日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

2018/03/08 新聞 外食日報 第8178号

外食のM&Aを専門家が展望する(上) 外食案件は増えている―日本M&Aセンター江藤氏

業界再編部 食品業界担当 江藤のインタビューが掲載されました。

外食産業におけるM&A市場の現在の状況や、今後の展開について語っています。

江藤は、公表ベースの外食産業のM&A案件は近年横ばいの推移だったが、2017年にきて大きく増加したことを紹介。
大きく増えた理由について、譲受け側の視点として『ポートフォリオ経営の加速』と『ピークタイムの平準化』を挙げています。

『ピークタイムの平準化』については、自身が当社にて仲介したトリドールHDによる『晩杯屋』のアクティブソースの子会社化や、『ずんどう屋』のZUND子会社化を例に挙げて解説しています。

飲食店業界のM&A動向について
業界再編M&Aサイト

日本M&Aセンターでは、企業の存続と発展のためのM&Aの普及のため、メディアの方々の取材依頼に積極的に対応させていただいています。[広報担当係] TEL.03-5220-5454(代)

取材等のご依頼・お問い合わせ

企業情報

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。