日本M&AセンターTOP > M&A支援サービス > 会社を買うことをご検討の方へ > M&A(譲受け)の流れと当社の支援業務

M&A(譲受け)の流れと当社の支援業務

譲受企業による相談からクロージングに至るまでの流れは、概ね以下のようなものです。

[当社の支援業務内容を全て表示][全て閉じる]

準備フェーズ

1.企業概要書による説明

譲渡希望企業に関する一次資料(匿名/A4版1枚程度)入手

譲渡希望企業に対する興味の有無を表明

  • 具体的なM&A譲渡案件の情報を匿名ベース(会社名を伏せた状態)で提案します。
  • その後、買収の検討の意思を確認します。

2.秘密保持契約の締結

日本M&Aセンターと契約締結

  • 具体的資料に基づく検討に際して当社との間で、秘密保持契約を締結していただきます。

3.具体的資料に基づく検討

譲渡希望企業の概要資料を入手

検討を進めるか否かの決定

  • M&Aの検討に必要な定量的・定性的情報を、実名入りで(ネームクリアーして)提供し、その上で買収の検討の意思継続を確認します。
    (例)主要財務データ、製品・業界情報、取引先情報、強み/弱み、株主構成、M&A形態、その他

4.提携仲介契約の締結

日本M&Aセンターと提携仲介契約を締結していただきます

  • 当社の提携仲介サービスの内容やその対価についてのご了承いただき、契約を締結していただきます。

交渉フェーズ

5.詳細資料による検討

決算書・社内体制・設備等詳細な譲渡企業情報を入手

企業評価等に基づく買収価格の提案を受ける

質疑応答・要求資料の入手

  • 譲渡企業に関する詳細資料を提供し、買収検討企業がM&Aについて検討できるように当社が窓口となり対応します。
  • 譲渡企業のM&Aに対する考え方などのフィードバックも行います。

6.工場見学・トップ会談

トップ同士のお見合・会社訪問・工場案内

  • 譲渡企業と買収検討企業相互の理解がすすめられるように、綿密なシナリオのもとに面談機会を設定します。

7.買収価格等の条件交渉

譲受条件の概要決定

M&A実行の社内意思決定

  • 譲受条件を調整していきます。
    (ポイント)譲渡価額、売り手オーナ−の処遇・引継ぎ、表明と保証、損害賠償、金融機関への保証債務の取扱、従業員の処遇、対外的な開示方法、監査方法 など

契約フェーズ

8.基本合意書の締結

譲渡希望企業と契約の締結

  • 交渉の調整を反映させた、基本合意案を立案し、調整を図ります。
  • 上場企業の場合には適時開示に関しても助言いたします。

9.買収監査

会計・法務等の監査を実施

  • 買収監査がスムースに実施できるように、準備段階から実施段階まで、関係者間の調整行います。

10.最終条件の交渉

価格調整

M&A実行の最終意思決定・買収代金の手当て

ディスクローズ方法の検討

  • 買収監査結果の株価への反映、基本合意でペンディングにしていた事項、その他細目に関して譲渡企業との間で調整をします。
  • 社員・取引先などへのディスクローズシナリオを作成・提案します。

11.最終契約書の締結

譲渡希望企業と契約の締結

  • 交渉の調整を反映させた、最終契約案を立案し、最終調整を行います。
  • 契約の調印式の企画・進行を行います。

12.クロージング/対価の授受

株券/対価、重要物品の受渡し

新代表取締役の選任手続

ディスクローズ

  • 株券及びその対価、重要物品の受渡しの方法、内容に助言し、立ち会います。
  • 役員変更に必要な取締役会・株主総会についての準備を行い、社員へのディスクローズに助言し、立ち会います。

M&Aに関する無料相談受付中(秘密厳守) お気軽にお問い合わせ下さい。譲受希望の方は登録もできます。 お電話でのお問い合わせ 0120-03-4150

無料相談申込み

このページの先頭へ

M&A支援サービス
M&Aネットワーク
案件情報
セミナー
企業情報
投資家情報
採用情報
業種別M&A動向
M&Aニュース
M&A用語集
PR
サイトマップ