日本M&AセンターTOP > M&A支援サービス > 医療・介護のM&Aについて > 後継者問題・先行き不安型

後継者問題・先行き不安型

図 : 後継者問題・先行き不安型

【譲渡医療法人の概要】

  • 法人格:医療法人(広域・出資持分あり)
  • 所在地:東日本
  • 代表者:60歳代前半
  • 売上高:約25億円
  • 利益:約3億円(役員報酬含む)
  • 簿価純資産:約35億円
  • 施設:精神病床300床・老健施設(150床)・診療所3ヶ所
  • 金融機関借入:23億円(連帯保証人は理事長・子息)

【譲渡理由】

後継者問題(ご子息は医師で当法人理事だが、これからの医療経営は難しい)

【譲渡方法】

  • 出資持分100%譲渡(譲受側は株式会社)
  • 営利法人は医療法人へ出資は出来るが社員とはなれない。
    ※平成3年1月17日 厚生省健康政策局回答参照
  • 理事長親子は役員報酬を得た上で理事の地位は継続

日本M&Aセンターの医療・介護M&Aに対する取り組み

国内では唯一の『医療・介護M&A』に特化した専任チーム『医療介護支援本部』がサポートします。

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守) お気軽にお問い合わせ下さい。譲受希望の方は登録もできます。 お電話でのお問い合わせ 0120-03-4150

無料相談申込み

このページの先頭へ

M&A支援サービス
M&Aネットワーク
案件情報
セミナー
企業情報
投資家情報
採用情報
業種別M&A動向
M&Aニュース
M&A用語集
PR
サイトマップ