日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

2016/10/25 新聞 静岡新聞 他11紙

中小、生き残りへM&A 後継者不足、3年で倍増

当社仲介案件と、上席執行役員飯野のコメントが掲載されています。

記事では、後継者不足に悩む中小企業が、生き残りの選択肢としてM&Aを行う例が増えているとして、当社がM&Aを仲介した天竜精機株式会社(長野県駒ケ根市)とセレンディップ・コンサルティング株式会社(名古屋市)の事例が紹介されています。

また、その背景には「運用難の地方銀行が株式を買収するファンドへの出資者となり、影響力を増している」ことがあると述べられており、飯野は「社長に社員を据えるケースもあり、社風が変わる心配は少ないと安心する経営者も多い」「時流に乗りM&Aを選択肢に加えるときだ」と語っています。

※類似記事掲載 河北新報、神奈川新聞、静岡新聞、中日新聞、中部経済新聞、京都新聞、中国新聞、山口新聞、四国新聞、愛媛新聞、西日本新聞、大分合同新聞、宮崎日日新聞、南日本新聞、沖縄タイムス、SankeiBiz

M&A成功事例インタビュー「天竜精機株式会社」

日本M&Aセンターでは、企業の存続と発展のためのM&Aの普及のため、メディアの方々の取材依頼に積極的に対応させていただいています。[広報担当係] TEL.03-5220-5454(代)

取材等のご依頼・お問い合わせ

企業情報

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。