日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

2016/11/22 WEB媒体 電通報

「日本型M&A」の真髄とは

株式会社電通ビジネス・クリエーション・センター プロデューサー 奥谷智也氏と、当社執行役員事業法人部長竹内の対談が掲載されました。

記事で竹内は、M&Aを仲介するうえで大切にしていることに「『日本型M&A』の形を意識すること」があるとし、「M&Aは成立すれば良いのではなく、その後のオーナー家や従業員の心まで見ていかなければならない。それが日本型M&Aだ」と述べ、M&A成約後のPMIへの取り組みについて語っています。

また、近年では事業承継だけでなく成長戦略としてM&Aを選択するオーナーが増えていることについても触れ、「経営課題の認識が不足していたり、M&A後のマネジメント体制が整っていないというような理由から、想定していたM&Aの効果が出ない」ケースも少なくはないと紹介し、M&Aの理解を深めてもらうための試みとして「M&Aを活用した成長戦略セミナー」の実施を始めたことを紹介しています。

電通報「「日本型M&A」の真髄とは」
M&Aを活用した成長戦略セミナー

日本M&Aセンターでは、企業の存続と発展のためのM&Aの普及のため、メディアの方々の取材依頼に積極的に対応させていただいています。[広報担当係] TEL.03-5220-5454(代)

取材等のご依頼・お問い合わせ

企業情報

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。