日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

よくあるご質問

会社の株式を譲渡した後も会社の役に立ちたいと考えているのですが、どのような関り方が可能でしょうか。

中堅・中小企業のM&Aの場合は創業社長のアフターサポートが不可欠です。

社長そのものの人脈やノウハウによって会社が成り立っているケースがほとんどだからです。通常は顧問、会長などの名称で企業をバックアップしていただく事になります。

最近では、譲渡後も引き続き社長でがんばっていただくケースもあります。
この場合も連帯保証や担保の差し入れがなくなり、資金繰りや人材に苦労しなくても良くなるので本来の社長業に専念できて、業績を飛躍的に伸ばされる場合が多くあります。

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。