東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

よくあるご質問

節税のために役員報酬を高めに設定したり、会社で生命保険料を支払ったりしているため、利益は出ていません。これだと収益性が低い会社とみなされてしまうのですか?

M&Aにおける収益性評は正常収益力をもとに評価します。

今回のM&Aでオーナー様が引退し、その保険が解約される見込みならばその分、収益性は高く評価すべきと考えます。

役員報酬などにも同様の考え方が適用できます。
つまり、オーナー様が引退し、今後役員報酬が圧縮されるならば、収益性を高く評価することができると考えます。

ただし、オーナー様が引退したとしても、その役割を引き受ける新社長が譲受け企業から派遣されてくることが一般的であり、役員報酬がまるまる浮くことはまれです。したがって、オーナー様の役員報酬をすべて正常収益力判断上の利益に加算する考え方は現実的ではありません。