を確保する場合も、
成長志向のない企業では、何も叶えられません。
日本M&Aセンターは、
企業のいまとこれからに必要な持続可能な成長を、
確かな戦略に基づいて支援する「新・企業ステージアップサービス」の
提供を開始いたしました。

あなたの会社を、ひとつ上の成長企業へ。

日本M&Aセンターは、新たに、TOKYO PRO Marketへの
上場をサポートできる資格を獲得。これにより、企業の成長を
より効果的に
戦略支援することが可能になりました。

日本M&Aセンターは、企業のステージアップの第一歩
=TOKYO PRO Marketへの上場のための審査および、
上場後のモニタリングや助言・指導を行う
プロフェッショナル「J-Adviser」の資格を取得。
あなたの会社を、責任を持ってひとつ上のステージへと導き、
さらに、
レバレッジ戦略によって企業成長を強力に支援します。

「新・企業ステージアップサービス」
提供開始。

実績を見る
  • 現状では
    先が見えない
  • TOKYO PRO Market
    への上場で
    成長基盤を構築
  • 確実な戦略実行で
    成長加速
  • 企業価値が高まり
    将来展望が開ける

TOKYO PRO Marketとは

くわしく読む

「TOKYO PRO Market」は、東京証券取引所が運営する株式市場です。大きな特徴は、この市場で買い付けできる投資家を「プロ投資家」に限定していること。そのため、自由度の高い上場基準・開示制度を実現しています。株主数や利益の額など、上場時に求められる数値基準もないため、たとえば、社長がオーナーシップを維持したままでも、上場が可能です。また、上場準備に要する時間やコストの負担も軽減できます。そして、TOKYO PRO Marketから認定を受けたJ-Adviserによる上場支援・審査・上場後の開示支援など、専門家による手厚いサポートが受けられることも大きな魅力となっています。

TOKYO PRO Market

企業のステージアップのスタートポイントとして活用できるのが
TOKYO PRO Marketです。

とじる

J-Adviser とは

くわしく読む

東京証券取引所が認めた上場のプロフェッショナル。東京証券取引所は一定の資格要件を満たし、資格を認証したJ-Adviserに対して特定業務(上場又は上場廃止に関する基準又は上場適格性要件に適合するかどうかの調査など)を委託します。J-Adviserは担当する上場会社に対して、上場前の上場適格性の調査確認や上場後の適時開示の助言・指導、上場維持要件の適合状況の調査を実施。さらに、上場後も管理業務を一手に担います。

J-Adviser

とじる

ステージアップとは、揺らぐことのない成長の土台を構築すること。

TOKYO PRO Marketへステージアップする、ということは、
会社を成長しやすい状態にすること。
つまり、将来に渡って
揺らぐことのない、しっかりとした成長基盤を築くことになります。
それは大きく分けて3つの価値を担保できるからです。

成長へのビジョン

透明性

上場企業として
審査を受けているため
透明性やガバナンスが
高まる。

信頼性

証券コードが得られることで
信頼性が向上。
社会に広く
認知される。

実現性

J-Adviserによる
戦略支援が得られ、
確実な企業成長が
見込める。

さらに社内的にも、
ステージアップ準備のプロセスにおいて、
企業自体の基盤強化も実現できます。
こうして企業の対外的な信用力と基礎体力が高まれば、
成長のための本格的な戦略実行フェーズへとスムーズに
移行することが可能になります。

  • 経営者自身が成長し、視座を高めることができる。
  • 意思決定のための体制・仕組みの基盤が整備される。
  • 予算策定・管理会計の基盤が整備される。
  • 組織強化・人材育成の基盤が整備される。
  • 準備作業の過程で社内の意識統一が図れる。

企業価値が高まれば、その先の会社の展望も開けてきます。

ステージアップにより成長の土台が構築できると、いよいよ本格的な成長戦略が発動となります。企業としての社会的な信用度も高まっているため、M&Aによる買収戦略や、パートナー戦略など、いわゆる自社以外の外部資源を活用する戦略、すなわち「レバレッジ戦略」が優位に実現可能な状態となり、さらなる成長が、現実のものとなってくるのです。成長戦略の確実な遂行により企業価値が高まれば、優秀な人材の確保や、地域金融機関との連携、あるいは海外販路の拡大、後継者への不安のない承継なども実現でき、また将来的には、東証一部・二部などの一般市場への市場変更なども見据えることが可能になります。

現状では先行きが不安、という企業様に最適のサービスです。

TOKYO PRO Marketの利点は主に3点あります。

  • 安心な市場特定投資家(プロ)に限定されているため
    不穏な株主の流入がなく安心。
  • 支配権の維持社長様が99%以上の株を持った状態でも
    上場できるため支配権の維持が可能。
  • 事業承継対策分散した株式の取りまとめ等、
    事業承継時に効果的。

自助努力では成長が困難であるものの、なんとか成長を遂げたいと考えていらっしゃる経営者のみなさま、企業様にぜひともお勧めしたいのが、この「新・企業ステップアップサービス」です。

たとえば

  • 現時点において、素晴らしい技術やノウハウを持っているのに、
    まだまだ規模が小さいため、成長を加速できないでいる。
  • M&Aを積極的に実施したい、あるいは、
    これからM&Aを積極化して成長したいと考えている。
  • 海外でビジネスを展開するにあたり、国際的な信用が欲しい。
  • 後継者に引き継ぐにあたって、株式の承継を
    スムーズに行いたいと考えている。
日本M&AセンターならTOKYO PRO Market上場後も成長戦略支援が充実しています。 日本M&AセンターならTOKYO PRO Market上場後も成長戦略支援が充実しています。
成長にコミットするレバレッジ戦略のすべてをご提供
  • 買収戦略
  • パートナー戦略
  • ファンド戦略
  • 海外戦略

企業がTOKYO PRO Marketに上場したら任務完了、ではありません。その先からを徹底的に支援できる、
レバレッジ戦略のすべてが揃っていることが、日本M&Aセンターの強みです。
とりわけM&Aによる成長加速に関しては、豊富な実績を保有。
たとえば、質の高い譲渡希望企業は、常時1,000件超。もし1,000件の中にご満足できるものがなければ、
地域金融機関・会計事務所や大手金融機関とのネットワークを通じて、全国の企業にアプローチし、お相手を探します。
さらに、シンガポールを中心にASEANをカバーし、海外の中堅中小企業の案件も保有しているため、海外進出の支援も万全です。
また、上場のイメージを具体化していただくための「東京証券取引所 訪問勉強会(後援:東京証券取引所)」や、
グローバルな情報を得るための「海外M&A検討のための現地視察ツアー」など、独自の特典もご用意。
日本M&Aセンターなら、先の、その先までも見据えた、ひとつ上の成長戦略支援を実現いたします。

レバレッジ戦略とは
他社の経営資源を活用する成長戦略のこと。たとえば、他社の事業を譲り受けることで自社に不足する経営資源を補完する。
大手企業にグループ入りすることで、グループ企業の経営資源を使う、など。

付記:TOKYO PRO Market上場への実務的な手順と注意点

くわしく読む

上場までの手順

上場までの手順

注意点

  • 内部統制や予実管理などの社内体制を整える必要があります。
  • 売上利益などの決算情報は対外公表事項となります。
  • 上場にあたって資金調達を行わないことができます。

とじる

ステージアップ企業実績

くわしく読む

株式会社 シンプレクス・フィナンシャル・ホールディングス

証券コード 7176
上場日 2015年1月27日
事業内容 投資運用・顧問業
所在地 東京都千代田区
上場会社 URL http://www.simplex-f-holdings.com/
TOKYO PRO Market
URL
https://www.jpx.co.jp/equities/products/tpm/issues/index.html

アザース 株式会社

証券コード 9276
上場日 2018年9月19日
事業内容 ラーメンを主力とする飲食店事業
所在地 愛媛県松山市
上場会社 URL https://www.az-earth.com/
TOKYO PRO Market
URL
https://www.jpx.co.jp/equities/products/tpm/issues/index.html

株式会社 global bridge HOLDINGS

証券コード 6557
上場日 2017年10月17日
事業内容 保育事業、介護事業、ICT事業
所在地 東京都墨田区
上場会社 URL https://globalbridge-hd.com/
TOKYO PRO Market
URL
https://www.jpx.co.jp/equities/products/tpm/issues/index.html
おしらせ

東京証券取引所マザーズ市場への上場承認及びTOKYO PRO Marketにおける当社株式の上場廃止に関するお知らせ


2019年11月20日、株式会社global bridge HOLDINGS株式の東京証券取引所マザーズ市場への新規上場が承認されたことに伴い、東京証券取引所TOKYO PRO Market に上場している株式について本上場廃止が決定し、整理銘柄に指定されました。
【今後の予定】
(1)上場承認日(マザーズ市場) 2019年11月20日(水)
(2)整理銘柄指定日(TOKYO PRO Market) 2019年11月20日(水)
(3)上場廃止予定日(TOKYO PRO Market) 2019年12月22日(日)
(4)上場予定日(マザーズ市場) 2019年12月23日(月)

とじる

詳細お問合せはこちらから

お電話でのお問合せ0120-03-4150

お問い合わせ日本M&AセンターTOKYO PRO Market事業部

CORPORATE STAGE UP SERVICE