東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

ファンドを活用した「企業成長」事例セミナー

投資ファンドを徹底活用した成長戦略とは何か?成長のための資本提携先は投資ファンドかそれとも事業会社か?ファンドと資本提携した経験者から、決断の背景と提携後の現状を語って頂きます。

ファンドを活用した成長戦略をお考えの方はぜひご参加ください。

2014年7月開催「ファンドを活用した「企業成長」事例セミナー」

【セミナー内容】

トークセッション経営者に聞く!〜ファンドとの資本提携で成長を実現〜

MS&Consulting 並木様
東京海上キャピタル 深沢
  • ファンドとのM&Aを考えたきっかけ
  • なぜ東京海上キャピタルを選んだのか?
  • 東京海上グループとの企業価値向上に向けた連携施策について
    (売上拡大、新規事業、IPO)

東京海上キャピタル株式会社 取締役社長 深沢 英昭

日本長期信用銀行にて、草創期の本邦M&Aアドバイザリー業務に従事。長銀国有化後、日本興業銀行に転職し企業投資情報部、みずほ証券で本邦企業の事業ポートフォリオ再構築を支援。2004年4月東京海上キャピタルに参画し、05年6月より取締役社長。投資先であるMS&Consulting、武州製薬取締役。日本プライベートエクイティ協会副会長。

株式会社MS&Consulting 代表取締役社長 並木 昭憲 様

経営コンサルティング会社日本エル・シー・エーにて、営業職、スタッフ職を経た後、インターネット関連の新規事業を担当。その中で現在の主力事業となるミステリー・ ショッピング・リサーチの事業化に責任者として着手し、成功。2008年同社よりMS&Consultingが分社化・独立する際に代表取締役社長に就任。当事者として3回のM&Aを経験。

講演1事業承継〜成功と失敗の法則〜

東京海上キャピタル 深沢
  • 会社の存続・成長のための事業承継「成功の法則」とは
  • 株主としてのファンドと事業会社の違い
  • 東京海上キャピタルの投資事例・他社との違い

講師:東京海上キャピタル株式会社 取締役社長 深沢 英昭

講演2「経験者が語る」投資ファンドの活用法と留意点

MS&Consulting 並木様
  • MS&C社の会社案内
  • 投資ファンドは何を提供してくれるのか?
  • 売り手から見た投資ファンドの活用法・留意点

講師:株式会社MS&Consulting 代表取締役社長 並木 昭憲 様

講演3M&Aケーススタディ

日本M&Aセンター 幸亀
  • 当社成約事例から読み解く最近のM&A動向
  • アドバイザーから見たファンドと事業会社の違い
  • こんな会社はファンドと組むべき

講師:株式会社日本M&Aセンター 執行役員 幸亀 努

【日程および会場】

会場 開催日 会場
東京
終了しました

日本M&Aセンター 東京本社セミナールーム

千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館4階
(JR東京駅日本橋口 徒歩1分)

時間 13:30〜16:30(受付13:00〜)

【講師プロフィール】

株式会社日本M&Aセンター 執行役員 幸亀 努
日興証券(現SMBC日興証券)にてM&Aアドバイザリー業務に従事。2002年日本M&Aセンター入社。大企業から中小企業まで100件以上のM&A成約に関与。

【参加費】

参加無料

【協力】

東京海上キャピタル

ファンドを活用した「企業成長」事例セミナー お申し込み方法】

当セミナーは終了致しました。
最新のセミナー案内をご覧下さい。

【パンフレット】

ファンドを活用した「企業成長」事例セミナー パンフレット